偽ブランド品を日本に持ち込むと刑罰があります。

 タイ・バンコクは買い物天国としても有名ですが、偽ブランドも多く売られています。タイのニュースを見ていると、よく偽ブランドを摘発して押収したり、その場で破棄したり燃やしたりと警察がイメージアップとも思われる映像が出てきます。でも、実際は街中では沢山の偽物が販売されてますし、それを購入する外国観光客も多くいます。15年前に私もパッポンのナイトバザールで見たこともないIWCの時計があり、値段を交渉したことがあります。最初4000バーツだったのが最後は700バーツになったのを覚えてます。実際はIWCと書いてあっただけの模倣品ともいえない品物でした。購入はしませんでしたけど。
 タイでは衣料品を含め、多くの偽ブランドを購入できますが、観光で行った際に日本に持ち込むと法律違反なのは誰でも知っている事ですが、実際の刑罰はどうなのか?を調べてみました。

タイ人に人気のオニツカタイガー。タイでは偽物も出回っているようです。

タイ人に人気のオニツカタイガー。タイでは偽物も出回っているようです。

 まずは、購入したものを転売したら、
・商標法78条にて、商標権侵害にあたり、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方を科せられる。

 そして、相手に本物だと偽って販売したら、
・刑法246条にて、詐欺罪にあたり、10年以下の懲役刑。

 ちなみに、オークションに出品しただけでも
・商標法78条の2にて、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはその両方を科せられる。

 日本で偽物ブランドを公然と売っているところはありませんし、あったとしても直ぐに摘発されますから、タイで購入した偽ブランド品で商売するのは難しいですね(誰でも知っているか)。実際には悪質だと判断されたものが摘発されているようですが、悪質でなくても法律違反であることは間違いありません。

 では、販売でなくて自分の為に海外から持ち込むのは、
・関税法69条の11により、商標権を侵害する物品の輸入は禁じられており、7年以下の懲役もしくは700万円以下の罰金、またはその両方が科せられる。

個人的な使用でも国内には持ち込めません。上記の刑罰は悪質な場合のようですが、偽物と知らなくて持ち込んだ場合でも、任意放棄ということで税関で処分されます。せっかく時間とお金を使って買ったのに、没収されるって悲しいですよね。

でも、このような法律を知っているのか知らないのかは分かりませんが、関税による商標・著作権侵害製品の押収は後を絶えないようです。2012年、2013年、2014年と押収件数は700件以上ありました。製品数は減っているようですが、押収品の単価は上がっているようです。最近のタイでは精巧なものが多く出回っているということかもしれません。(関税局※商標・著作権侵害製品のみ押収 より)
押収品のブランドを押収額順で見てみると

1.アディダス(ADIDAS)
2.レイバン(RAYBAN)
3.オークリー(OKELY)
4.ナイキ(NIKE)
5.シャネル(CHANEL)
6.ロレックス(ROLEX)
7.ジョニーウォーカーレッドラベル(JOHNIE WALKER RED LABEL)

押収品額では順位が違いますが、どちらにしても一位はアディダスでした。
押収品目を見てみると。

1.DVD,VCD,CD
2.衣料品
3.メガネ
4.バッグ
5.靴
6.腕時計
7.酒類

少し不思議なのが「酒類」。もしかしたら3本までの制限を知らないで持ち込もうとして押収されたんじゃないかと推測します。それにしてもジョニーウォーカーレッドラベルが人気があるってのだけは分かりました。

それと、最後にタイでは模倣品防止対策として2013年は強制調査件数1万515件、押収品数298万点以上、2014年は強制捜査件数9022件、押収品数114万点以上と政府として積極的に行動していますが、その押収品の中の日本ブランドとして突出して多いのが2ブランド。

・オニツカタイガー
・カシオ

このふたつのブランドはタイ人に人気なのですね。ただ、2014年押収数114万点のうち、オニツカタイガーは約550点、カシオは300点となるので、模倣品全体としては少なくなります。やっぱり、世界ブランドの模倣品がお金になるのでしょうね。

タイ旅行でブランド品を買う時は十分に注意をして下さい。押収されたらお金と時間が無駄になりますから。

一足も買ったことないから買ってみようかな


ポチっとクリックお願いします。

パタヤのラン島プランを考えてみた。

 明後日にタイに旅立ちます!ワクワク感が止まらない!
今回は初の中部国際空港セントレアからバンコクに向かいます。一緒にいく友人たちが三重県に住んでいるので、タイへ行く選択としては関空か中部国際空港からなのですが、彼達は1月に関空からタイに行くらしいので、違ったルートの方が良いかと思いセントレアにしました。
 私の訪タイは40回を越してますが、今までは成田空奥、羽田空港、関西国際空港のみだったので、中部国際空港から旅たつのはどんなのか楽しみでたまりません。10:25発なので、明日に名古屋の友人宅に前泊してから向かう予定です。
 
さて、今回のタイ旅行プランで最終日に考えているのがラン島ツアー。パタヤではゴルフしては夜は飲みの繰り返しをする予定なのですが、せっかく来たのだからビーチも楽しんでもらいたいと思いラン島日帰りツアーを計画しています。
 私が今までラン島に行ったことがあるのは5回のみ。今までは日焼けが苦手ってのがあり、ビーチリゾートを楽しむ選択をしなかったのですが、今回は日焼け覚悟でビーチを楽しむ予定。そこで、私なりのプランを考えてみようと思います。

パタヤの海とは比較にならないほどラン島は綺麗な海

パタヤの海とは比較にならないほどラン島は綺麗な海

1.まずは以下の乗合船に乗る(40バーツ)
9:00 TAwAEN PORT行
10:00 NABAN PORT行
11:00 TAwAEN PORT行

前日は深酒をしているだろうから、4人がしっかり時間通りに集まるとは限らないので曖昧にしておこうかと思います(笑)
ラン島の乗合船の船着場は基本二つで、サメービーチ行きの往復チケットの乗合もあるようですが、友人が乗った時に良いことは言ってなかったので、普通に乗船できるパターンを選ぼうと思います。

2.ラン島到着後、ソンテウでサメービーチへ移動
パタヤからラン島は30分程度で着きます。確かナバン(NABAN)にはビーチがありませんが、ターウェン(TAWAEN)にはビーチがあります。一度だけターウェンビーチで泳いだことありますが、確かに広くパラソルもたくさんありますが、なにしろ中国人がわんさかおります。せっかくビーチに来たのに、中国人にイライラしたくないので避けます。なので、おすすめ度が高いサメービーチに向かうことにします。もう一つ候補にいれているビーチがターヤイビーチ。ここは小さいけどBBQが楽しめるビーチみたいなので、前日にでも友人たちに聞いてみようと思います。今のところサメービーチが第一候補です。
サメービーチは三度行ったことあります。私が行った時はオフシーズだったのもあるでしょうが、人が少なくて日本人は私たちともうひと組だけ、あとはロシア人家族だけでした。その時もパラソル下でビールとタイ料理でのんびり過ごすことができて、とても良いビーチリゾートでした。

3.パタヤへ戻る
以下の乗合船で戻ろうと考えてます。
15:00 TAwAEN PORT発
16:00 TAwAEN PORT発
17:00 NABAN PORT発

よく考えてみたら、プランて言ってもラン島に行ってビーチでのんびりして戻ってくるだけ。ラン島には拳銃を撃つところがあるようですが、レンタルバイクが必要になるし、その分ビーチでのんびりしたほうが良いのではないかと。レンタルバイクでビーチ周りをしても、忙しないだけですからね。

前回2015年6月はラン島にまでは行ったのですが海が荒れていて泳げませんでした。船も欠航になるんじゃないってくらい波があって、行きの乗合船では生きた心地がしませんでした。何もせずにラン島を横断(ターウェン港→サメービーチ→ナバン港)をバイタクで移動しただけで、ナバン港でビールとタイ料理食べてパタヤに戻って来ました。その無念を今回は果たそうと思います。

これ欲しいかも。DS復活させようかな。


ポチっとクリックお願いします。

プロムポンにベークドチーズタルト専門店

次回訪タイまで、とうとうあと三日になりました。いつもは一人なので、準備は前日に服などをぱぱっと入れて終わりなのですが、今回は友人三人と一緒なのと、はじめて自分のゴルフバックを持参してゴルフを現地でする予定なので、今日辺りから徐々に準備をはじめていこうかと思ってます。

 さて、今日もタイ関連のニュースをチェックしてみたら、「人気のチーズタルト専門店「ベイクチーズタルト」 24日にタイ1号店OPEN」と言うのが出たました。ベークドチーズタルト・・・前の会社でお客さんがかってきてくれたのを思い出しました。そして、そのお店は元々北海道から進出してきた会社ということも。どうやらバンコクにも出店するそうです。

 ベイクドチーズタルトさんを少し調べてみると、札幌の老舗洋菓子店「きのとや」社長の長男が新千歳空港店を任された時に、冷たいブルーベリーチーズタルトだけを売って鳴かず飛ばずだったが、打開策として温かいチーズタルトを販売してヒットしたのがきっかけで作った会社だそうです。札幌から東京に進出をして、今年8月には香港へ店舗を出し2ヶ月半で50万個を販売した実績があり、今回はバンコクへ出店。ただ、まだ日本国内では7店舗だけなので、そう大きいとは言えないかと思いますが、早い段階から東南アジア進出を考えていることが素晴らしいです。最近では行列で話題になったクロッカンシューザクザクを販売してますね。若い社長さんだから柔軟なんでしょうね。
ベイクドチーズケーキ(株式会社BAKE)⇒http://bakecheesetart.com/
株式会社きのとや⇒http://www.kinotoya.com/

ザクザクシュークリーム。行列ができるお店特集でデビ夫人にボロクソ言われてたけど、個人的には美味しかったと思う。

ザクザクシュークリーム。行列ができるお店特集でデビ夫人にボロクソ言われてたけど、個人的には美味しかったと思う。

 そして、今回ベイクドチーズタルトさんがタイにオープンするのは、BTSプロムポン駅の目の前にあるショッピングセンター「EmQuartier エムクォーティエ」。実は、私が今年6月にバンコクへ行った際にエムクォーティエをチェックしてみたのですが、同じプロンポン駅向かいの高級ショッピングモールエムポリアムを意識したのでしょう、高級店が多く入っておりフロアも広めにとってあった印象がありました。確かH&Mやユニクロも入っていましたし、最近のタイショッピングモールでは定番の映画館やフードコートもありました。ただ、私が行った時間だけがそうだけだったのかもしれませんが人が少なくて活気がない印象が強かったです(午後3時頃でした)。
エムクオーティエのホームページ⇒http://www.emquartier.co.th/

 プロンポン駅ってことで、この地区は、在タイ日本人がたくさんいるとういう事もあり日本人対象となるお店が多くあります。この地区で日本人が商売するのは常套手段として考えられます。しかし、私個人の意見として、今回のベイクドチーズケーキさんがエムクォーティエに出店するのは少し疑問が残ってしまいます。
と言うのも、ベークドチーズタルトの日本展開をみてみると。千歳空港からスタートして東京進出をし、大阪梅田、福岡天神と店舗を展開。東京を含め関東地区の店舗は自由が丘、ルミネエスト新宿、ルミネ大宮、ラゾーナ川崎、ららぽーと海老名店などショッピングモール中心。だからプロンポンのショッピングモールなのか?と思いましが、私の考えとしては同じショッピングモールでも出す地区が違うんじゃないかと。

 もし、ベークドチーズケーキさんが本気でタイ展開を考えているのなら、日本人マーケットではなくタイ人マーケットへ広がりがある地区に出すべきだと思うんです。
その地区とは、ずばりサイアム駅かアソーク駅近辺。
ショッピングモールはバンコク中心部であればMBKかサイアムパラゴンかターミナル21。
来年春にオープンするアニメイトはMBKですし、タイで人気のココイチはターミナル21にオープンしています。

 もちろん、場所が良くてもタイ人に受けない日本食ビジネスもあります。古奈屋さんとかはターミナル21にオープンしましたが既になくなりましたし、同じターミナル21にある吉野家も人が入っている気配が全くありませんでした(タイ進出二度目の失敗かと思ってしまう)。ただ、両店ともタイ人用にアレンジしたのか、それともマネージメントが悪いのか、美味しくありませんでした。特に古奈屋さんは日本での味を知ってるので、食べた瞬間に???違うでしょ。と思ってしまった。
 
それぞれの企業により戦略も異なると思いますが、味をタイ人用にアレンジするのは良い方向に行けば良いのですが、悪い方向に進むと流れを止めるのは至難かと思います。その点、ベークドチーズタルトさんは、作り方とかをしっかりすれば味は安定するでしょうし、日本・北海道となれば宣伝方法によってはタイ人には受けるはずです。ココイチさんや8番ラーメンさんのようにタイで人気になれる可能性は大きいと思います。

 心から日本企業のタイ展開成功を祈っています。
今後、ベイクドチーズタルトさんがタイ人マーケットを取り入れることができるかは、現地マネージメントとマーケティングをしっかりすることではないでしょうか。

現在、勝手なる私の評価は、
場所エムクォーヒエは△、
販売価格一個80バーツは×
ではないかと。タイ人のどの層がチーズケーキタルトを購入して、どのように広がるのか?を考えると、三角とバツをつけてしまう。日本人だけのターゲットなら△二つになります。

 フェイスブックのいいね!が1万8000に達しているとのことなので、初速は出そうです。あとは、タイ人が飽きる前にどれだけの人気を得ることができるかによりますね。でもベイクドチーズケーキが日本と同じサイズであれば、やっぱり80バーツは高いと思うな。ほんと頑張って欲しい!

クッキーと紅茶かな。


ポチっとクリックお願いします。

【タイ語】「仕事が忙しかっただけ」「僕も同じで仕事がいそがしかった」

仕事が忙しいことは、充実している証であると私は思います。
ただ、あまりにも忙しくて自分の為に時間を割けないのは、充実していると思えません。
仕事も忙しい分、自分への時間をしっかり取ることにより、真の充実があるんだと思います。

今日のタイ語は仕事が忙しかったことを伝えたい時に使えます。

仕事が忙しかっただけ
มีงานยุงเท่านั้น
ミー ンガーン ユン タオ ナン

僕も同じで仕事が忙しかった
ผมก็ยุงเหมือนกัน
ポム ゴ ユン ムアンガン

ポムは男性の私になります。女性の場合はディチャンに変えて使って下さい。
また、丁寧にするには文末に男性ならクラップ、女性ならカーを入れると良いです。

ユンは「忙しい」、タオナンは「だけ」、ムアンガンは「同じ」になります。
この三つはすぐにでも使えるタイ語だと思います。

 



 


ポチっとクリックお願いします。

タイの電子書籍はお得かも

今年の4月のニュースで「トランスコスモスは、会員数550万人以上を抱えるASEAN最大のeBookストア「Ookbee(ウークビー)」と資本・業務提携を行った。」とありました。このウークビーは今年6月にも株式会社情報工場とも提携をしており、日本書籍を紹介するebookシリーズを週間3本、月間12本掲載を開始したそうです。

タイにおける電子書籍?と少し疑問に思う方も多いのではないでしょうか。私も電子書籍はあまり購入しない派なのですが、読書好きにはとても便利なものであることは間違いありません。現にウークビーの会員数は4月に550万人だったのに、二ヶ月後には600万人になり、ダウンロード数は800万を超えているそうです。タイにおける電子書籍市場はこれからもますます増加するのではないかと、ぐぐってみたところ、少し古いですがジェトロさんのECマーケット市場報告がありました。

平成25年度タイのダイレクト・マーケット市場調査(日本貿易振興機構ジェトロ)さんより

平成25年度タイのダイレクト・マーケット市場調査(日本貿易振興機構ジェトロ)さんより


最新が2013年推測値になりますが、2009年のリーマンショックで落ち込んだ以外はマーケット市場は右肩上がりでグイグイ伸びてました。この勢いは衰えることはないと思いますので2014年と今年も右肩上がりが予測されます。
そして、タイECマーケットに売れている商品をみたところ。

アパレル、ジュエリー(27.7%)
Eチケット(11.5%)
ソフトウエア(10.3%)
電化製品(6.8%)
書籍、雑誌、新聞(6.4%)
雑貨(5.0%)

となっており、意外と書籍関連が売れているのに驚きました。タイでウェブ購入する人は知識が高い人が多いんだろうなと予想できます。
ASEAN諸国でECビジネスの可能性が大きいことは分かりますし、さすが大手は俊敏な動きで、会員を多く抱えている現地会社と提携をしビジネス展開が早いですね。少し前のブログで大手出版会社がマーブンクロンにアニメイトを出したように、これから日本の書籍が多くASEAN諸国に広まったいくのは嬉しい限りです。

ちょっとウークビーが気になったので入ってみたところ。漫画が安く売ってたので買おうかと思ってます。以前にマーブンクロンのアニメショップでワンピースのタイ語版を購入したのですが、こちらのウークビーにも同じようにマンガがありました。

NARUTO 38バーツ(約130円)
ドラゴンボール 38バーツ(約130円)
黒子のバスケ 47バーツ(約162円)
のだめカンタービレ 無料

なんてのがありました。今度、タイ在住の友人にお願いしてみようかと思います。かなーりお得感ありますし、漫画の内容は覚えているのでタイ語の勉強に役立つかと思います。

タイ市場に売って出たいメーカーさんも、このECサイトを利用するとスムースにマーケティング分析ができるかもしれませんね。

少し高いけど、タイ語の勉強にはなるかも。


ポチっとクリックお願いします。