タイと日本の面積・人口を比較。東京とバンコクの人口密度は?

ども!タイウニです。

本日は、タイの面積について。

タイの国土は日本と比べてどのくらい?人口密度は?という人へ。

タイの面積と人口の多い県ランキングを紹介します。

タイ・バンコクにはタイ総人口の1/5が集中していました。

スポンサーリンク

タイと日本の面積・人口を比較。東京とバンコクの人口密度は?

バンコク

タイの正式名称は、タイ語で「ราชอาณาจักรไทย(ラートチャアナーチャックタイ)」。

ラートチャが「王」、アナーチャックが「領土」の意味。

一般的には、「ประเทศไทย(プラテートタイ)」とか「เมืองไทย(ムアンタイ)」とか言われています。

日本からタイまでの距離は2868マイル(約4515.59キロ)。

日本からハワイまでが約6000キロだから、ハワイより近い南国とも言えます。

本日は、そのタイ王国の面積と人口を日本と比較してみます。

タイと日本はどちらが広いのか?人口比率はどれくらい違うのか?

タイの基本知識を知っておくと、タイのことがより深く分かるようになりますよ。

タイの国花はこちらをどうぞ♪

タイと日本の面積

タイランド

まずは、タイと日本の面積を比べてみます。

タイ513,120K㎡
日本377,900K㎡

タイの面積は、日本の面積の約1.4倍。

面積の差が135,220K㎡だから、北海道+青森県+岩手県+秋田県+宮城県分の差がある。

これって、かなり広いよね。

世界ランキングで言えば、1位ロシア、2位カナダ、3位中国、50位タイ、62位日本

タイはスペインと同じような広さで、日本はドイツと同じような広さになる。

タイと日本の県面積ランキングベスト5

次に、日本とタイの県別での面積はというと。

上位ベスト5

タイ日本
1位ナコーンラーチャシーマ県北海道
2位チェンマイ県岩手県
3位カーンチャナブリー県福島県
4位ターク県長野県
5位ウボンラーチャタニー県新潟県

タイで一番広い県がナコーンラーチャシーマ県20,494K㎡、日本は北海道で78,421K㎡と、やはり北海道はデッカイドウとなる。

ちなみに、タイ1位のナコーンラーチャシーマ県はこちら

コーラートとも呼ばれる、タイ東北地方の県の一つ。

タイ東北地方への入口としての役割を担い、カオヤイ国立公園とタップラーン国立公園の2つの国立公園を有する。

ちなみに、タイの一番狭い県はサムットソンクラーム県。

ホアヒンへ行く途中の県ですね。

日本は香川県です。

少しでもタイ語を学ぶとタイ旅行が全く違ってくる!体験2ドルから学べます♪

500万人以上が使っている!オンライン言語学習ツール【italki】

タイと日本の人口

バンコク

タイと日本の面積も分かったところで、次は人口。

タイ65,730,000
日本126,180,000

※1000人以下は切り捨て
※タイは2015年データ、日本は2019年データ

データの年度が違うので、少し比較しづらいですが、タイの人口が増えているにせよ、約半分くらいの違いがある。

日本は、タイに比べると国土が狭くて人口は多い。

タイと日本の県人口ランキングベスト5

それでは、タイと日本の県別の人口数ランキングベスト5。

タイ日本
1位バンコク都東京都
2位ナコーンラーチャシーマ県神奈川県
3位ウボンラーチャターニー県大阪府
4位コーンケーン県愛知県
5位チェンマイ県埼玉県

バンコク都が約5,696,000人で、東京都が約13,942,000人となっている。

しかし、タイ・バンコクのデータは地方から出てきてる人数は考慮されていなく、バンコク周辺を含めると14,000,000人になる。

つまり、タイ総人口の約1/5がバンコク周辺に密集していることになります。

ちなみに、一番少ない県はラノーン県。

陸路でプーケットへいく途中にある県。

日本は鳥取県です。

タイと日本の首都(バンコク・東京)を比較

最後に、タイと日本の首都であるバンコクと東京を比較してみると。

バンコク東京
面積1,569k㎡2,194k㎡
人口5,696,000人13,942,000人
人口密度3,6306,354

この数字から見ても、東京って異常だなと思う。

人口密度から見ると、めっちゃ人混みの東京ってイメージになる。

参照:「世界の「内田クレペリン検査」とタイ進出情報」、「都道府県人口・面積・人口密度ランキング

タイ語が話せないならコレが一番♪

まとめ:タイと日本の面積

実際にバンコクへ行ったら、人の多さに驚く人もいる。

ただ、この比較を見ると、東京に比べたら過ごしやすいともいえる。

バンコク周辺に、タイ総人口の1/5が集中しているので、それ以外の県はのんびりしているんだろうなとも。

一度は、タイの田舎へ行ってみたい。そう思えたデータでした。

タイの田舎周りをしてみる、そんな旅も面白いかもしれませんね。

みなさんのタイ旅行が素晴らしいものになりますように。

ブログ更新情報はtwitterで発信中♪フォローお願いします。
https://twitter.com/uniuni7

タイトルとURLをコピーしました