2016年8月タイのテロの地域を整理してみた。

昨年8月、タイ・バンコクのエラワン廟で爆発テロが起きたのは覚えている方が多いと思いますが、残念なことに今年もタイにおいて爆発テロが起きてしまいました。昨年、エラワン廟での被害者は中国人とフィリピン人を含む外国人4名を含む20名が死亡し負傷者は約125人以上にのぼりました。今回のテロに関しては、2016年8月12日現在で4名死亡、外国人を含む35名が負傷したとあります。
まだ、今回の事件背景は不明ですが、タイが好きでタイに行きたい人にとっては、今回はどの辺りでテロが起きたのか?そして、その地区はどのような人たちが多いのか?は気になるところ。テロが起きた地域を整理してみました。

2016テロ

2016年8月爆発テロが起きた場所と時間

同一犯行グループだと言われている今回の事件ですが、爆発テロが起きた場所と時間を整理してみました。

・2016年8月11日15:00 トラン県
死亡1名、負傷6名

・2016年8月11日22:15 プラチュアップキリカン県(ホアヒン)
死傷者なし

・2016年8月11日23:00 プラチュアップキリカン県(ホアヒン)
死亡1名、負傷21名

・2016年8月12日7:45 プーケット県
死亡0名、負傷1名

・2016年8月12日8:00 スラタニ県
死亡1名、負傷3名

・2016年8月12日8:30 スラタニ県
死傷者なし

・2016年8月12日8:45 プーケット県
死傷者なし

・2016年8月12日9:00 パンガー県
死傷者なし

・2016年8月12日9:00 プラチュアップキリカン県(ホアヒン)
死亡1名、負傷3名

立て続けに起きました。この事件の多くが、即席爆発装置(IED)を携帯電話で遠隔起爆させるタイプのものだったそうです。多くの死傷者が出てしまい、とても残念に思います。
また、12日にタイ南部にあるナコンシタマラート県、クラビ県で商業施設の火災もこれらの事件と関連があると発表されました。

まだ、原因が究明されておりませんが、これらが起きた県は反タクシン派が多い地区とされております。今月初旬に国民投票があったばかりで、タクシン派が行ったのではという見方もありましたが、タクシン派は反論をしているそうです。

また、マレーシア国境近くの南部ではイスラム武装勢力との衝突テロが続いており、これらと関連するという見方もあります。

テロに対して思うこと

どのような原因にしても、当事者でなく第三者が被害にあうことが悲しく思えます。そして、全く関係ないと思っていても、テロを実行する人達にとっては関係ある人だと思われているのことが恐ろしく思えます。

日本でおきた世界最悪と言えるテロのサリン事件のように、国に属しているものがターゲットにされることがあります。テロに対する態度を強硬にすれば、その分のリスクが生まれる。どこかで妥協点を見つけれる努力を当事者間で行って欲しい、そう切に願います。

暴力にしか訴えられない状況を生まないように、人間がもっている素晴らし能力「会話をする」で、共存できる社会を作って行きたい。その為に、権力をもっている方が努力を惜しまないで欲しいです。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
ここ数年バタバタしているタイ。私もいろんな情勢時にタイへ行ってますが、関係ない場所では日常が繰り返されていたりします。政治家さんは、ひとりでも多くの人が笑顔で暮らせる国を作って欲しいと思います。その為に、私は選挙に必ずいこうと思っています!

タイに関する相談はお気軽に♪

タイ語でやりとりするのに便利!


参加中☆ポチっとお願いします