タイでの挨拶「ワイ(ไหว้)」について

タイのワイ(挨拶)を間違って使わないようにね。

おは!です。今朝から一段と寒くなった湘南地方で,ストーブの前から離れられないタイウニです。マジで寒い。

さて本日は、タイでの行儀作法のワイについて。

ワイとは、 タイ人が日頃から挨拶で行っている、相手に向かって合掌して挨拶をすること。

日本人がする合掌とは意味合いが違ったりします。間違って使わないように注意したいところですね。

続きを読む

移動式トゥクトゥクビアバー♪日本の法律では・・

日本にあったら良いな!トゥクトゥクカフェ&ビアバー♫実際に許可を取るには・・

おは!です。アマゾンでタイのシムを購入し、着々と月末プーケットの準備をしているタイウニです。タイでのスマホはタイのシムがおすすめ!「実体験!タイでのスマホ、「イモトのwifi」と「タイAISのシム」を比較

さて本日は、バンコク・プラカノンで見つけた移動式カフェ&ビアバーについて。

BTSプラカノン駅降りてすぐのモールで、トゥクトゥク式のカフェ&ビアバーを見つけました。

エールビールが数種類あり、昼間からビールを楽しんじゃいました。そこでビールを飲みながら、これが日本にあったら良いなって。。

これを日本に持って帰って商売できないか?とマーケットと法律を調べてみることに。うーん、いろいろ制約があるようで厳しそうなんだな。

2

続きを読む

バンコクのファミマにセガフレードが入ってた。

スクンビットにファミマ&セガフレードの店舗があった。

タイのコンビニは、ほぼセブンイレブンの一強体勢になっています。タイ人がコンビニを表現するのに「セブン」とか言いますからね。
コンビニ数をタイと日本で比較。圧倒的シェアのコンビニはあそこ。

2番手には日本のコンビニであるファミマですが、1位とは圧倒的な差があります。かなり苦戦をしているようで、2016年末までに1500店舗目標としてましたが、2018年6月段階では1099店舗と伸び悩んでます。

そんなファミマですが、バンコクで見かけたら立ち寄るようにしてます。だって、日本のコンビニですからね。

本日は、バンコクスクンビットで、ちょっと魅力的なファミマがあったので紹介します。そのファミマは店舗内にセガフレードがあり、イートインができる店舗。相変わらず、セガフレードのコーヒーは美味しかったぁ。

2

続きを読む

ここ10年の最低賃金、タイと日本の推移を比較

タイのニュースをチェックしてたら「全国一律の最低賃金引き上げに民間部門が難色」とありました。昨年末、タイでは2018年から1日当たりの法定最低賃金を最大で5%引き上げることが賃金三者委員会(労働者、雇用者、政府の代表)で意見が一致しました。しかし、今年に入り調整をする段階で中小企業や農業関連ビジネスではスグに対応が厳しいと難色を示したそうです。
本日は、ニュースにもあったタイの最低賃金についてまとめてみようかと。同時に、日本の最低賃金の推移と比較してみようと思います。タイの政情によって、めっちゃ上がっている年とかあるんですよね。

8f0132558c7a57122dec6519c2ce078d_s

続きを読む

コンビニ数をタイと日本で比較。圧倒的シェアのコンビニはあそこ。

本日10月13日は、タイではラマ9世(プミポン元国王)記念日になります。昨年、崩御なさった日になります。葬儀は今月25から29日に行われます。王宮付近は交通規制などがありますので、ご注意下さい。
さて、本日はコンビニについてタイと日本を比べてみようと思います。日本ではコンビニというと、いくつか店舗名が出てきます。代表的なのが、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン。この3店舗は日本で1.2.3位のシェアになります。では、この3店舗はタイでのシェアはどうなっているのか?それぞれの店舗数をタイと日本で比べてみました。やはり、タイではあの店舗が圧倒的シェアでした。

6298bd8b031c50d89fe98285bec5ee7e_s

続きを読む