タイ旅行でトラに触る♪どっちがおすすめ?バンコクorプーケット

ども!ちょっと大きめの動物が怖いタイウニです。

さて本日は、タイ旅行でトラ(虎)に触って撮影できるところについて。

タイ旅行中にトラを見たい!できたらトラに触りたい!という人へ。

バンコク旅行とプーケット旅行で、それぞれトラの施設へ行ってきたので、おすすめを紹介します。

大きいトラは迫力満点でした。

スポンサーリンク

タイ旅行でトラ(虎)に触る♪どっちがおすすめ?バンコクorプーケット

そもそも、私はトラに全く興味が無かった。

トラに限らず、さほど動物に興味が無いので、タイに60回以上行ってるけど、象に乗ったのも数回だけ。

アユタヤで象乗りはすべき?バンコク近郊の象乗りできる所

そんな私が、トラ動物園に行ったきっかけは、友人の社員旅行に同行した5年前のこと。

先方の一人が「どうしてもトラを見たい!」との希望があったので、初めてシーラチャのタイガーズーへ行きました。

その時見たトラの迫力が凄かったのなんの!一瞬でトラに魅了されました。

もちろん、そのトラを見たいと言ってた人も大満足。

という訳で、少しでもトラに興味があるのなら、タイ旅行中に行くことをおすすめします。

私は、タイガーズーとタイガーキングダムの両方へ行ったので、それぞれの特徴も紹介します。

ズバリ!トラのショーを見るならタイガーズー、トラに触るならタイガーキングダム。ですね。

タイにいるトラ(虎)の種類は?

まずは、タイにいるトラの種類について。

トラはいろんな種類があって、ベンガルトラ、アムールトラ、シベリアトラ、チョウセントラ、マンシュウトラ、バリトラ、インドシナトラ、マレートラ、ジャワトラ、カスピトラなど。

この中で、絶滅亜種とされているのが、バリトラ、ジャワトラ、カスピトラ。

そして、タイにいるトラは、インドシナトラとマレートラ。

タイ、中華人民共和国南西部、マレーシア、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナムに生息しています。

インドシナトラ・マレートラは、全長オス255~285センチ、メス230~255センチ、体重オス150~195キロ、メス100~130キロの大きさ。

ちなみに、ホワイトタイガーはベンガルトラの白変種となり、ベンガルトラは全長オス270~310センチ、メス240~265センチ、体重オス180~258キロ、メス110~160キロの大きさ。

参照:wiki

タイのトラよりホワイトタイガーの方が、一回り大きい感じですね。

どっちにしても、全長が軽く2メートルを超えるので、覆いかぶされたらひとたまりもない大きさ。

やっぱり、トラは大きい。

ただね、残念なことに、タイでトラを見て触れるのは、ほとんどがベンガルトラらしい。

自然のトラと、調教されたトラの違いですかね。

タイ旅行でトラ(虎)に触れるところは?

小虎

それでも、日本で大きなトラに触れる施設はありません。※香川県のしらとり動物園は子トラを触れる

日本とは違い、タイには大きなトラに触れて、記念撮影できるところが沢山あります。

代表的なところを紹介すると。

バンコク近辺でトラに触れるところ

2016年にタイガーテンプルが閉鎖になり、現在、バンコクから日帰りで可能なところは2カ所。

シーラチャ・タイガーズー(Tiger Zoo)

タイ国内最多のベンガルタイガーの数がいる動物園。赤ちゃんトラから大きなトラまで触れる。トラだけじゃなく、ワニや豚のレースなど、様々なアトラクションが楽しめる。

住所:341 Moo 3, Nongkham, Sriracha, Chonburi 20110
営業:8:00~18:00
WEB:https://www.tigerzoo.com/

パタヤ・タイガーパーク

2017年にパタヤにオープン。生後2ヶ月程度の赤ちゃんトラから、大きなトラまで直接触れることができる。

住所:349/9 mu 12 Nong Prue Bang Lamung Pattaya Chon Buri
営業:9:00~18:00
WEB:http://tigerpark.co.th/

プーケットでトラに触れるところ

パトンビーチから山を越えたところにある施設。私はパトン近辺の一日観光で行ったことがあります。

タイガーキングダムプーケット(Tiger Kingdom Phuket)

赤ちゃんトラから大きなトラまで触れる施設。トラとの記念撮影ができ、トラを眺めながらの食事もできる。

住所:118/88 Moo 7 Kathu, Kathu Phuket 83120 Thailand
営業:9:00~18:00
WEB:https://www.tigerkingdom.com/phuket

チャンマイでトラに触れるところ

チェンマイでもトラに触れるかな?と探してみたら、プーケットと同じ施設がありました。

タイガーキングダムチェンマイ(Tiger Kingdom chiang Mai)

こちらは、トラだけじゃなくチーターも触れて記念撮影ができるみたい。

住所:51/1 Moo 7 Rim-Tai, Mae-Rim Chiang Mai, Thailand
営業:8:00~18:00
WEB:https://www.tigerkingdom.com/chiangmai

この他、サムイ島にもトラを触れる動物園(Samui Aquarium and Tiger Zoo)がありました。

そして、私が行ったことあるのが、シーラチャタイガズーとタイガーキングダムプーケットの2カ所。

コスパ良い現地ツアーはベルトラがおすすめ!何度も利用してるけど安心して申し込める。他の比較して安いしね。

タイのオプショナルツアー「ベルトラ」

タイ旅行でトラ(虎)といえば!おすすめはココ!

虎のショー

この2つは、全く違う施設で、それぞれ良い点悪い点がありました。

私なりに、こんな人に合うというのを紹介させてもらうと。

シーラチャタイガーズー

タイガーズー

ここが一番おすすめ!

トラへの餌やりが面白いし、子トラや大トラも触って記念撮影ができる。

それと、タイガーショーが圧巻でした!迫力のあるトラのショーが、めっちゃ近くで観れる。

トラ以外でも、ワニのショーも凄い。

いくつかワニのショーも見たけど、ここのワニがとにかく大きい!

トラ以外も楽しめるので、ここはおすすめです。

レビュー「タイ・シーラチャータイガーズーが面白かった件。※写真多め

タイガーキングダムプーケット

タイガーキングダム

トラと写真を撮りたい方におすすめ。

トラと様々なショットが撮れるので、たくさん触りたい!たくさん撮りたいという人に良い。

撮影に参加した人は、3匹の大きいトラに触って撮影したってはしゃいでました。

ただし、トラと写真を撮らないのであれば、行く価値ありませんw

私は怖がりなので、トラに近づくのが怖いから、撮影はしませんでした。

撮影しないと、檻の中にいるぐでーっとしたトラを観るだけ。。

つまらないですw

レビュー「プーケット・パトンビーチ1日観光※前編

トラ以外もいろいろ楽しみたいなら、シーラチャタイガーズー。

とにかくトラと写真を撮りたいなら、タイガーキングダム。

こんな感じです。

まとめ

虎の赤ちゃん

プロフィール写真に、トラと一緒の写真を使いたい方は、ぜひ!行ってみて。

とにかくデカいので、迫力があります。

ただし、2018年鹿児島県で、飼育員がホワイトタイガーに襲われて死亡という事故もありました。

いくら人に慣れているからといえ、怒らせたらどうしようもないので、くれぐれも無茶はしないようにして下さい。

いつかは、私もトラと写真を撮りたいと思っています。

みなさんのタイ旅行が素晴らしいものになりますように!

安いタイのオプショナルツアーを探すならココかな。アユタヤなど何度も利用しました♪

タイのオプショナルツアー「ベルトラ」

~thaiuniおっさんのつぶやき~
やはり自分より大きい動物は怖い。言葉が通じる人間でも暴れたら大変なのに、通じない動物となると、、それでも、いつかはトラとかライオンを触りたいな。

タイトルとURLをコピーしました