おすすめのアユタヤ観光ツアー

アユタヤ観光1日ツアーはガイド付きがおすすめ

私、観光でアユタヤへは4回行ってます。1回目は自力で行ってみようと、ローカルのバスでアユタヤまで行き、そこからトゥクトゥクで中心地まで移動した後に歩きました。2回目はガイドなしのツアーに申し込み、象乗り付きで定番の観光スポットを回りました。そして3.4回目は日本語ガイド付きの象乗り無しのツアーで周りました。
全4回のうち、おすすめは日本語ガイドがついた観光ツアーで、紹介した人達にも評判が良かったです。
本日は、評判の良かったアユタヤ観光ツアーを紹介します。まだ、アユタヤに行ったことないって人には、このツアーがおすすめです。間違っても、私が1回目で挑戦した自力で回るってことだけはヤメた方が良いと思う。アユタヤ観光を選ぶ際の参考にして下さい。

5

ベルトラ(VELTRA)のアユタヤ観光ツアー

ここ2回利用したのがツアー手配会社のベルトラ(VELTRA)。ちなみに、私はこちらの会社の回し者ではありませんのでw
https://www.veltra.com/jp/asia/thailand/bangkok/

こちらの会社以外にもツアー手配会社は沢山ありますが、私は何となくこちらの会社に辿りつきました。全体的に良心的な価格であるのと、3年前にガイドなしで利用した時の印象が良かったのでね。

そして、前回、今回と2回連続で利用したのが「アユタヤ遺跡+バンパイン宮殿 1日観光ツアー<ホテル送迎/ホテル内ビュッフェランチ>1550バーツ」。日本語ガイド付きでアユタヤでのランチビュッフェがあるツアー。

ツアーで回るアユタヤの観光地は同じですが、その時によって順番が若干違ってました。私が思うに、ランチビュッフェの混雑状況や運転手の都合によって変わるのかなと。本日紹介するのは、2018年3月に回った際の順番で紹介します。

それと、私独自の視点で「おさえておいた方が良いポイント」も紹介します。せっかくなら、楽しいアユタヤ観光にして欲しいのでね。

2018年3月アユタヤ観光

このツアーはミニバンで回りました。基本はホテルでピックアップしてくれるのですが、車が入りづらいところは近くのピックアップできるホテルになります。

私たちが宿泊してたのはピックアップできないホテル(ナントラシーロム)だったので、ピックアップしてくれるホテルまで歩いて行きました。徒歩5分くらい。

今回は私たちが5名、他2組が2名ずつの合計9名でした。ちなみに前回2017年12月は私たち4名、他1組3名の合計7名でした。もちろん、全員が日本人でした。

全員揃ってミニバンに乗り込んで、タイ人ガイドさんが挨拶をしてアユタヤに向かいます。約1時間30分くらいですね。ちなみに、集合時間に遅れたら置いてかれるので注意して下さい。前回の時に私以外が遅刻をして、ガイドさんに待ってもらうようお願いした時はめっちゃイラついてました。その時はごめんさい。

バンパイン宮殿

最初に観光するのはバンパイン宮殿。3回のツアーいづれもここから始まりました。細かい説明はガイドブックとか見てください。私からのおさえるポイントだけお伝えします。

1

ここの服装チャックが厳しい。肌の露出が多い服とかサンダル、クラッシュジーンズもダメなので注意して下さい。前回は私の友人、今回は他の組の男性がクラッシュジーンズで引っかかりタイパンツを買ってました。

【おさえポイント】
中央の塔。ここは登ってみることをおすすめします。まぁまぁ高くて気持ち良いです。

日本人街跡

ここは車に乗ったまま通り過ぎます(ゆっくり)。

2

ただ通り過ぎるだけなので観光ツアーの1箇所に入れなくても良いんじゃない?と思ったり。ただ、私たちの仲間で歴史が好きな一人だけ大盛り上がりしてましたけどね。

【おさえポイント】
なし。2回とも進行方向左側に日本人街があったので、写真撮りたい人は左側に座ってると良いかも(多分)。

ロティサイマイのお店

アユタヤ名物のお菓子(ロティサイマイ)を作るお店へ。

「ロティ」じゃなく「ロティサイマイ」が美味しかった件

3

今回と前回とは違うお店で、ブログで紹介してるのは前回のお店。今回のガイドさんは自腹で買ってくれて皆に食べさせてくれました(前回は食べさせてくれませんでした)。でも、誰も買わなかった。。少し可哀想だったな。

【おさえポイント】
ホテルに帰って食べるようにロティサイマイは買って良いと思う。数十バーツの割には意外と美味しいしボリュームあります。

ランチビュッフェ

ドライバーの都合か会社の都合か分かりませんが、11:30の少し早めのランチになりました。これだけ早いと私たちが一番乗りでした。ちなみに前回は食事の前に他2ヶ所回った後でした。ツアー3回ともここで食べました。

4

クッティアオやソムタムはその場で作ってくれます。グリーンカレーやレッドカレーなど種類もたくさんあって楽しめると思う、、けど味は普通かな。可もなく不可もなくって感じ。

【おさえポイント】
ここで絶対に食べておいた方がよいもの、、ない。でも、いろんな種類があるので、少しずつ食べて多種類を楽しむのが良いと思う。

ワット・ヤイチャイモンコン

個人的には一番好きかな。高さ72mの仏塔は見ごたえあるし、登って周りの景色をみるのも気持ちが良い。

5

前回の時におみくじをやってみたが、結果をもらう場所が遠くて面倒だったw。ここはゆっくり回りたいところですね。

【おさえポイント】
インスタ映えするところが多いので、いろいろ写真をとるのも良いと思う。仏塔には登ることをおすすめしたい。途中で左右に登れるところからの景色が気持ち良いです。

ワット・マハタート

アユタヤといったら木の根にある仏像を想像する人も多いのでは。実際にみると、、「しょぼ」って思う人もいるんじゃないかな。私はその一人でした。

6

これよりも、私は後ろにある首なし仏像の方が気になりました。

7

この説明が、今回と前回のガイドさんによって違ってたのも面白かった。私は前回のガイドさんが説明してくれた、ビルマ軍から取られないように首だけ切って木の根元に植えたという説を信じたいと思いますw

【おさえポイント】
ここでアユタヤに来たって証拠写真を取りましょう。ぐるっと回ると壊れかけたり傾いている仏塔があるので、そちらも写真におさめるのもおすすめ。

ワット・プラシーサンペット

歴代3人の王が眠るタイで最も重要な王宮建物。

10

でも、この辺まで来ると似たようなものばかり(私にはそう見えてしまう)見てきたので、写真が少なくなってきてる。建物、歴史にさほど興味ない人には疲れがどっと出る頃。

【おさえポイント】
事前に仏塔の様式などを調べとくと楽しめるんじゃないかな。暑さの中での観光の後半は疲れが出てくるので、暑さ対策は万全に。

象乗り

今回は希望あるかないか聞かれずに立ち寄りました。ちなみに、前回は希望を聞かれた際に、全員が要らないってことで立ち寄りませんでした。

11

私は象乗りは2回ほど経験したことがあります。アユタヤでは3年前にこの象乗り場で短いコースを乗りました。

【おさえポイント】
何事も経験!一度は乗ってみて下さい。私は1度目は「臭い」と思いましたが、ここで乗った2度目は「高くて気持ち良い」と思いました。

ワット・ロカヤスタ

めっちゃ大きな釈迦仏像が寝そべってます。1956年に復元されたそうな。

9

1回目、自力でこれた唯一の観光地がここでした。なので、ここには4回来てますw

ここで観るのは、この仏像だけ。お祈りをする花などが売られて、それを購入してお祈りをしたことがありますが、ここじゃなくても良いかな。ちなみに、花を売っているおばちゃんを撮影したらチップよこせって煩かった覚えがある。

【おさえポイント】
単体の写真だと大きさが分からないので、人を入れて撮影した方が良いかな。3回のツアーともアユタヤ観光最後はここでした。

アユタヤは1日観光が良いんじゃない

アユタヤを3回ツアーで回れば、お腹いっぱいになりました。もう、私はアユタヤをツアーで回ることはないでしょう。このツアー以外にいくつかコースがあるけど、せっかくだから1日使って回るコースがおすすめかな。

そして、歴史を知りながら回った方が楽しめると思うので、日本語ガイドもつけた方が良いと思う。ただし、ガイドによって説明が違うので、話半分で聞きながらが良いでしょうね。

今までに20人近くの友人らと一緒に回りましたが、一番楽しそうに騒いでたのが歴史に詳しい人でした。アユタヤを回る前に、少し歴史を勉強しておくと倍楽しめるかもしれませんね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
無謀にもアユタヤ1回目は歩いて回ろうとした。結果、ワット・ロカヤスタだけ観て疲れて帰ってきたのを覚えている。それでも、変な吊り橋渡ったり楽しい旅だったな。

アユタヤ観光には帽子は持っていった方が良いと思う。それと、日焼け止めも必ず塗ってくださいね。これ、スポーツ用の涼しくなる帽子らしい。ちょっと欲しいかも。

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページにて告知します。
「いいね!」お願いします。
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/thaiuni7/


参加中☆ポチっとお願いします。

 

 

おすすめのアユタヤ観光ツアー” への1件のコメント

  1. ピンバック: 12/1~12/6タイを案内してきました♪バンコク2泊、パタヤ2泊 | タイフリークブログ by thai-uni

コメントは受け付けていません。