タイラン島でビーチを満喫!モーターボートチャーターはおすすめ ※追記あり

おすすめのラン島サメービーチ

12月初旬のタイ旅行の締めくくりの観光として選んだのが、パタヤ・ラン島でのビーチリゾート。日本が寒い時にビーチリゾートを楽しむことほど、海外に来たぞーって感じれると思えるかなと。今までも何度かラン島の紹介はしてきましたが、今回もよかったです。「名古屋からタイパタヤ旅行⑥~ラン島サメービーチ~」「パタヤのラン島プランを考えてみた。」。
今回は総勢9名の移動ということで、パタヤビーチからラン島まではモーターボートをチャーターすることにしました。初めてラン島に行ったのがモーターボートだったので、十数年ぶりに利用しましたが、やっぱり楽チンでした。個性ある9名だから、それぞれが違った楽しみ方ができました。その中にはトラブルメーカーが1名いて、お釣りをもらい忘れるというオチも。。おもしろおかしいラン島レポートをどうぞ。※写真多めです。

IMG_20171204_130803

続きを読む

12/1~12/6タイを案内してきました♪バンコク2泊、パタヤ2泊

しばらくブログ書けませんでした。というのも、12/1~12/6で友人の会社社員旅行の案内で、バンコク2泊、パタヤ2泊の案内として帯同してました。私を含め9名でのタイ旅行でしたが、ほとんどの方に「楽しかった!」と言ってもらえました。ほんと、良かったなぁとね。4泊の夕食は4回とも全員で食べましたが、大人数で食べるといろんなものが食べれるので美味しいかったです。また、それぞれ違った趣味趣向がありますので、私一人では収集できない情報もゲットできました。これから、今回のタイ旅行でゲットした最新情報を発信していきます。
そこで本日は、これから書こうと思う情報をピックアップします。後日、詳しくブログにまとめますので、興味のある方はどうぞ。ブログアップはフェイスブックページで告知しますので、よろしかったら「いいね!」お願いします。


12/1-12/6バンコク・パタヤでゲットした情報

個人旅行とは違い、団体旅行ならではの情報が沢山入りました。複数名でタイへ行く際の参考にして頂けたらと思います。

そこで、これから書こうと思う内容を紹介します。

ANA深夜便の機内食について

今回は羽田-バンコクの往復とも深夜便を利用しました。行きのフライトが0:30羽田発NH849便、帰りのフライトが22:55バンコク発NH850便でした。深夜便の機内食ってどうなってるの?って気になる方へレポートします。

ANAの羽田-バンコク深夜便の機内食。搭乗前の食事がおすすめかな。
※2017年12月8日追記

タイで比較、イモトのwifiとタイAISのシム

今回の旅行での通信機器は2種類を使いました。私は日本でタイのシムを購入したのを利用し、他の人はイモトのwifiを4日間契約して利用してました。実際に利用して見た際の使い勝手などをレポートします。

実体験!タイでのスマホ、「イモトのwifi」と「タイAISのシム」を比較
※2017年12月9日追記

バンコクの定番観光地、ワットポーとワットアルン

バンコクの定番観光地であるワットポーとワットアルンを見てきました。ワットアルンの改装後に初めての訪問であり、早朝到着からの観光も初めてでした。早朝観光の良かった点と悪かった点を紹介しようと思います。

タイのマッサージ店レポート

バンコクで1店舗、パタヤ2店舗でマッサージを受けていました。3店舗とも、今まで行ったことない店舗でした。いつものように、詳しくレポートします。パタヤでは今まで受けた中で一番良かったと思うグループ店舗に行きましたが、やはり最高でした。

バンコク・エカマイでタイマッサージ in ヘルスランド
※2017年12月14日追記

パタヤでタイマッサージ in Queenマッサージソフィア
※2017年12月15日追記

パタヤでタイマッサージ in パタヤオアシススパ(Pattaya Oasis Spa)
※2017年12月17日追記

3度目のアユタヤ観光

今までに、個人で1回、友人複数人で1回と過去2回アユタヤ観光に行ったことがありました。そして、今回3回目のアユタヤ観光をしてきました。その中で、今回が一番良かったので紹介したいと思います。

⇒「おすすめのアユタヤ観光ツアー」※2018年4月4日UP、4回目も行ったので併せて紹介します。

意外と美味しかったアユタヤのロティサイマイ

「アユタヤの方に美味しいお菓子がある」とは聞いてましたが、タイ好きになって20年間は食べたことがありませんでした。今回のアユタヤ観光では、そのお菓子ロティサイマイの作るところを見れるコースにしました。実食を含めレポートします。

「ロティ」じゃなく「ロティサイマイ」が美味しかった件
※2017年12月19日追記

バンコクでグルメ。ステーキを食べました。

バンコクスクンビットソイ11の奥の方にあるEl Matador Steakhouseで熟成肉を食べてきました。かなり良いお値段しましたね。こちらでの実食レポート。うーん、ちょっとコスパ悪いかなってお店。高かったですね~

バンコク・スクンビットでステーキ食べたけど、、高かったなぁ
※2017年12月19日追記

バンコクのロイヤルプレジデントホテルについて

バンコクのホテルはロイヤルプレジデントホテルを利用しました。私が利用するのは2回目になります。朝食などを含め細かくレポートします。個人的にはコスパの良いホテルかなと思いますが、気になるところもかなりありましたね。

バンコクのホテル in ロイヤルプレジデント
※2017年12月10日追記

タイのパーキングエリアについて

バンコクからパタヤへの移動はワンボックスを2台チャーターしました。移動の際にパーキングエリアを利用しましたのでレポートします。以前利用したのは19年前でしたが、一つの街みたいになってました。

シラチャータイガーズー観光

バンコクからパタヤ移動の途中で、シラチャーにあるタイガーズーへ行きました。虎動物園は初体験でしたが、虎をはじめ、象、ワニ、豚など楽しめました。虎とワニのショーが面白かったですね。でも、怖がりな私は虎との撮影は避けました。苦笑

タイ・シーラチャータイガーズーが面白かった件。※写真多め
※2017年12月26日追記

パタヤのインティメイトホテルについて

パタヤ滞在に利用したのはインティメイトホテル。ほぼ、セカンドロード沿いにあり、ウォーキングストリートやLKメトロには歩ける範囲の立地。朝食も含め詳しくレポートします。フロントの対応も良く、心地よく過ごせました。

パタヤのホテル in インティメイトホテル
※2017年12月11日追記

パタヤウォーキングストリートのシーフード料理店ナンヌアル

以前は美味しいと評判だったシーフードレストランのナンヌアル。いろんなお店ができたり紹介されるようになって、日本人も少なくなったのかなと思いますが、意外と楽しめたお店でした。まぁ、一度は行ってみても良いかと思います。

ラン島でビーチを満喫!モーターボートチャーターしました。

今回もラン島にてビーチリゾートを楽しみました。今回は9名というのもあり、ラン島往復はモーターボートをチャーター。サマエビーチでのんびり過ごしたり、ジェットスキーを楽しんだり、拳銃を撃ったりとみんな楽しみました。

タイラン島でビーチを満喫!モーターボートチャーターはおすすめ
※2017年12月28日追記

明日から、少しずつブログに残そうと思います。いつもは団体が苦手で個人旅行を選ぶ私ですが、今回はかなり楽しめました。というより、いろんな事件を起こしてくれるのが楽しかったですね。

お釣りをもらい忘れたり、ありえない額のチップを払ったり、ピンポン玉を散財したり・・。それでも笑って過ごしている人たちだから楽しめたのかもしれません。人によっては「ありえない!」と思う旅行かもしれませんが、楽しみ方は人それぞれだなぁと。

いろんな楽しみ方があるのがタイ!だから魅力的なんですよね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
今回、一人の散財っぷりは凄かったな。。トゥクトゥクに1000バーツ払ったり、ロングをショートで返したり、チップに3000バーツ渡したり、、最後は持ち金が120バーツだけになってたし。。いろんな人がいるもんです。

帰りの際に1人が30キロ近くになってたが、何とか言って追加料金を払わなくて済んだ。。でも、面倒だから範囲内にするのが一番だと思う。

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ


参加中☆ポチっとお願いします。

 

 

ここ最近ラン島で捕まった犯罪を整理してみた。みなさん気をつけましょう!

タイで気軽にいけるビーチとしてオススメしたいのがパタヤビーチ。バンコクから車で2時間で到着しますし、バスを利用すると安く行けます。シーフードを海を見ながらお洒落なレストランで楽しめたり、夜遊びとなると、ゴーゴーバーやバービアがひしめき合っています。バンコクとは違った楽しみが多くあり、その手の遊びをしたい方にはパラダイスのようなところになります。
そのパタヤでも、私がおすすめしたいのがパタヤから船で渡るラン島。正直、パタヤビーチの海は江ノ島の海と比べたら泳いでも良いかな程度です。透明ではありませんし、決して綺麗な海とは言えません。でも、たった30分の違いのラン島の海は綺麗です。どうせ泳ぐなら、ラン島へ渡ってビーチを楽しむのがオススメ。前回も楽しかった!「名古屋からタイパタヤ旅行⑥~ラン島サメービーチ~
しかし、ここはタイのビーチ、いろんな犯罪が起きています。本日はラン島で犯罪に巻き込まれないように、ここ数年にラン島での犯罪や事故をいくつかあげてみます。巻き込まれないよう注意しましょう。

日差しを避けるため、海から二列目に陣取りました。

透明度のあるラン島のビーチ

続きを読む

バンコクから日帰りビーチリゾートを楽しみたい方へ

バンコク旅行でビーチを楽しむ

タイ・バンコクのパッケージ旅行のほとんどは3日~5日間のものが多く、フライトスケジュールにもよりますが、バンコクで過ごせる時間は2日~4日間のプランになります。正直、バンコクだけを観て回るにも短いですし、もしオプションでアユタヤなどを選択したら、余裕なく予定でぎっちり埋まってしまいます。
ただ、せっかく南国タイに来たのだから「ビーチも楽しみたい」そんな方も多いはず。プーケットやサムイ島は厳しいですが、バンコクから陸路弾丸スケジュールでそれなりに楽しめそうなツアーがありましたので、ご紹介したいと思います。

日差しを避けるため、海から二列目に陣取りました。

ラン島もビーチによって雰囲気が全く違う。できたら中国人は避けたいと思ってしまう私。

続きを読む

タイ・バンコクとパタヤで射撃を楽しむには

 私が射撃をしたのは、20年以上前にハワイでやった室内射撃。その時は「実弾を撃ってみたい」気持ちが強く、かなり緊張していたのを覚えている。そして説明を聞いて、実際に撃ってみると・・全く撃った気がしない。
まるでモデルガンを撃っているような感覚で、おもちゃ?と感じたのを覚えてます。

 こんなものかと思った感想が今に続き、拳銃を撃ってみたいという気持ちには全くならなかったが、来月に友人3人のうち2人が初タイなので、彼らの一人が射撃なんかもしてみたいと言うので、バンコクとパタヤで拳銃が撃てるところを調べてみた。ちなみにタイでの拳銃所持は以前のブログをご参照下さい。

ライフルは撃ってみたいかも。

ライフルは撃ってみたいかも。

まずはバンコク。調べて一番メジャーっぽそうなのが「タイ軍射撃場」。
http://bangkokshooting.com/
webページはタイ陸軍公認の旅行会社のサイト。こちらの旅行会社にお願いすると、日本語ができるスタッフが一緒について行ってくれて、銃の扱いなどを説明してくれるそうな。サラデーン駅近くにあるオフィスが集合場所らしく、そこからバンコク市内の陸軍基地に連れて行ってくれるようです。
撃てる拳銃はハンドガン、ライフル、ショットガン、M16。個人的にはショットガンやってみたい。
料金:3000バーツ 50発(38SP/9ミリ/45口径)
※銃レンタル、レシーバー(防音イヤホン)レンタル、 デモンストレーション、車送迎、ドリンク、 的紙(射撃後お持ち帰り可能)などが含まれるようです。

もう一つバンコクの「BKKシューティング」
http://csat-bangkok.com/index.html
こちらはタイ警察絡みの施設っぽいです。バンコク市内から約30分位のところで、送迎があるそうです。ローラや北陽の伊藤さん虹川さんがロケで行って既に放映されてました。特徴としてはレディースセットやマスタープロセットなどセットメニューが充実。22口径ライフル、45口径オート、9ミリオート、38口径、ショットガンなどが撃てるようです。
料金:2500バーツ 30発(38口径)
※施設利用料、拳銃使用料、ターゲット代、インストラクター料金、送迎(市内)などが含まれるようです。
※セット料金のマスタープロ料金は9900バーツ。様々な銃で合計220発撃てるセットになってました。こんなに撃ったら疲れるだろうに・・・

今回の旅行はパタヤ中心。パタヤで調べてみるとメジャー(あくまでも私見です)っぽいのが「ティファニーズ」。
http://www.tiffany-show.co.th/
セントラルパタヤからノースパタヤに向かう途中のパタヤセカンドロード沿いにあります。タイのオカマショーとしては有名なお店に併設されている射撃場。2009年に「はるな愛」がクイーンに選ばれた会場でもあります。
料金:2800バーツ※2013年情報になります。多分上がってると思う。

そして、今回時間があったら行ってみようと思うのがパタヤラン島の射撃場。調べてみると、どうやらラン島の真ん中辺りにあるようなので、レンタルバイクが良さそう。。さらに詳しくって思ってみたが、調べてみても情報があまり出てこない。どーやら、ラン島まで行ってビーチから離れて射撃に行く人って少ない。

確かに、ラン島に行ったらビーチでのんびりしたいもんな。射撃ならパタヤでできるし。。。と言うことで、もし射撃するとしたらパタヤですることにしました。レンタバイク借りたら写真だけは撮ってこようと思います。

タイで射撃に興味ある方はどうぞ。