初心者がタイ語の声調を覚えるには?どこまで必要

ども!タイウニです。

本日は、タイ語の声調について。

タイ語の声調って何?どうやって覚えたら良いのという人へ。

タイ語学校に通ってたタイウニが、タイ語の声調について紹介します。

が、、私は完璧には覚えてませんww

かなり気合をいれて、タイ語を勉強したい人向けかなと。

その辺りを含め、タイ語はどのくらいまで覚えれば良いかを紹介します。

タイ語の勉強方法はこちらでまとめました。

スポンサーリンク

タイ語の声調とは

声調とは、音を上げたり下げたりすること。

日本語の「はし」は、箸・端・橋で上げたり下げたりして変わります。

これと同じようなのがタイ語にあります。

タイ語の場合は、5パターン。

タイ語声調図

1.平声(→)地声で抑揚なしに平らに出す音。
2.低声(↓)地声より低い声で出す音。
3.下声(↑↓)地声よりやや高いところから尻下がりに低い声で出す音。
4.高声(↑)地声より高いところからはじまり尻上がりに高い声を出す音。
5.上声(↓↑)低いところから尻上がりに出す音。

この声調を上手く言えれば、タイ語が綺麗とか言われる。

日本語も同じで、外国人のイントネーションが違うと変に聞こえる。

私がタイ語学校へ通っいて、一番難しいと思ったのが「声調」。

だって、日本語にはない3と5のような上げて下げるとか、下げて上げるとかがあるから。

当然、これによって意味も変わってきます。

タイ語の声調による意味の違い

例えば、「マー」や「ナー」。

これらは、声調によって意味が変わる。

「マー」の場合

1.マー(→) 来る
2.マー(↑) 馬
3.マー(↓↑) 犬

声調によって、「来る」「馬」「犬」の意味に分かれる。

タイ語で、「彼が来る」と言いたいのに、「彼が馬」とかになってしまうってこと。

「ナー」の場合は、

1.ナー(→) 田
2.ナー(↑↓) 顔、表面、ページ
3.ナー(↑) おじさん、おばさん
4.ナー(↓↑) 厚い

これまた意味が全く違ってくる。

タイ語は、抑揚があって綺麗な言葉と入れることがあるが、この声調によるものだと思う。

ただし、聴くと話すとでは全く違うので、声調を覚えることが大切です。

初心者がタイ語の声調を覚えるには

そこで、タイ語を全く知らない初心者がどうやって覚えるかというと。

4段階で覚えること。

1.タイ語の子音と母音を覚える

タイ語のアルファベット42の子音と、それにつく母音を覚えなければならない。

子音は、ก、ข、คとか、母音は、อั、อิ、อูとか。※อの上や下についているのが母音

子音+母音の組み合わせでの読み方を覚えます。

2.声調符号を覚える

声調符号4つ、 ่、 ้、 ๊、 ๋を覚える。

上記の子音+母音+声調符号で読み方が決まります。

3.タイ文字の字類(高字類、中字類、低字類)を覚える

1で紹介した子音を、高字類、中字類、低字類に分類したものを覚える。

4.字類+声調符号のパターンを覚える

高字類+ ่のようなパターンがあるので、これを覚える。

1、2、3、4を覚えて、タイ文字の読み方が分かります。

前段でも書きましたが、声調が違うと意味が変わります。

タイ語が読めるとは、この声調をいれてのことになるので、この部分は必須ですね。

ちなみに、私は3で挫折。

ただでさえ、見慣れないタイ文字を覚えるのがやっとで、それを三つの分類にするなんて。。無理w

英語の勉強でも、発音だけは苦手だったのでね。

タイ語の発音は、聞いて覚えることに特化しました。

まとめ:タイ語の声調

本日は、タイ語の声調について紹介しました。

タイ語をマスターしたい!そのような方には、ここは必須です。

声調が上手く言えないと、愛しているをタイ語で「ポムラックター」と表現しても。

相手が、??ってなったら寂しかったりする。。

だから、最低限の声調は覚えておきたいところ。

タイ文字を覚える時は、アルファベットを覚えると際に高字類、中字類、低字類を分けると良いですね。

ただし、語学勉強が得意じゃないと大変です。

私は、途中で挫折しましたから。

タイ語をどこまでマスターしたいか?によりますが、話す程度なら数回チェックしてもらうだけで充分。

出来る限り、タイ人と話す機会を増やすことをおすすめします。

気になっている子に話しかけたら、「??」とかされないようにね。

簡単な発音だけでもチェックしてもらうと会話が成り立ちますよ。

みなさんのタイが素晴らしいものでありますように。

タイ語を基礎から学ぶにおすすめ♪

ブログ更新情報はtwitterで発信中♪フォローお願いします。
https://twitter.com/uniuni7

タイトルとURLをコピーしました