【タイ語】食事の時に使う「五つの味」

食事をする時に、味を表現することは良くあります。

本日は、「どんな味なの?」と質問された時に、答えるのに必要な基本の表現四つを紹介したいと思います。この表現をマスターしたら、タイ人に日本料理の味も説明できちゃうので、基本五つを覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

タイ語の「五つの味」

【日本語】【タイ語】【発音】
1.辛い(からい)เผ็ดペッ
2.甘い(あまい)หวานワーン
3.すっぱいเปรี้ยวプリアオ
4.しょっぱいเค็มケム
5.苦い(にがい)ขมコム

発音のコツ

1.「ペッ」は下げる声調。「カトちゃんぺ!」だと上がってしまうので、同じような発音だと通じませんのでご注意下さい。
2.「ワーン」は下がって上がる声調。グリーンカレーのゲオキオワーンのワーンは、このワーンと同じになります。
3.「プリアオ」は上がって下がる声調。縮めて発音するようにすると言いやすかもしれません。
4.「ケム」は平音です。まっすぐ平らに発音しましょう。
5.「コム」は下がって上がる声調。

※声調は「タイ語の声調」を参照下さい。

ちょっと応用

タイ料理店で「ペッ マイ」と聞かれたことがある人は多いと思います。
「ペッ」=辛い、「マイ」=疑問、になりますので、「辛くする?」と聞いています。以前のタイ語ブログにも書きましたが、その答え方は以下を使うことができます。

【日本語】【タイ語】【発音】
辛くしてเอาเผ็ดๆアオ ペッ ペッ
普通にしてธรรมดาタンマダー
辛くしないでไม่เอาเผ็ดๆマイ アオ ペッ

料理の味を簡単に表現するタイ語を紹介しました。もっと、いろんな表現がありますので、またの機会に紹介していきます。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
タイ料理食べる時に使うのが、ペッとワーンが多いかな。多くの場合がこの二つで事足りることが多いです。それを考えると日本料理って奥が深いと思うんですよね。

タイに関する相談はお気軽に♪
タイ関連商品の調査・マーケティングも承ります。

タイトルとURLをコピーしました