3~5日間のバンコク旅行で日焼け止めは必要?必要じゃない場合は?

ども!歳を取ってから日焼けが嫌いになったタイウニです。

さて本日は、短期のバンコク旅行で日焼け止めは必要か?について。

全てのバンコク旅行に日焼け止めが必要?あまり日焼けは気にしないけど・・という人へ。

バンコク旅行で何をするかで、日焼け止めを持っていくかどうか?ハッキリしますよ!

スポンサーリンク

3~5日間のバンコク旅行で日焼け止めは必要?必要じゃない場合は?

バンコク

私は、若い頃は波乗りもやってたので、日焼けを全く気にしませんでした。

それが、30代半ばになって日焼けアレルギーが出るようになり、それからは、できる限り日焼けをしないようにしました。

ただ、無精な性格なので、日焼け止めを塗るとか面倒で、塗らずに日光を避けての行動。

これは、バンコクでも全く同じで、日中は日影を探して歩き、ヤバイなと思ったらスグに建物に入る。

こんなんで、私は日焼けを防いてきました。

それでも、全く日焼けしたくない!って人は、バンコクではちゃんと対策をしないとダメ。

また、私のようにある程度は大丈夫という人も、ここは日焼け止め塗らなきゃ死ぬって場面もあります。

本日は、3~5日くらい短期バンコク旅行で、どんな場面(観光)で日焼け止めが必要かを紹介します。

逆にいえば、さほど日焼けを気にしない人は、その観光さえしなきゃ日焼け止めは必要ないってことです。

バンコク旅行で日焼けを気にする理由

ホテルのプール

まずは、そもそも日焼け止めが必要なの?から。

前提として、日焼けはしたくないの!って人は、日本で使っている日焼け止めセットを持って行って下さい。

それも、超フル装備でw

これは、いろんなブログに書いてる通りで、バンコクの日差しをなめたら、確実に日焼けするからです。

ただ、あまり気にしてない人は、状況次第で決めれば良いと思う。

それでも、日焼けの基礎知識は知っておいた方が良いと思うので、簡単にまとめると。

日焼けが起こる原因

そもそも、日焼けの原因である紫外線とは、太陽光線の中にある波長が短く、エネルギーが高い光のこと。

これを、肌に浴びると、皮膚表面の細胞を傷づけたり、炎症をおこしたりして、ガンやシミの原因になる。

また、皮膚中のコラーゲンを劣化させ、しわ・たるみなどの老化の原因にもなる。

つまり、痛いの嫌だったり、ガンの予防、老化などを防ぎたい人は、日焼けはしない方が良いってことですね。

ちなみに、ガンやシミの原因が紫外線UV-A波、しみ・たるみの原因が紫外線UV-B波。

特に注意すべきなのが、紫外線UV-B波だそうです。

タイと日本の紫外線量

その健康に良くない紫外線量を、タイと日本で比較してみたところ。

WHO(World Health Organization)のデータ。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
タイ810121211121212111088
日本2458991097422

タイでは、全ての月で日本の紫外線量を上回っていた。

それも、タイの2~10月は、日本の最高7月の10以上だから、タイでは1年の3/4が日本の7月の日差しってこと。

日焼けが嫌って人がこの数字を見たら、タイ旅行をするかどうか考えるかも。苦笑

私は、この数値の通りで、タイでは何度も殺人的な日差しを感じました。

実体験!バンコク旅行で日焼け止めが必要な場所

バンコク三大寺院

この数値だけ見たら、日焼け止めが必須と思いがちですが、意外と大丈夫だったりもします。

というのも、私は日焼け止めを、あまり使いません。

バンコクへ持っていきはするけど、塗らないってことが多くあります。

一昨年、年間13回バンコクへ行きましたが、日焼け止めを使ったのは3回でした。

それで日焼けしたかというと、少しだけ日焼けした程度で、黒いね~とか言われることはありません。

ただし、こんな私でも、日焼け止めを塗らないと厳しいって場所(観光)がある。

それが、13回中の3回を使った場所(観光)です。

バンコク三大寺院観光は日焼け止め必須

バンコク三大寺院「ワットアルン」「ワットポー」「ワットプラケオ」の観光では、日焼け止めが必要です。

理由は、日影が少ないから。

寺院間の移動、寺院内の観光、それぞれでバンコクの日差しを避けれません。

ワットプラケオでは、帽子も脱がなければなりませんしね。

三大寺院観光の際は、顔にも日焼け止めを塗って下さいね。

友人の案内で一緒に回った時、できる限り日影にいたけど、それでも首と腕が日焼けしました。

アユタヤ観光は日焼け止め必須

世界遺産であるアユタヤ観光でも、日焼け止めが必要です。

理由は、日影が少ないから。

バンコク三大寺院を同じ、日影が少ないので日差しを避けれません。

バンコク三大寺院、アユタヤに限らず、寺院観光をする時は日焼け止めを塗ることをおすすめします。

アユタヤ観光で日焼け止めを塗らなかったので、顔が焼けて黒くなりました。

バンコクのゴルフは日焼け止め必須

ゴルフをする人は、日焼け止めが必要です。

グラフにありましたが、日本の夏が10で、タイの夏は12。

キャディーを2人にして、一人を日傘持ちにしても、かなり日焼けをします。

ゴルフ後のシャワーで肌が痛くならないように、日焼け止めを塗ることをおすすめします。

私は、日焼け止めを塗らなかったので、シャワーがピリピリ痛かったことがあります。もちろん、真っ黒になりましたw

ホテルのプールは日焼け止めが必須

ホテルのプールを使う人は、日焼け止めが必要です。

理由は説明しませんが、肌を刺すような日差しなのでね。

ただし、夕方とかに入れば、ある程度は大丈夫。

私も、プールに入る時は、夕方って決めています。

バンコクの街散歩は日焼け止め必須

日課に散歩する方は、日焼け止めが必要です。

バンコクの朝は気持ち良いので、散歩したくなるんですよね。

でも、紫外線量は日本以上。特に朝は紫外線が強いしね。

散歩する時は、日焼け止めを塗ることをおすすめします。

私も散歩をするけど、痛くなるほどの日焼けはしないが、日本に戻ったら黒いねと言われました。

バンコク旅行に日焼け止めは持っていくべき?

タイの日差し

バンコク旅行に日焼け止めを持っていた方が良いか?は、上記のこと(観光など)をするなら必要。

逆に、上記のこと(観光)をしなければ必要ないかな。

昼はぶらぶら街(ショッピングセンターなど)を歩き、夜にナイトマーケットやルーフトップバーで楽しむ。

そんな過ごし方なら、日焼け止めは必要ないです。

もし必要になったとしても、バンコクで日焼け止めは売っています。

ただし、日本の1.2~1.5倍とちょっとだけ高いけどね。

バンコク旅行で何をするか?で日焼け止めを持っていくかを決めて下さい。

ちなみに、私は必ず持っていきますが、バンコクだけだったら使わない時の方が多いですね。

タイ旅行の必需品はこちらでまとめてます「タイ旅行の必需品【最低限のもの~あったら良いなまで】

ちなみに、何度も書きますが「日焼けしたくない人」は、必ず持って行って下さいね。

この日焼け止めが良いらしい!タイへ移住したミルキィがおすすめしてるセット。

汗かいても落ちにくウォータープルーフ。SFP値PA値共に高いからおすすめだそうです♪

子供にも使える日焼け止め♪紫外線散乱剤を使用して石鹸で落とせるのが便利♪肌に優しいそうですよ♪

タイで最も日焼けを注意すべきところ

ビーチ

最後に、タイ旅行で最も日焼けに注意すべきところについて。

ずばり!ビーチ。

絶対!絶対!絶対に日焼け止めは持って行って下さい。

昨年、かみさんがプーケットで日焼けし過ぎて、大変だったことがあります。

その時は、ちゃんと日焼け止めを塗ったんだけど、それでも真っ赤になるほどに。

タイのビーチは、服を着てても日焼けをするので、対策を万全にしても足りないくらい。

ちなみに、日焼けはやだって人は、タイのビーチは行かない方が良いですねw

プーケット、サムイ、パタヤなどに行く方は、日焼け対策を万全にして楽しんで下さい。

日本の倍くらいの対策でね.

みなさんのタイ旅行が楽しいものになりますように♪

私はこれを持っている♪かなり役立ってます

~thaiuniおっさんのつぶやき~
15年前、プーケットで日焼け止めを塗らずに波乗りをしたら、かなりひどい日焼けになり後悔したことがある。もうあんなことは二度とできない、、したくないな。

タイトルとURLをコピーしました