タイ国内の移動はバスがお得。無料wifi、充電、液晶モニター付が運行

今月(2016年7月)から、タイ最大手のバス会社トランスポート社が無料wifiや充電用のUSBコンセント、液晶モニター、マッサージチェアなども設置した次世代バスの運行を開始したようです。まずは、バンコクを中心に、バンコク⇔チェンマイ、バンコク⇔プーケット、バンコク⇔メーソート、バンコク⇔ナコーンパノムの4路線からスタート。
最近、チェンマイに惹かれている私としては、久しぶりにチェンマイ行きはバス移動でも使うか?と思い、少し調べてみました。

画像:http://anngle.org/newsclips/vipbus-bangkok.html
画像:http://anngle.org/newsclips/vipbus-bangkok.html
スポンサーリンク

バンコクから長距離バス

まず、タイ国内の移動に関しての基本情報。
日本で長距離移動と言えば、新幹線か飛行機が使われることが多いと思いますが、タイで長距離移動と言えば、バスがメインになります。理由は単純で、低料金と本数の多さからになります。一番高いバスの料金でも、飛行機と比べると1/3から1/2になります。タイ人にとっての長距離移動はバスが基本になります。

ニーズも本数も多いバスの発着所は、方面によってバンコク市内の三ヶ所に分かれています。

モチット・マイ(新北バスターミナル)/北・中央・東北・東(パタヤ)方面
サイターイ・マイ(南バスターミナル)/南・西方面
エカマイ(東バスターミナル)/東方面

主な地域名だと
モチットマイは、チェンマイ、チェンライ、ランパーン、ピサノロークなど。
サイターイマイは、サムイ島、クラビ、プーケットなど。
エカマイは、パタヤ、チョンブリー、シーラチャなど。

料金はVIP32シートの一人料金(少し古い情報、現在はもっと高いと思います)
※日本円は2016/7/25レート換算
バンコク→チェンマイ 806バーツ(約2456円)
バンコク→プーケット 974バーツ(約2968円)
バンコク→メーソート 613バーツ(約1868円)
バンコク→ナコームパノム 823バーツ(約2508円)

バンコク→チェンマイの飛行機料金をskyscannerで調べたところ9267円でした。バスのVIPを利用したとしても、1/3以下の料金になります。

三つのバスターミナルだとモチットマイが一番大きいですね。モチットマイは東一部パタヤ行きもあります。私はモチットマイとエカマイを利用したことあります。パタヤに行くことが多いので、エカマイ比率が断然多いのですが、エカマイのバスターミナルはBTSエカマイ駅からすぐにあるので、とても便利な立地にあるといえます。

次世代?バス運行

そして、バス大手会社であるトランスポート社が、長距離バス移動を快適に過ごす為に、次世代バスを運行させました。
無料wifi(AIS)、充電用のUSBコンセント、液晶モニター、マッサージチェアなどを完備したバス。座席もゆったりめに作られており、ボックスのようなもので、バスに乗っていると気になりがちな後部座席とは隔離されたようになってます。

写真で見る限りは快適っぽいですが、次世代までは言いすぎかな?更に快適になったバスくらいでしょうね。そして無料wifiも30分のみだと思います。(違ってたらすみません。利用した方の情報お願いします)
でも、長距離を利用するならこのバスが良いなと思う。

ちなみに、日本のバスの方が快適っぽいのがあります。私も一乗ったことのある隔離型3列シート。少し前から携帯会社とのタイアップで無料wifiを始めてたり、今年3月末からはJR系のバスでも無料wifiサービスを開始しています。JR系の無料wifiサービスは30分×5回。どうやら映画は観れなさそうですが、新宿のバスターミナルなどをはじめ、日本の長距離バスもいろいろ変化しているようです。

バス移動が大丈夫って方なら、VIPバスより多少高くても、飛行機の1/3位の料金になりますので、往復料金プラス食事代にくらいお得になります。やはり、タイ国内をお得に回るにはバスが一番良いってことになります。
あっ、タイをご存知の方なら知っているとは思いますが、鉄道は遅延などが多いので、2~4時間くらい遅れても構わないと、余裕がある人には良いかな。でも、タイ人はバス利用の方が断然の多いです。つまり、便利ってことになりますね。

長距離バスでの苦い経験

そこで、バスでタイ国内を移動しようと決めた方に、私の経験を一つご紹介したいと思います。

バスはバスターミナル以外でも旅行会社がチャーターしたバスも多く出ています。10年以上前に、私もバスターミナルまで行ってチケットがなかったら?と不安だったので、カオサンにある旅行代理店でサムイ島行きのバスを予約し利用したことがあります。代理店いくつかのチャーターバスだったので、出発もカオサン付近で便利と思ってました。

これが、最悪。

バス自体は少し古いかな?という程度だったので、タイでは仕方ないと思っていましたが、なにせ客層がやばかった。

アメリカ系のいけいけ若者グループ。

夜行バスだったのですが、夜中までテンション上がりまくって、声やらヘッドフォンから流れる音楽がうるさいうるさい。お酒も入っているから、周りのことなんてお構いなし。バックトゥーザフューチャーの「ビフ」みたいなやつだった。全く寝れずに朝を迎え、その日は一日中気分が悪かったのを覚えています。

ここまでバスを紹介してて何ですが、私は長距離バスが嫌いです。その理由のひとつに、このアメリカ人ビフ事件があります。他にも理由がありますが、このバスを利用するまでは、長距離バスが苦手って思ったことは無かったので、大きな原因の一つになったことは確かでした。

おすすめの長距離バス

その旅行代理店で取ったバスに比べ、短距離ではありますが、バスターミナルでパタヤ行きのバスでは、その時ほどのうるさいグループに当たったことがありません。全てが全てという訳ではないでしょうが、ちゃんと移動手段を調べて乗る人(知っている人)が多いのかと思います。

ですので、長距離バスを利用する時はバスターミナルでチケットを買う手段をおすすめしたい。

街中ですと、私が出会ったテンション上がりまくり勘違い外人と一緒になる可能性が高いかと。(あくまでも予測になりますので、確証はありませんが)。タイ人はバスマナーを心得ている方が多いので、タイ人が多いバスは日本人感覚でバスに乗れると思います。

バスターミナルまで行って、チケットが売り切れってことも、ほぼ無いと聞きます(一年の何回か帰省ラッシュ時はあるとか)。万が一、帰省ラッシュに当たっとしても増便をすると聞きました。(タイの連休や選挙はチェックしておいたほうが良いです)
誰だって、6時間以上のバスでは気分良く過ごしたいですよね。
そんな訳で、私はバスターミナルから出るバスをおすすめしたいです。タイ人が多いバスの方が、タイを感じれますしね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
おっさんにバス移動は酷です。東京ー大阪間の夜行バスを何度か利用しましたが、寝れない、腰や背中が痛くいわで次の日が潰れます。やっぱり、新幹線が最高!ただ、タイに高速鉄道ができても料金次第なんだろうなって思う。日本のVIPバスは新幹線と変わらない料金しますからね。

タイトルとURLをコピーしました