バンコク各所にAED設置されるそうな。使い方覚えておきましょ。

タイ情報をチェックしてて気になったのが2つ。1つは「アイコス(電子たばこ)のタイへの持ち込みについて」、これ違法だと知ってますか?以前のブログ「タイではダメ!「水タバコ」そして「電子たばこ」」でも書きましたが、違反したら最高で10年の懲役、または50万バーツの罰金のいずれかが科せられます。個人の使用目的でも違反になるので、十分に注意をしてください。
そして、もう1つが「バンコク各所にAED設置へ」というニュース。政府機関、公園、スポーツ施設、鉄道の駅、デパートなどに置かれる予定で、まずはバンコクのユースセンターや公園に200個が設置される予定になっているとありました。
実は、今年に入り私個人に「AEDを使えたらな」と思うような事がありました。知っておいて損はない、命を救えるかもしれないAEDについて、使い方などを残そうと思います。

f0b60682b677c8618f52592b5650ac67_s

AEDとは

wikiによると、自動体外式除細動機、つまりAED(Automated External Defibrillator)とは、心停止した際に、自動的に機器が心電図解析を行い、自動的に除細動(不整脈の治療で、電気や薬の刺激で外部から力を加え、正常な電気信号経路へ改善を促す方法)を行うもの。機器による操作が自動化されているので、一般市民でも使用できるよう設計されています。

以前、日本では医師しか使用が認められてなかったが、救急救命士に使用されるようになり、2004年から一般市民にも使われるようになりました。2006年頃から公共交通機関でのAED設置が進み、都営地下鉄全駅、東海道新幹線全駅に設置されました。

日本で販売されている商品は、フィリップス、フクダ電子、レールダル、日本光電、株式会社CU、オムロンヘルスケア等会社の、ハートスタート、カルジオライフ、ライフパック、CU-SP1、パワーハートG3などがあります。

また、AEDは個人での購入が可能です。既にAEDの累計販売台数は2016年で688,329台になり、料金は30万円前後が多いですね。ちなみに、10万円台後半で販売されてるのもありました。


それなりの価格なので購入しないにしろ、近くにあるAEDの設置場所だけは覚えておきたいところです。

AEDの使い方

AEDの使い方は、各製品サイトにありました。ただ、使い方を見ながらだと処置が遅くなるかもしれません。事前にチェックするか、文章で確認する方が早いと思うので、動画にあった救命処置の流れをまとめます。

1.安全の確認

交通事故や作業現場などの場合、まずは自らの安全を確保すること。安全でない場所なら、可能であれば安全な場所へ移動する。

2.意識・反応の確認

倒れている人に声をかけ、肩をたたいて意識があるかを確認する。

3.応援の依頼

応援を依頼し、119番通報及びAEDを持ってきたもらうよう依頼する。

4.呼吸の確認

胸部と腹部の動きで呼吸をしているかの確認をする。判断に自信がもてない場合は心停止と判断する。

5.胸骨圧迫と人口呼吸

胸骨の下半分をおよそ5センチ沈み込むように1分間に100~120回圧迫する。中断を最小限にして絶え間なく続けます。30回圧迫後に人工呼吸を2回ほど行う(人口呼吸が無理な場合は胸骨圧迫のみ)

6.AEDを開け操作する

AED操作をしている間も胸骨圧迫は続ける。AEDを開けるとガイドが流れ、ガイド通りに操作を行う。正常な心電図の場合はAEDは動かないので安心です。

※子供の場合は小児モードに切り替えてから操作を行う。パッドは重ならないようにして、重なりそうなら胸と背中にパッドを貼ります。

参照:http://www.aed-life.com/information/use.html

実際にAED操作にはガイドが流れるので、さほど難しくなさそうです。しかし、以下の点に注意が必要です。

・心電図解析中に患者の身体に触るとノイズが入り、正しい結果が得られない
・貼ったパッドと皮膚の間に異物があると電気ショックの効果が得られことがある
・皮膚が濡れている場合は拭き取る
・胸部に薬剤が貼られている場合は薬剤をはがし取る
・アクセサリーは外す
・パッドが密着しないほどの胸毛は除毛する
・ペースメーカーのふくらみの上にはパッドを貼らない
・携帯電話を使用する際はAEDから1メートル以上離れる

やはり重要なのが、AEDを使うまでの1~5の流れになりそうです。いつどのような状況に遭遇するかもしれません。胸骨圧迫と人口呼吸は覚えておいて損はないと思います。そして、AED操作勉強会などは積極的に参加すべきだと思います。

一瞬の判断で、大切な命を救えるかもしれませんからね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
1つの知識で救える命があるなら救いたい。このAEDは、その知識の1つだと思う。慌てず対処をすることが重要になる。

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ


参加中☆ポチっとお願いします。