「ライザップ」「コナミ」「ティップネス」料金比較

先週に引き続き、二週連続で行われたボディアートトレーニングの体験を受けてきました。
前回のボディアートトレーニングを受けてみてでは、四日間の筋肉痛で苦しみましたが、今回はトレーニングを終えた日は、全身疲労感で仕事をする気にすらなりませんでしたが、二日目からはゆるーい筋肉痛のみで普通に動けました。少し身体が慣れてきたのかも。この流れで身体を鍛えてみようかと思い、いろいろトレーニング事務を調べてみた。と言うのも、テレビに流れてくるライザップの音楽に思わず目が言ってしまう自分。トレーニング前とトレーニング後の身体を見比べるCMは、心のどこかに「身体を何とかしなきゃ」と思っている人へのアピールは凄い。音楽と映像のコラボがマッチしていますしね、ちなみにCMをプロデュースしたのが、浜崎あゆみやレディー・ガガ、ユーミンなどを撮影したレスキー・リー氏だそうです。映像って重要なんだなとつくづく思いますね。

画像:RIZAP株式会社

画像:RIZAP株式会社

さて、話は少しそれましたが、私同様に多くの人がジムへ通ってみようと考えていると思いましたので、ジム料金の比較をしてみました。全く同じようなコースってのが難しかったので、類似コースで通う場所は渋谷(ライザップは恵比寿)という想定で調べてみました。

ライザップ
・2ヶ月全16回コース(1回あたりトレーニング50分)
パーソナルトレーナーがアドバイスする週2回のトレーニング+食事指導
入会金54.000円、コース料金321,840円
合計375,840円

コナミ
・カード発券+しっかり週2回コース+V-Bodyコース(30分×8回)×2
コナミ会員+サプリメント付きのインストラクターアドバイス
カード発券1,000円+週2回会員費12、420円、V-Bodyコース32,400円×2
合計78,300円

ティップネス
・登録料+デイタイム会員+90日集中究極ボディデザイン(週2回×12週間の全24回)
昼間会員+トレーニング時のトレーナー指導、スターターツール
登録料3,240円+デイタイム会員10,260円+90日集中ボディデザイン66,600円(99,900×2/3で想定)
合計80,100円

もう一つ、ボディアートトレーニングで2回お世話になった

シダックスカルチャーワークス
・プレミアムVIP
経験豊富なトレーナーが目的達成のプログラム作成してくれて、トレーニング時にマンツーマンで指導してくれる。
登録料6,300円+プレミアムVIP108,000円×2ヶ月
合計222,300円

どう考えてもライザップは高い。でも、30日間全額返金保証制度がある部分のこだわりが凄いです。。以前に、30日間全額返金でクレームが入ったこともあったそうですが、ライザップ側が「いかなる理由でも30日以内なら全額返金に応じる」と回答を出したそうです。なので、以下の理由でも全額返金になるそうです。

•引越しが決まったから通えない
•仕事が忙しく、時間がつくれなくなった
•思っていたプログラムと違った
•家族の介護に集中したい
•結婚することになった
•転勤が決まった

ライザップHPより引用http://www.rizap.jp/course/course_service

一つ盲点。この30日間全額返金保証制度はコース料金が対象であって、その他の物販や入会金は対象外。噂には聞きますが、プロテインやサプリの購入を進められたものや、入会金54000円は対象外。だから、最低でも1ヶ月54000円はかかるってことです。一ヶ月に換算すると、コナミが39150円、ティップネスが40050円。

相対的に考えると、やっぱり大手コナミやティップネスは良心的かなぁと。プールやスタジオ、マシンも充実しているから大手フィットネスジムは自己管理さえできたら良いですね。ただ、この自己管理ってのが難しいんですよね~ だから、自己管理代だと思ってライザップに行く人って多いのかも。ちょっと小金持ってて、かっこよくなりたいって人には良いでしょうね。
実は私も三ヶ月で体重を7キロ落としたことがありましたが、その時の中心は食事制限でした。食べたいものを食べれない苦痛って相当なもので、あと何日って思って我慢をしました。そして、その日が過ぎるとバカ食い(笑)
ブログなどを読んでいると、ライザップも食事制限が入るようで、尚且つ筋肉痛も伴う。。。耐えれる人がいると思いますが、リバウンドも激しいかと予測されます。ちなみに、私もリバンドして1年で8キロ太りました。涙

エアロバイクってこのくらいの価格からあるんだ。
どうせなら、もうちょっと良いのが欲しいな。

タイのタトゥーでも日本じゃ損する。

今年の24時間テレビのメインパーソナリティはV6とHeySayJUMPでしたが、その中で一人だけ黄色いTシャツにインナーを着ていたV6の森田剛さんが注目があったようです。ライブなどで腕にタトゥーがあったと目撃されていたようで、タトゥーを隠すためにインナーを着ていたのではないか?と噂が広がっています。ジャニーズではタトゥーは禁止とされているので、レーザーにてタトゥーを消したというのが嘘ではないかと。私はタトゥー賛成派なので、どうでも良い話だと思うのですが、日本の世間一般ではかなりの注目を浴びているタトゥーは、日本において未だに良いものだとはされてないと、改めて思いました。

画像:http://www.stylebistro.com/lookbook/Angelina+Jolie/iqhMMpYDHbp/Tattoos

画像:http://www.stylebistro.com/

写真のアンジェのタトゥーはタイのサクヤンというもの。サクヤン(サク=入墨をする、ヤントゥ=護符)とは、タイで一般的に見られる幾何学模様や動物をモチーフにしたタトゥーで、ひとつひとつに意味があり数千種類の以上のデザインが存在します。タイやカンボジアの下級階層を中心に、立身出世、貧困からの脱出や、安全祈願などの意味で、僧侶やアーチャンと呼ばれるサクヤンマスターにいれてもらうタトゥー。現在では願掛けとして気に入った図柄を気軽に彫るようになっており、より良い生活や人生を望む人たちが気軽に彫るようになっているようです。このアンジェのサクヤンはハーテウ(五列という意味)で、幸運もをもたらす、魅力を増す、運気上昇、魔力・陣痛力の増大、金運の上昇の効果があるとされてます。これらの意味を身体に入れるということでサクヤンをします。

画像:http://thailandtatoo.natureneneam.com/

画像:http://thailandtatoo.natureneneam.com/

タイでこのサクヤンをいれてもらう価格は、いれてもらうところによりますが、ハーテウで13000バーツ(43929円※2015/8/28現在)で、パヤーギレンファイ(麒麟)は26000バーツ(87859円※2015/8/28現在)で、意味としては肉体的に魅力がつく、魔力・神通力が増大、個性や魅力が増大、ビジネスの発展、人がついてくるなどがあります。ビジネスマンは入れたら運気が上がるかも。数千種類以上あるので、それぞれに意味があるようです。

ただ、最近ではこのサクヤンを入れるサクヤンマスターの偽者が多く出回っているようで注意が必要だそうです。偽物はサクヤンと偽り、商業目的でサクヤンのデザインを真似てタトゥーを入れます。これらはアンジェが入れた本物のサクヤンではありません。本物のサクヤンはバーリ語やクメール語が正しく書かれており、カタを唱えてくれます。と言ってもの、日本人が見極めるのは難しいかも。ちなみに、日本では広島にあるコルレオーネというところが本物のサクヤンをいれてくれるみたいです。

◎タイでタトゥーを入れるべきか?

実は私の友人もタイでタトゥを入れました。漢字一文字の500円玉サイズを入れた彼は、パタヤで入れたそうです。正直、カッコ悪いかと。淵が滲んでましたし、腕に小さな漢字が一文字あっても・・・デザイン的にもどうかと。。そんな相談はタイでは難しいでしょうね。カオサンなどの街中でファッションタトゥを入れると、500円玉サイズで1000バーツ位で入れれるようですが、技術云々は良いと書いている人は少ないです。
タイでタトゥーを入れた多くの日本人が、日本に戻ってから修正をしてもらってると聞きます。この辺の技術は日本のがはるかに上かと思います。もしファッションタトゥーを入れるなら、タイではなく日本の方が良いかと。大阪のタトゥー屋さんだと、ワンポイント(500円玉サイズ)で10000円、タバコケースサイズで20000~30000円、B5サイズで100000円前後だそうです。それと、タイの場合は衛生面なども不安があります。街中で入れるときに、前に使った針を変えずに違う人に使用することもあるみたいです。観光客なら一回きりだし、戻ってくることはありえないからとの理由で。怖すぎる。感染症の病気が移っても知らないってことですよね。やはり、身体に傷を入れることなので、衛生面は確保したいところ。タイで入れるには危険が多すぎます。

◎実際にタトゥーを入れると損ではないか

私も数年前にタトゥーを入れようか真剣に考えた時期がありました。タイに行くと、多くの外国人やタイ人がタトゥーを入れていて、ボディアートはかっこいいなと思いました。今でも、タトゥーはカッコイイと思います。が、カッコイイだけで入れてしまうと損する部分が大きすぎると思い、私は入れるのを思い留まりました。その理由はサウナです(笑)。
私は日本のサウナや温浴施設が大好きで、定期的に行くようにしています。もし、タトゥーを入れたら入れなくなる。。これは、私にとっては大きなマイナス。カッコよさとお風呂なら、比較にならないほどお風呂です。ですので、思いとどまりました。もし、どのお風呂でも入れ墨やタトゥーがOKってなったら入れると思います。
実際にはタトゥーを入れてから消したいと思った人は多くいるようですね。森田剛さんは消したかどうか分かりませんが、数十分から入れれるのに対して、消すのにはかなりの時間とお金がかかるようです。タトゥーの種類によって時間とお金は違うようですが、少し調べたところ
500円玉サイズのレーザー料金/1回21600円・5回セット86400円
B5サイズのレーザー料金/1回604800円・5回セット1620000円
そんでもって、治療経過をみてみると5回では全て消えるのは難しそうでした。高すぎる!
やっぱり、タトゥーをいれるのは慎重に考えるべきだと思います。

入れ墨、タトゥーは医師法上は違法な行為になっております。ただ、昔からの慣習により一斉取り締まりまではいってないようですが、タトゥーをいれることは自ら判断した行為になるので、トラブルになった時は自己責任で解決するしかありません。
どうぞ、慎重にお考え下さい。

 
まだサクヤンを入れてないアンジェ
この映画の夫婦はカッコイイだよな~

 
これつけないとお風呂入れないって大変ですよね

池袋パルコのタイ料理ビュッフェ「タイサバイ」

最近、池袋に行くことが増えてきました。神奈川出身の方は多いと思うのですが(私だけかもしれません)、東京都言えば渋谷や新宿を徘徊することが多く、池袋まで足を伸ばすことは多くありませんでした。池袋と言うと埼玉の人が多い?なんて勝手に思っています。埼玉県出身の知り合いの多くは池袋が好きで、池袋に行く機会が多いと聞いたこともあります。実データとってないのではっきりとは言えませんが、神奈川県民より埼玉県民の方が多い感じているのは私だけではないと思います。そんな池袋でタイ料理ランチをすることになりました。 タイ料理ランチはパルコ8F「タイサバイ」さんにて。タイ語を少しかじった私としては、「タイサバイ=タイ気持ちいい」かぁと思いつつ、友人とランチビュッフェをいただくことに。私がオーダーしたのはカオマンガイビュッフェ、そして友人はグリーンカレービュッフェでした。

私がオーダーしたカオマンガイ

私がオーダーしたカオマンガイ

友人がオーダーしたグリーンカレー(ゲーンキオワーン)

友人がオーダーしたグリーンカレー(ゲーンキオワーン)

カオマンガイは普通の量があり、これだけでも満足できます。グリーンカレーはカレーだけ渡され、ご飯はビュッフェからとります。グリーンカレーだけ渡されても寂しい感じが・・・ タイ料理ビュッフェは4種類のおかず(ゲーンマッサマン、パッファクトーン(かぼちゃ炒め)、ガイパッメマムオン(鶏肉とカシューナッツ炒め)、スープ、ご飯の食べ放題でした。少し少ないかな・・・そのうちのゲーンマッサマンとガイパッメマムオンをチョイス。 2015-08-25 11.45.01   かぼちゃは甘くて美味しく、鶏肉とカシューナッツの相性も抜群。この料理は単品でも頼みたくなります。味見程度にゲーンマッサマンも食べましたが、こちらも美味しかったけど、すでに二杯分のご飯を完食した後でしたので、一口程度しか食べれず残念でした。 こちらのビュッフェには食後のデザートや飲み物がついていなかった。新宿で食べたいくつかのタイ料理ビュッフェだと、デザート、食後のコーヒーなどはついていることが多かったので、お得感はあまりなし。そして、金額も1180円とタイ料理ランチビュッフェにしては高めの設定。パルコ内ってのが他のタイ料理屋より1.2割高い設定になっているのかも。ただし、ランチ時は満席になってましたので、人気はあるのだと思います。味も美味しかったし。 個人的にはビュッフェにコーヒーとデザートをつけてくれたら高得点をつけれましたが、他のタイ料理ビュッフェに比べると寂しい感じもあり、もう少し頑張ってほしい。そう思いました。 タイ料理単品ランチは780円からあるみたいです。 タイサバイさんのHPはこちら。

http://www.spiceroad.co.jp/Shop_ThaiSabay.html

愛犬家の悲しみは生まれる前から

もう十数年前になりますが、家で犬を飼いたいということになり、ペットショップでウェストハイランドホワイトテリア(ウェスティ)を購入したことがあります。当時は、あまり見かけない犬種だったので通常で購入すると30万近くした犬種でした。すでに、数年前に天寿を全うしましたが、一緒に暮らしていた期間は本当に癒しや喜びをもらい元気付けられた、私も愛犬家の一人であります。今は一人暮らしなので、犬を飼うことは難しいかと思いますが、機会があったら飼いたいと思っています。そんな時に、ふと気になるニュースが「売れる犬ゆがんだ繁殖」。確かに、私が愛犬と暮らしていたペット専用マンションでも車椅子のコーギーやシェットランドシープドックを見かけたことがありました。交通事故かと思っていたのですが、少し違った事情があったと。どうやら、日本で突出している遺伝性の病気が多くの原因になっているようでした。

人気のダップルも遺伝性の病気が多い犬種だそうです。

人気のダップルも遺伝性の病気が多い犬種だそうです。

◎遺伝性の病気が多い犬種

多く見受けられる遺伝性の病気は、
・変性性脊髄症/痛みを伴わない、ゆっくりと進行する脊髄の病気。進行すると呼吸不全となり亡くなります。ジャーマンシェパードに多く、最近ではコーギーが10年前後で発生することが多くなっています。
・チェリーアイ/目頭が炎症して赤く腫れあがる症状。セントバーナード、ビーグル、ボストンテリア、プードルなどがかかりやすい。
・若年性白内障/生後1から2年で発症する眼の水晶体が白く濁ってくる症状。コーギ、ウェスティ、レトリバー、パグ、プードル、フレンチブルドック、ヨークシャテリア、パピヨンなどがかかりやすい。
・先天性巨大食道症/食道が拡張し、食堂のぜんどう運動が低下することにより食べ物を胃に送り込めなくなり吐いてしまう症状。アイリッシュセッター、シェパード、シュナウザー、フォックステリアなどがかかりやすい。
などなど、遺伝性の病気は様々あります。
特に近年の日本で遺伝性の病気が多く見受けられるようです。その原因の一つとしては、日本のペットマーケット事情が大きく影響しているようです。写真のようにダップルという犬種が人気でると、いくつかのブリーダーはビジネスチャンスとばかりに短期間で可能な限り生産するようになります。親の健康よりも生産数に目がいってしまうので、生まれてきた子供に異変が起きようと起きなかろうと、次から次へと生産をしてしまう。その結果、多くの遺伝性の病気を持った子犬が市場に流れてしまう。生まれて来た子に罪はないですが、その子を育てるのは産みの親ではなく人間。それぞれ考え方が違うかもしれません。

◎最近の子犬の価格事情

ただ、中にはそのようなことも考慮し、販売店入荷後に検査で異常や発症がわかった場合に、ブリーダーに繁殖を自粛するよう促しているところも多くなってきいるそうです。業界大手コジマさんも、その一つだそうです。だから、値段もそこそこなのかも・笑
コジマさんで販売されている価格を調べてみました(2015年8月26日現在ネット調べ)
・トイプードル(レッド)/388000円
・ロング・チワワ(グリーム&ホワイト)/328000円
・ミニチュアロングダックスフンド(シルバーダップル)/238000円
・ウエストハイランドホワイトテリア/278000円
・コーギー/168000円
・柴犬(黒)/218000円
ネットに出ている中で一番高い価格を表記しました。店舗によって価格がかなり異なるようで、場所柄か六本木店が最高値の子犬が多かった気がします。

犬を飼うって本当に大変なことです。毎日の食事、散歩や具合が悪くなったら保険のきかない動物病院への通院。お金だけなく時間も割かれます。可愛さだけでは飼えない部分が沢山ありますが、その分の癒しは数倍になって戻ってきます。
愛犬家の私としては繁華街にあるペットショップには少し疑問を。売り買いは自由ですが、命あるものを扱う責任だけは忘れないで欲しいと思います。
そして行動も絞られる。一緒に行けるところは大切です。

ビザなしでタイ滞在延長方法

昨日のニュースで、「タイ在留邦人事情 絶えぬ「困窮邦人」」というのがありました。内容としては、アジアでの生活困窮をしている邦人が後を絶たないとのことで、見ぬに見かねたタイ人が大使館に連絡をして助けてあげている。この原因には様々ありますが、第一に挙げられるのが「無計画な行動で所持金を使い果たす」があるそうです。特に20代と60代の男性に集中しているらしく、少し前の長野建設業厚生年金基金の横領事件のように億あったとされる現金を3年以内で使い果たしたというのもありました。無計画に使い果たしてしまうタイの魅力は、タイ好きなら分からないこともないかと思います。そして、同じようにロングスタイをタイでしてみたい。そう思うひとも多いはず。そんな訳で、今日はビザなしでロングステイできる方法を調べてみました。

201206182323381d8

 

まずは基本知識、タイへは30日以内の滞在であればビザなしで大丈夫。いくつかのビザの種類がありますが、観光目的の30日以上滞在を希望の場合は観光ビザの申請が必要になります。観光ビザにはシングルエントリー、ダブルエントリー、トリプルエントリーとあり申請料はシングル4500円、ダブル9000円、トリプル1万3500円。ちなみに、留学ビザのシングル9000円、ダブル2万2000円。ビジネスビザのシングル6000円、マルチプル1万5000円。就労者家族ビザとタイ家族ビザと年金ビザはシングル9000円、マルチプル2万2000円。ロングスタイビザは2万2000円となってます。(2015年8月現在)

今回のビザなし滞在延長は、タイに2ヶ月間位滞在しようかなと考えている方に良いかと。申請方法はタイの入国管理局で延長手続きをすると30日の延長ができるそうです。これは観光ビザにも適用されるようで、観光ビザのダブルエントリーをすると、最長で180日間のタイ滞在が可能になります。ビザなしだと30日+30日の60日滞在が可能になるということです。少し前までは滞在延長には一旦隣国へ出る日帰りビザランをするのが多かったようですが、この方法なら近場で済ますことができ、かつ料金も1900バーツとお手頃。この入国管理局(イミグレーションオフィス)で職員に3000バーツ要求されたようなブログ記事もあったようですが、通常は1900バーツのみだそうです。その他、用意しておくものは、パスポート、顔写真一枚(4×6センチ)、パスポートコピー(顔写真のあるページとイミグレーションカードが挟んであるページ※入国した際のスタンプとデパーチャーずカード)、滞在先の分かる物(ホテルカードや名刺)、ボールペン。写真とコピーはイミグレーション近くにあるとのことなので、パスポートと1900バーツだけあれば何とかなりそうだが、何度もいくのは面倒だと思うので用意しておいた方が無難でしょうね。

申請したブログを読んでいると簡単に取れるようなことが書いてあるので、2ヶ月くらいのタイ滞在の時は利用してみたいと思います。ただし、ビザなしの滞在延長は一回のみのようで、3ヶ月以上滞在したい場合は、観光ビザを取るかビザランが必要になります。

ちなみに、オーバーステイには1日500Bの罰金が課せられます。罰金も上限が2万バーツまでなので、それを過ぎてオーバーステイすると「強制送還」や「禁固刑」になる可能性があり、次回の渡航ができないってことにもなりかねませんので、ご注意を。

 
投資目的で持つ人も多いとか