タイのお土産に「ドクターショール」はどうでしょう?

今週末11日は山の日。ちなみに、翌日12日はシリキット王妃の誕生日であり、タイでは「母の日」になります。タイの各地では「母の日」にちなんだイベントが開かれると思うので、そちらに行ってみるのも良いかもしれませんね。
さて、日本でも夏休みの時期になります。きっと、多くの方がタイに旅立つと思います。何をしようか考え中だと思いますが、みなさんの旅行が楽しいものであるよう願います。初めての方は「夏休みに初めてバンコクへ行く方へ、外したくないタイ料理と注意点」の記事も参考にして下さい。
本日は、タイで注目したいお土産について。過去にお土産については紹介しました。予算に応じて買うお土産も変わってきますが、ご紹介するのは「ちょっと高めの男性向け」になります。彼氏や旦那さんにピッタリかもしれません。

タイ旅行のお土産

タイ旅行のお土産は予算によって変わります。

会社の同僚や友達など不特定多数へのお土産にはビッグCがおすすめ。
バンコクでのお土産ならBig C(ビックシー)がおすすめ。

女性(彼女や奥さん)には、少し高めのハーンがおすすめ。
タイのお土産にHARNN(ハーン)の石鹸はどうでしょう?

そして、男性(彼氏や旦那さん)に少し高めのお土産として紹介したいのが「ドクターショール(DR.Scholl)のサンダル」。ちなみに、タイで安いサンダルを買おうとしたら100~200バーツ(約300~600円)で買えますが、ドクターショール(DR.Scholl)は1000バーツ(約3000円)以上。でも、日本で購入したら2万円近くします。
【追記】日本で発売されているは、タイで1000バーツで売られている商品とは別価格帯商品だそうです。

ドクターショール(DR.Scholl)とは

私のようなおっさんには、「ドクターショール??」ってなる訳で、ドクターショールを知らない向けに簡単にブランド紹介します。

100年前から続く、足の専門ブランド。
フットケア専門ブランドのドクター・ショールは、1904年、米国人医師ウィリアム・ショールにより、医学的な知識と数多くの臨床的経験をもとに1904年に創立されました。
製品の第1号は、土踏まずをサポートして足の疲れを軽減する「フレキソフォーム」。その発売から100余年、フットケア専門ブランドとして製品開発を続け、現在ではヨーロッパをはじめとする世界の100カ国以上の国々で愛用されています。 WEBページより

本社はイギリスで日本法人は東京都品川区。日本ではフットケア商品で有名のようで、踵ケア・角質ケア商品などを取り扱っています。本日紹介したいサンダルは、日本では販売していません。つまり、アマゾンや楽天で販売されているサンダルは並行輸入商品になります。

ドクターショールの理念に「足と靴にまつわるさまざまな悩みを解決することで、好きな靴をきれいなあしで、我慢せずに履けるライフスタイルを応援」とあります。日本では角質ケア商品のみ販売されてますが、会社としてはトータルフットケアとして、靴にも力を入れてることが分かります。

どこで買えるのかな?

ググって探してみたところ、ショッピングモールの靴売り場に行けばあるようです。ただし、偽物も沢山でているようなので、信用できそうなショッピングモールが良さそう。サイアムパラゴン、セントラル、エンポリアム、エムクォーティエ辺りかな、MBKでは買わない方が良さそうです。

女性用の靴も多く売られているようで、高評価されてました。土踏まずが盛り上がっており、かつ外側に傾斜しているので体重分散され、長く履いても疲れないそうです。サイズさえ分かれば、彼女や奥さんのお土産に良いかもしれませんね。女性用はアマゾンで沢山出てました。
参照:http://blog.goo.ne.jp/hello–kitty/e/0c09db073dc1754b8ac4928ca301dce3

男性ものは少ないのかな、きっとユニセックス用だと思うが、日本ではこんな価格で販売されてました。

タイで1000バーツ(約3000円)前後で見つけれたら、買いかもしれませんね(日本で売られているのは、タイの1000バーツ商品とは別価格帯商品だそうですが、日本では販売されてないから欲しいかも)。私も次回の訪タイで買ってみようかなと思いました。タイのお土産にいかがですか?

~thaiuniおっさんのつぶやき~
タイ滞在用のサンダルは10年以上使っている。確か200バーツで買ったもの。そろそろ替え時かもな。

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ


参加中☆ポチっとお願いします。