バンコクではタクシーが便利

ここ数年でバンコクの移動手段がかなり増えました。

BTS、地下鉄、バス、バイク、最近では専用車線を走るバスもできました。でも、以前から一番便利なのはタクシーだと思います。

DSCF0503

 

自分もバンコクに行ったら必ず利用します。初乗り35バーツってのが嬉しいですもんね。歩かなくて良いし、暑くないしね。

そんなタクシーを乗る時の注意点を簡単にまとめておきます。いつものことですが、タイフリークの方はスルーして下さい。

1.止め方
タクシーを見つけたら手を斜め下に向けて指差すイメージ。日本だと手を上げますが、タイでは手を下げます。手をぴょこんと出せば止まることが多いです。

2.まずは行き先を伝える
止まったと思ったらスグ乗り込むのはやめた方が良いと思う。バンコクでは乗車拒否されるケースも多いので、乗ってから行き先を伝えたら200バーツとか言われることもあります。元々、交渉制のタクシーばかりだったので仕方ないと。なので、助手席を空けて行き先を伝えてからOKをもらい乗り込んだ方がお互い気分を害さなくてすみます。ちなみに、自分は乗った後に交渉されて大喧嘩になったことがありました。

3.勧誘は断りましょう
どこへいくの?マッサージはどう?買い物は?などと聞いてくるタクシーがいます。もちろんそこへ連れて行けばタクシーの運転手にバックマージンが入ります。油断させてからいろんなことをされることが多いので、しっかり断りましょう。

4.女性一人は十分に注意して
地方からバンコクに出稼ぎに来てタクシーの運転手をやっている人も多くいます。去年、タクシーからみでドイツ女性一人旅の悲しい事件もありました。タイは東南アジアだってことを忘れないで慎重に行動して欲しい。

5.繁華街、観光地で止めてるタクシーはスルーで
パッポンやタニヤの入り口、ワットプラケオやワットポー周辺で客待ちしているタクシーは交渉&ボッタクリ率が高いのでスルーした方が無難です。時々、メーターOKが出ますが、必ず勧誘が来ます。車の往来しているところに行けばタクシーはたくさん走ってますから、そこまで出てタクシーを拾った方が無難。乗った後も怪しいと思ったらスグ降りることをオススメします。

6.雨が降ったらつかまりにくい
これは日本でも一緒ですが、雨の中は誰も歩きたくないのでタクシー乗車率が高くなります。そして渋滞も。雨が降ったら気長に探しましょう。

とても便利なので、タクシーをうまく使って時間を有効活用してタイを楽しみましょう。

 

ランキング参加中☆
↓↓ポチっとお願いします。

タイ旅行 ブログランキングへ

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

【タイ語】しかし、品物(物価)が高い。

~、しかし~です。逆接に使う表現。

よく使い表現ですよね。

良いこともあります。しかし悪いこともあります。

 

今日のタイ語は「しかし、とても品物(物価)が高い。」

แต ของ แพง มาก
テー コーン ペーン マーク

 

東京を表現する時に使いますね。

住みやすいけど物価が高いとか。

東京でタイ語学ぶなら泰日文化倶楽部まで

ランキング参加中☆
↓↓ポチっとお願いします。

タイ語 ブログランキングへ