バンコクのタイマッサージ in URBAN RETREAT(アーバンリトリート)

昨日はバンコクタイ古式マッサージの定番である、スリウォンのキングスボディハウスのマッサージ体験レポートでした。多くの日本人がこのスリウォンのマッサージ街に行ったことあると思いますが、キングスボディか有馬温泉が定番といえると思います。行ったことない方は、どちらかのお店でマッサージを受けてみることをおすすめします。
さて、本日は弾丸タイ旅行で行った3店のタイマッサージの中で、一番良かったお店をご紹介します。このクラスを日本で受けると思ったら、日本国内で探すのに苦労するレベル。ただし、私が行ったことあるバンコクにあるタイマッサージの中では真ん中からちょっと上くらいの順位かな。レベルの高いバンコクにあるタイ古式店の中では、手頃に楽しめるタイマッサージ店「URBAN RETREAT(アーバンリトリート」の体験レポートをどうぞ。

DSCF4359

バンコクのアーバンリトリート

立地はBTSアソーク駅と地下鉄スクンビット駅からすぐにあります。アソーク駅を利用した方なら何度か外観は見たことがあるんじゃないでしょうか。ターミナル21と反対側に降りるところからも見える、ほんと駅の目の前。前々から気にはなってたのですが、今回初めて行ってみました。

DSCF4358

アーバンリトリートの料金

お店前の看板に料金が表示されています。

タイ古式マッサージ60分500バーツ、120分1000バーツ
フットマッサージ60分500バーツ、120分1000バーツ
スィートアーモンドオイルマッサージ60分850バーツ、120分1700バーツ
スウェディッシュマッサージ60分1000バーツ、120分2000バーツ
など。
他にブラジリアンワックスやアイブラウンなどのエステメニューもあるので、ターゲットはおしゃれな女性とかになるのかな。料金もスリウォンのキングスボディがタイ古式マッサージ60分330バーツだったので、他の街中マッサージ店とかに比べると少し割高の料金設定です。

DSCF4360

看板を確認した後に、お店に入り受付へ。最初に予約があるか?と聞かれました。
「もしかして人気店?」と思いつつも、予約していないことを伝えたところ、コースを聞かれたのでオイルマッサージ2人と伝えました。
受付さんが予約状況をみて言ってきたのが、「2人同時のオイルだと1時間後になり、1人だとすぐにできる。オイル1人タイ古式1人ならすぐに受けることができる」とのこと。マッサージ師のツレと相談して、ツレがオイル、私がタイ古式にすることにしました。
その日には別に予定があったので、120分受けたいところを90分にして欲しいと伝えたところ、OKが出て料金は750バーツ。最初に750バーツを受付に払って、迎えにくる施術者を待ちます。
受付と待合室の雰囲気はこんな感じ。

ちなみに、私たちが待っている間にも、白人、日本人、東南アジア系のお客さんが来てましたが、1時間40分待ちとか言われてました。本当に人気店なのかもしれません。

DSCF4362

5分ほどして施術者が来て靴を脱ぎスリッパに履き替え、奥へと案内されます。
ラッキーなことに、私の担当する施術者は少し太ったおばちゃん!過去の経験上、上手な可能性が高い。期待が膨らみます。
奥へ続く廊下はこんな感じ。綺麗でしょ!?

DSCF4364

突き当たってから右に折れて階段で2階へ

DSCF4365

ちょっと贅沢っぽい階段ですよね。思わず写真をパシャリ。

2階に上がってから、足洗い場に座るよう言われます。
足湯でボールとかにお湯を入れて持ってくるんじゃなくて、足洗い場がちゃんとあるのが素晴らしい!日本ではこの設備を作るのはお金が掛かりますから、なかなかありませんよね。

DSCF4366

こちらで、足を洗ってもらい施術部屋で移動します。ちゃんとお湯が出るので、冷たくありませんでした。

DSCF4367

そして部屋へ案内されます。

部屋は大部屋だったと思います。カーテンで仕切られていたので、隣では他の人がタイ古式マッサージを受けていました。こちらで着替えて施術者を待ちます。

DSCF4370

着替えはTシャツに普通のゴム付きパンツ。紐で縛るタイパンツでないのが楽です。私は紐で縛るタイブがうまく履けなくて苦手なもので。

DSCF4369

それと、パスポートとか貴重品を持ち歩いた時に安心なセキュリティーボックスがありました。私はいつも枕元に貴重品を置くようにしていますが、寝ちゃったら無意味ですよね。こちらのようなしっかりしたタイ古式のお店なら、盗難とかの不安は少ないでしょうが、街中にある怪しいお店は注意した方が良いのでね。セキュリティーボックスは安心できます。

ただし、部屋が質素かな。この点が私の中で上位に入らない理由。部屋も工夫をしたら、もっと良くなるのにと思いました。

アーバンリトリートのタイ古式マッサージ

仰向けから始まるスタンダートなタイ古式マッサージでした。
流れとしては、ワットポースタイルに似ていたかな。いくつか違った手技が入っていましたが、ワットポースタイルに近いと思います。それと、当たった施術者が上手でした。
やはり、太ったおばちゃんは上手。またもや、太ったおばちゃんのタイ古式上手率が上がりました。
今回の施術者は「足は超弱め」というリクエストを最後まで覚えていてくれたのが嬉しかった点の一つ。これって、日本人施術者なら当たり前のことですが、タイでは最初に言っても忘れていることが多いんです。しっかり対応してくれたおばちゃんには100バーツのチップを渡しました。

タイ古式マッサージが終わると、1階の受付待合室でお茶を出してくれます。
いくつかのタイ古式マッサージのお店では、施術部屋でお茶を出すことが多いのですが、このように待合室で出してもらった方が落ち着きます。スリウォンとかも、部屋じゃなくてマッサージ師が無意味にたむろしている入口の待合所で飲ませば良いのに。。

DSCF4372

日本人施術者の感想

お茶をして待っていると、ほどなくしてオイルマッサージを受けたツレが戻ってきました。
感想を聞いてみると、「上手やった」と。強揉みが苦手な彼としては、満足できる技術だったようです。

ただし、ずーっとうつ伏せになるのが辛かったと。途中で体勢を代えさせてもらったようです。私もうつ伏せ時間は30分が限界なので、同じような人は伝えてみても良いかもしれません。ここで注意点は、下手な施術者だとそのやらなかった分の時間を短縮される可能性もあることがある。その場合は時間をはっきり伝えた方が良いか、チップを減らすかの方法が良いかも。チップを減らす場合は、何も言わずにでなく時間が少なかったと伝えながらが良いと思います。

おすすめしたいターゲット

初めてこちらのお店でタイ古式を受けましたが、とても気持ちよく過ごすことができました。今回は男2人で利用しましたが、こちらは女性におすすめしたいお店。アソーク駅やスクンビット駅からすぐというのも分かりやすいですし、超高級とまではいかないにせよ、このような設備のある日本のマッサージ店は少ないと思うので、コストパフォーマンスは良いと思います。

もちろん、カップルにもおすすめ!はじめてのタイでも迷わずに行けるので、奥さんや彼女に日頃の感謝で連れていってあげるのも喜ばれると思います。ただし、本当にお世話になっている人にはそれなりのお店に連れて行ってあげて下さい。
こちらのお店はコスパの良いお店という位置づけになるかと思います。

アーバンリトリート店舗情報
店名:URBAN RETREAT(アソーク店)
住所:1 Sukhumvit Rd, Khlong Toei Nuea, Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
電話:022947013
地図

~thaiuniおっさんのつぶやき~
料金が割高って言っても90分約2300円くらい。多分、日本では10000円出しても同じようなサービスを受けることはできないと思うので、タイに行ったら少し良いスパに行くことをおすすめしたい。コスパ良いですよ~

この一冊でタイ旅行は数倍楽しくなりますよ。マッサージ店は簡単な英語が通じたりしますので、マッサージを受けながら、英語とタイ語でタイ人と会話するのも楽しい!時には英語が全く通じないマッサージ師もいますけどね^^ 「弱くして」「強くして」「疲れてる」とかだけでもタイ語で話すと楽しいもんです。

タイに関する相談はお気軽に♪
↑ ↑ ↑
タイ関連商品の調査・マーケティングも承ります。


参加中☆ポチっとお願いします。