タイでのタクシートラブル

タイのニュースで「タクシーターボが摘発され、タイのタクシー運転手が逮捕された」とありました。タクシーターボとはタクシーメーターが上がりやすいように改造したもので、ハンドルの横とかに付けられているボタンを押すと上がる仕組みになっているもの。タクシーメーターの改造業者はバンコクとかに多く存在するらしく、かなり多くのタクシーが装着をしているとか。特に違法メーターを装着しているタクシーが多いのが空港だそうです。はじめてタイに訪れた人は相場観がわからない観光客をターゲットにしているようです。

写真:Suvarnabhumi Airport
写真:Suvarnabhumi Airport

確かに、私も空港からバンコク市内に行くのにタクシーを利用した時に、いつもより100Bくらい多い時が一度だけありました。日本からタイに着いたばかりでしたし、早くホテルにチェックインしたかったので、もめることもなく払いましたが、何となく気分が良くなかったのを覚えてます。
タイでのタクシー乗り方の注意点は以前にまとめましたのでご参考にしていただければと思います。
本日は、今までにタイで実際に体験したタクシートラブルを書きます。と言っても、トラブル率はタクシー利用総数の内2.3件ですので、実際は総利用の2%以下になるかと。思ったより少ないんですよね。しっかり確認してタクシーターボの被害を入れたらもっとあるでしょうが、「高いな」と思ったのは数回だけで、あきらかにってのは数回程度です。これはトラブルにはいれないことにします。

1.タクシー運転手と口論
午後4時頃、サラデーンからアソークに向かう時にタクシーを利用した時です。いつも通りにタクシーを止めて行き先を伝えて乗車したところ、運転手がメーターを下ろさないので「下ろしてくれ」と依頼したところ、「200バーツだ」と言ってきたので「メーターはダメか?」と言っても聞かない。通常なら100バーツするかしないかのところなので、「降りる」と伝えてドアを強めに閉めたた、運転手が怒って出てきてタイ語で膜し立ててきたので、こちらもすかさず日本語で反論。何を言ったか聞き取れないし、こちらも何を言ったか覚えてません。結局、後ろから来たタクシーに乗りました。
反省としては、最初にメーターで良いか?の確認をすべきだったかも。っても、今までは、交渉の場合は行き先を伝えたら金額を行ってきたのに、この場合は数百メートル走ってからだったので頭にきました。でも、今思うと相手が拳銃とか持ってなくて良かったです。こんなトラブルで死傷事件が多いんですよね。

2.運転手が場所わからずメーターだけ上がる
夜8時頃、スクンビットからソンブーンのラチャダー支店に友人と行くのに利用した時。ソンブーンは知っているだろうと油断したのが間違いでした。ラチャダーは思ったより混んでいて、なかなか進まず、そろそろかな?と思って周りを見回したら、ソンブーンが横にあって過ぎるところ。運転手に「ここだよ!」と言うと、運転手の言い訳が「ボケっとしてて過ぎちゃった」。一方通行だったので回ってから入ると言われ、かなり遠回りをしながらお店に着いてタクシー料金を払った時に細かいバーツまで請求してきた時に、私の友人がぶち切れてしまった。通常なら着いたであろう金額のみ払って終わりました。運転手も渋々了承した感じでした。

この他は、タクシーターボだけかな。タイでは100以上タクシーを利用してますが、2回のみ。少ないですよね?まぁ、少ない理由としては危ないタクシーには乗らないってのを基本にしてるのもあると思います。

・停車していて言い寄ってくるタクシー
・行き先を伝えたら金額を交渉してくるタクシー

少なくとも、この二つには乗らないようにしてます。どうしようもないときは、諦めて動かにことにしてます。ですが、焦らなければ気持ちよくタクシーに乗れることが多いです。タイでの移動は時間に余裕をもって動くのが気持ちよくタクシーに乗れるコツかもです。

それと何度も書きますが、女性一人でタクシーは十分に気を付けて下さいね。
女性が一人でタクシーに乗車する時の最低限の注意
・運転手の後ろに座る
・携帯などをチラつかせて、直ぐに連絡できると意思表示する
・ドアロック状態を確認しておく
・できたら護身用の何かを持っておく

タイトルとURLをコピーしました