増えすぎたルムピニー公園のミズオオトカゲを捕獲。代々木公園にはいないわな。

タイのニュースをチェックしてたら、「ルムピニー公園に生息するミズオオトカゲが増えすぎて、167匹を移す計画にて7月16日に55匹、8月17日に32匹、9月20日に40匹を捕獲して中部ラチャブリ県に移送した」とありました。
タイに行ったことある方ならご存知だと思いますが、タイでは大きな公園とかに大きなトカゲがウロウロしています。私も何度か遭遇しましたが、日本では想像できないくらい大きなトカゲが野放しになっています。正直、子供がみたら泣くくらい。今日は、この大きなトカゲ・ミズオオトカゲが本当に無害なのかを調べてみようかと思います。ミズオオトカゲに詳しい方はスルーして下さい。

写真:バンコク都庁
写真:バンコク都庁
スポンサーリンク

ミズオオトカゲの大きさ

森林などに生息し、和名や英名(water=水)の通り水辺を好む。水によく入り、泳ぎや潜水も上手い。鋭い爪を使い地面に深い穴を掘って巣穴にしたり、樹上に登ることもある。wikiより

最大全長2メートル50センチ、体重は25キロになるそうです。でかっ!
食事は、小型の哺乳類、鳥類、爬虫類、魚、昆虫、甲殻類、またはそれらの卵を食べます。身近であれば、犬や猫、ニワトリ、ねずみ、等も食べるようです。もし、家の近くにいたら放し飼いにしている家畜などは食べられちゃう。でも、田畑を荒らすネズミなども捕獲してくれるので、人に役立っている部分もあるそうです。

ミズオオトカゲの種類と価格

このミズオオトカゲを細かく分けると、一般的には亜種の分類7種になります。
・V.s.salvatorサルバトールモニター
・V.s cumingiカミンギーモニター
・V.s togianusトギアンモニター
・V.s nuchalisネグロスモニター
・V.s marmoratusマーブルウォーターモニター
・V.s andamanensisアンダマンウォーターモニター
・V.s bivittatusツーストライプ

このうち、タイを中心に生息しているのがサルバトールモニターになります。これらは中国を含め東南アジア全域に生息しており、一般的なものは、黒地に大小のスポットがはいっていますが、色や柄は産地や個体ごとに全く違ってきます。性格は噛み付きやすいく、ミズオオトカゲの中では最も大きくなると言われています。
ちなみに、サルバトールモニターは飼育用として入荷しやすい種類になっており、価格もお手頃な15,000~20,000円となってるそうです。他の亜種の相場価格は以下になります。

カミンギーモニター 100,000~200,000円
トギアンモニター 40,000~50,000円
ネグロスモニター 100,000~200,000円
マーブルウォーターモニター あまり流通してない
アンダマンウォーターモニター 400,000円(コマイニー)
ツーストライプ 20,000円
※参照:http://arows.cc/water-monitor-20151210-2/

私は生まれてこの方、爬虫類を可愛いと思ったことがないので、こんな大金を払う意味が全く分かりません。それも2メートル近くになるトカゲが家にいると思うだけで、背筋がゾッとします。この価格で購入できるってことは、どこかの家には居るんでしょうね。。

とにかく、ミズオオトカゲは猫や犬のように人になつく動物ではなく、どちらかというと噛み付くような危険な部類であることは確かなようです。ただし、人が近づくと逃げるので、襲いかかってくる心配はなさそうです。

スポンサーリンク

バンコクのルムピニー公園を日本で例えると

さて、このミズオオトカゲが増えてしまったのがルムピニー公園になります。バンコクのルムピニー公園がどんな公園かを紹介しておきます。それと言い方ですが、タイ語から読むと「ルンピニー」でなく「ルムピニー」が正しいですね。つい最近まで間違ってました、私。

1920年代のラマ9世統治時代に建てられ、タイで最も有名な歴史ある公園の一つです。名前はネパールにある仏陀の生誕地名が由来だそうです。敷地面積は570,000m²、公園内は緑がたくさんあります。また公共の図書館や運動施設、プール、人工池、広場、フードコート等もあります。
私が思うに東京で言えば、代々木公園になるかと。都会のど真ん中にある入場料無料の大きな公園になります。ちなみに、代々木公園は1967年に建てられ、敷地面積は540,526m²になります。ルムピニー公園の方がちょっと大きい。

つまり、日本で例えると、代々木公園内に2メートル近くのオオトカゲが、そこらあたりをウロウロ歩いていたけど、500匹以上になったので捕獲して山梨県の施設に持っていこう(県とか適当です)。こんな感じかな。

タイへ行ったことない人は、この辺は知っておいて損はないかも。爬虫類が思いっきり苦手な人もいますからね。そんな人は公園に連れて行かないように気をつけましょう。日本じゃありえない景色が広がってますから。
やはりタイなんだな。笑

~thaiuniおっさんのつぶやき~
私はアユタヤでめっちゃでかいミズオオトカゲをみました。人間が近づくと、ものすごい勢いで林に逃げて行きました。でも、あれが逆にこちらへ突進してきたら、めっちゃ怖いかも。まるでジェラシックパークの世界ですわ。

タイに関する相談はお気軽に♪
タイ関連商品の調査・マーケティングなど承ります。

タイトルとURLをコピーしました