「GATE」面白かったけど、このような作品は荒れるんだなぁ

 ワンパンマンが終わってしまい、毎週楽しみにしていたアニメがなくなって2ヶ月近く経って、ようやく面白い作品だと思えたのが「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」。昨晩、第一話を見たら止まらなくなってしまい、現在放映中の第二部最新まで計17話を全て観てしまった(午前3時までかかった)。
 このアニメの簡単あらすじは、日本の銀座に突然に「ゲート・門」ができて、その中から異次元世界の兵士が攻めて来る。その異次元の兵士ゴブリンとかドラゴンを自衛隊が制圧をして、逆に日本自衛隊がゲートに入り込み異次元世界を制圧に向かう話。ちょっと簡単すぎるかな。。でも、おじさんである私にはとても笑えて面白いアニメでありました。

569463f1 続きを読む

バンコクアニメイトのオープン(2016年2月6日土曜日)。タイ初心者の為に行き方を書いてみる。

 昨年のブログ「バンコクMBK(マーブンクロン)にアニメイト」にてタイにアニメイトがオープン予定と書きましたが、ついに2016年2月6日オープンします!
日本の文化とも言えるアニメを守っていこうと、アニメイト、KADOKAWA、講談社、集英社、小学館が出資した合弁会社ジャパンマンガアライアンス運営になるアニメイトのタイ一号店は、タイの情報発信の聖地とも言えるマーブンクロン7階にできます。
2月6日(土)、2月7日(日)はオープニングイベントが予定されてるようです。
オープンイベントは、
・May’sさんのサイン会&ファンミーティング。「君に届け…」は良い歌ですよね。
http://www.clubmays.com/
・世界的コスプレーヤーYuegene Fay 
フェイスブックhttps://twitter.com/yuegene_fay めっちゃ美しいかも。
など。

また、ラバーストラップ限定商品の販売も始まり、2016年2月6日発売は「艦隊これくしょん-鑑これ-」「カードキャプターさくら」「冴えない彼女の育て方」「デート・ア・ライブ」になるそうです。限定300個とか。

今日はマンガやアニメに興味はあるけれどバンコクにはあまり行ったことない方の為に、バンコクアニメイトの行き方をまとめたいと思います。行きたい場所には迷わずに行きたいですもんね。

画像なのでこのまま持って行けます。

画像なのでこのままどうぞ。


1.MBK(マーブンクロン)まで行く。

アニメイトの入っているMBKまでの行き方として、考えられるのはいくつかあります。バス、タクシー、BTS(鉄道)の中から、やはり一番はBTSになります。
最寄りの駅はナショナルスタジアム駅。ここの駅からだと徒歩1.2分で行けます。ただし、ナショナルスタジアム駅へ行く際に注意する点は、乗ったBTSがスクムウィット(スクンビット)線なのかシーロム線なのか。
ナショナルスタジアム駅はシーロム線になるので、スクムウィット線から来る場合はサイアム駅で乗り換えなければなりません。
また、MRT(地下鉄)の駅近く滞在の場合は、BTSへの乗り換えが必要になります。乗り換えはMRTシーロム駅ならBTSサラデーン駅でシーロム線に、MRTスクムウィット(スクンビット)駅ならBTSアソーク駅でスクムウィット(スクンビット)線へ。乗り換えを含めまとめてみると。

・Sukhumvit駅(MRT地下鉄)※乗換え → Asoke駅(BTS) → Siam駅(BTS)乗換え → National Stadium(BTS)

・Silom駅(MRT地下鉄)※乗換え → Sala Daeng駅(BTS) → National Stadium(BTS)

※タイのMRTやBTSには日本語表記は一切ありません、タイ語と英語表記になりますので、英語名で駅を覚えておくと便利です。
※発音が聞き取りで違ってくるスクムウィットとスクンビットは同じとして書きます。

2.ナショナルスタジアム駅からMBKへ
ナショナルスタジアム駅に着いたら進行方向後ろ方面(サイアム方面)に出て下さい。改札を出ると人の流れにそって歩いて行くと右手に東急百貨店があります。そして、その奥横(東急はMBKの一角になります)にあるのが「MBK」になります。
東急百貨店内で直結してますので、東急百貨店に入っても大丈夫です。手前から繋がっている入口が東急の2階に入り、少し奥の繋がっている入口がMBK3階に入ります。入ってからは7階を目指して上がって下さい。

3.MBK7階フロアのBTSを背にして奥へ。

MBKは想像以上に広いので、場所をみてみると7階フロアの端に位置しておりますので、BTSを背にして奥へ進む感じになります。

画像:合弁会社ジャパンマンガアライアンス提供

画像:合弁会社ジャパンマンガアライアンス提供

店内には期間によって催事スペースやシアタールームを設けてミニコンサートなども行うようです。
そして、ワンピースファンには必見!のイベントが2月6日~3月6日で「麦わらストアバンコク」が開催されます。画像みると麦わらの一味が王宮前で象やトゥクトゥクに乗ってます。
私はワンピースファンであるので、この期間中に行ってみたいと思ってます。何とかいけないものだろうか。。。エア探してみよっと・笑

漫画・アニメ好きの方はチェックして見て下さい。

こんなん見つけました!ほしいかも。




ポチっとクリックお願いします。

バンコクMBK(マーブンクロン)にアニメイト

今のタイ語学校の先生はアニメ好きの24歳女子。今まで受けたタイ語先生の中では無口の方で、アニメ好きだからなのか先生というよりオタクっぽい感じがします。彼女は日本のアニメが大好きで、将来はグラフィックデザイナーになりたく日本へ語学留学に来ているのですが、その先生をはじめ、タイ語学校の先生は良い大学を出ている人が多く頭がとても良い人が多い。というのも、最初はたどたどしい日本語しか離せないが、二ヶ月もすると流暢な日本を話すようになり、よく校長先生に「日本語は話しちゃだめですよ」と言われている。

そんなあまり話さない先生ですが、アニメの話を振ると目を輝かせて話しはじめるのが面白い。そんな先生が大好きな日本アニメが、海外では多くの海賊版が出回っているのは周知の事実です。その海賊版市場拡大を防ごうと、立ち上がった合弁会社ジャパン・マンガ・アライアンス(JMA)がバンコクのマーブンクロン(MBA)7階に「アニメイトバンコク」を近々オープンするというニュースがありました。

shinjuku_main01

新宿のアニメイト。以前はさくらやのホビー館だったんだよな。

合弁会社ジャパン・マンガ・アライアンス(JMA)は、「アニメイト」「KADOKAWA」「講談社」「集英社」「小学館」から成り立つ会社であり、会社間の垣根を越えてオリジナル志向を醸成するために立ち上がったそうです。今回マーブンクロン7階にオープンするアニメイトバンコクは、店舗面積170坪でバーブンクロンに入っている店舗の中では広い方だと思います。確か7階には小さい漫画店が入ってたと思います。潰れちゃうかもしれませんね。前のブログ「バンコクのおすすめショッピングモール」にも書きましたが、バンコクでは一番オススメしたいショッピングモールはMBK(マーブンクロン)になります。タイ人はもちろん、世界の観光客が集まってくるショッピングモールに出店するJMAさんはさすがです。大手だからできることですもんね!ちなみに資本金は4億6900万円で5社の出資比率は、ほぼ同じだそうです。

JMAの概要はこちら
会社名:株式会社ジャパンマンガアライアンス(Japan Manga Alliance)
所在地:東京都板橋区弥生町(アニメイト本社内)
代表:國枝慎吾(株式会社アニメイト取締役)

どうやらオープンは来年春のようです。バンコクで楽しみのが一つ増えました。

中学の頃にアニメイト雑誌を購入した覚えがあります。私の世代は初代ガンダムとか銀河鉄道999とかでした。購入したアニメイトを切抜きして下敷きに入れたりしてました。銀河鉄道999のメーテルの美しさにメロメロでした。その少し前辺りにオタクって言葉ができたと思いますが、私は普通にアニメや漫画を楽しんでいました。
最近、再びアニメを見る機会が増えてきて、いくつかの素晴らしいアニメに感動をしています。世界に誇る日本アニメを守り広めていくJMAさんには頑張ってほしいと心から思います。

 
久しぶりに読みたくなってきた。

 
ガンダムプラよりもザク量産型をゲットした時は格別の喜びでした。


ポチっとクリックお願いします。

ワンパンマンが面白すぎる

日本のアニメは面白い。唐突ですが、次から次への面白い作品を見つけることができる日本の漫画アニメはすごいと改めて思います。
またもや面白い漫画アニメに遭遇!第二話までしか見てないけど、かなり面白いアニメ「ワンパンマン ONE PUNCH-MAN」。

とぼけたお坊さんにしか見えない主人公

とぼけたお坊さんにしか見えない主人公


早速、ワンパンマンについて調べてみると、作者はONE、1986年生まれの埼玉県出身の男性。最初はサイト漫画新都社で2009年7月から連載されたのが始まり。途中に自社サイトONEにて掲載を変更し、一日2万アクセス累計2000万アクセスまで成長したらしいです。この原作を2012年から「となりのヤングジャンプ」にてリメイク版の連載を開始し、リメイク版はアイシールド21の作画担当である村田雄介さんの作画で連載された。そして2015年3月にアニメ化が発表になり、同年10月4日よりアニメがスタートしたとのこと。
私は「ワンパンマン」を、つい最近のアニメで初めて知ったのですが、第一話を観て「これ面白すぎる!!!」と感動し、定期録画を決めました。笑

第二話までアニメで観たので、ざっくりと書いてみると、普通の少年ぽい主人公サイタマ(ハゲマント)が、ヒーローに憧れて修行をしたら圧倒的な力を持つことになり、ワンパンチで悪党を撃破してしまうという内容。wkiには詳しく書いてあるのですが、先に情報を入れちゃうと面白みが半減してしまうので、興味ある方はwkiをご参照下さい。

今までにないヒーローものです。主人公は25歳のハゲ。サイタマ(作者出身地が埼玉だからかな)はその辺りいる普通の青年、どちらかと言うとボケているタイプ。設定はめっちゃ強いヒーローなのですが、黄色いうスーツに赤いマントがかなりダサい。25歳独身彼女なしで安そうな家賃アパートにひとり暮らし。このボケボケの主人公が強敵をワンパンチで倒していく。
子供の頃のヒーローものと言えば、ピンチがありながら最後は打ち勝つみたいなが多かった。巷で人気のワンピースの主人公ルフィーは苦戦を強いられながらヘトヘトになりながらギリギリ勝ったり、ドラゴンボールの孫悟空も同じようにピンチを凌いで勝つという人気ヒーローものが存在している中、このワンパンマンにはピンチという設定が一切なし。とぼけた顔をしながら一発で倒してしまい、打倒した後の達成感も一切ない。さっぱりと勝つヒーロー。
ここまでなら、面白いの?と疑問に残る人も多いと思いますが、累計2000万アクセスあったことは面白さを実証しているかと思います。
作者ONEさんの原画はさておき、ワンパンマンの読者であった村田雄介さんがONEにコンタクトをとり漫画を一緒に製作することにより始まった作品は、内容と作画が見事にマッチした良い例ではないでしょうか。主人公の作画ではピンと来なくても、見てみたら笑えること間違いなし。

私はシーズン毎に面白いアニメを探ってますが、この前で面白かったプリズンスクールが終わって残念に思ってたところに新しく面白そうなアニメを見つけれて、どうやら年末までの楽しみができました。
もちろん、漫画もチェックしようと思っています。調べたところ、まだまだ面白そうなキャラクターが出てくるので。個人的には「地獄のフブキ」が気になってますが。。ワンパンマンはアニメ⇒漫画の方が良さそうな感じがしてます。なので、しばらくはアニメでチェックしようと思います。
アニメのwebページはこちら⇒http://onepunchman-anime.net/

大人買をしようと思う。

「ヒーローものはいつも一緒でしょ?」と思っている方には是非ご覧頂きたい。
ほんと!日本の漫画ってすごいと思う。

図書館戦争を観る順番を間違えたかも

少し前からテレビで岡田准一と榮倉奈々が図書館戦争の映画宣伝で出てた。図書館戦争って言葉は頭の片隅にあったくらいで、全くチェックしてなかったので見てみようと思い、地上波でやっていたものを録画して観てみた。

面白くない。。。

これが率直な感想。

アニメは面白い図書館戦争

アニメは面白い図書館戦争

何の前情報もなく観たからなのかもしれませんが、アクションなのか恋愛なのか中途半端でよく分からず。そして主人公は強いのか弱いのか分からず、普通に戦いが始まったと思ったら恋愛になったり。。。うーん。
ただ、岡田准一と榮倉奈々のやりとりは笑った。あと、榮倉奈々の変わりようも驚いた。映画の若い時よりも、宣伝をしている榮倉奈々の方が数段魅力的だった。女性って変わるんですね~

日本の映画って外れを引くと残念さが数倍になるのだが、でも映画になるくらいだから原作は面白いんじゃないか?と思い調べてみた。
著者は有川浩(ありかわひろ)、女性小説家で1972年生まれ43歳。2003年にライトノベルで第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞してからデビューしたそうです。
これで合点が行きました。根本は若年層向けの作品なので、私のようなおっさんにはピンと来ないわけです。 この図書館戦争は2006年からなので、有川浩さんが34歳の時の作品って訳です。元来、少女系は苦手なのでアクションと恋愛比率が半分以上だと拒否反応を示してしまう。実写となると更に恋愛比率が低くても無理。なので、こんな感想と思いつつ。

映画でピンと来なかったので、アニメだったらと思い観てみた。

ううぅ 面白い!

アニメならではな感情のやりとりが明確にわかり、実写では不可能な部分もうまく表現している。これはハマりそう。アニメからみたらもっと楽しめたかも と正直に思いました。

日本映画で同じような非現実世界を描いた作品の中で、好きなのはバトルロワイヤル。この作品は映画から気に入ったパターンで漫画は好きでありませんでした。でも、最終的には小説が一番面白かった。
図書館戦争は映画が面白くなく、アニメが面白かったパターン。と言うことは、もしかして小説は面白いかも。と言うことで小説買ってみることにします。

今回もしかりですが、映画は監督による部分が大きいと痛感しました。
図書館戦争は佐藤信介監督、知ってる映画だとGANTSとかかな。ちなみにアニメ図書館戦争の監督は浜名孝行さん。テニスの王子様の監督やくれよんしんちゃんの絵コンテ・演出・原画などをやってた方。
バトルロワイヤルは深作欣二監督。

やはり深作欣二監督は凄い!だって、バトルロワイヤル2は少し残念だったし。

どちらかというとゲーム派の私としては、これがゲームになったら入ってきたかもしれません。ただ、恋愛ゲームは苦手なので、イングレスのような全国の図書館と本屋を取り合うようなゲームだったら面白いかも。開発会社さん作って下さい。私は買いますので・笑

でも、図書館戦争はタイではきっとヒットしないだろうなぁ。