プーケットへ行く方へ、カツオノエボシにご注意下さい。

 クラゲに刺された経験のある方はご存知だと思いますが、ピリピリして痛痒くなります。一度刺されると警戒心が生まれ、海で泳いでいて他の人が「痛いっ」と聞いたら、すぐさま遠くへ離れていました。というのも、クラゲの触覚はゆらゆら波に流されていて、触覚に触れたら刺されてしまうから。その方法を取るようにしてからは、クラゲに刺されることは少なくなりました。
 そんなクラゲのように猛毒を持つカツオノエボシが、2016年9月にタイのプーケットやピピ島、パンガー県にて海岸に漂着しているのが確認されて、プーケット島のナイトンビーチ、ラヤンビーチ、ナイヤンビーチ、クラビ県のピーピー島、ポダ島、マイパイ島、パンガー県のタイムアンビーチが遊泳禁止になっているようです。その原因にとなっているカツオノエボシについて調べてみました。そして、刺されてしまった時の対処法もご紹介します。刺されたことによる死亡例もあるようなので、十分に注意したいところです。

Portuguese_Man_o'_War_at_Palm_Beach_FL_by_Volkan_Yuksel_DSC05878

画像:wikiより

続きを読む

タイのビーチでも離岸流には十分に注意してください。

夏も後半にさしかかり、いくつか台風が発生しております。今晩くらいから湘南地区も台風の影響を受け始めるようで、波が高くなる海岸には近づかないようにとニュースで流れてました。
タイのニュースをチェックしていると、東部チャーン島で外国人が相次いて水死したというのが出てました。一人は19歳の英国人男性で、悪天候で沖に流され救助され病院に搬送されたが死亡、もう一人は55歳のドイツ人男性で、息子が沖にいったのを連れ戻そうとして海に入ったが、途中で力尽きて水死したそうです。息子達は自力で戻って無事でした。
夏の水難事故はいろんな原因で起きますが、その中で私も体験したことがある「離岸流」が一番恐ろしいかと思ってます。知っている方はスルーで構いませんが、どんなの?って少しでも疑問に思った方は知っておいてい損はありません。タイでも多く発生しているようです。

画像:http://yoso-walk.net/word-report/

画像:http://yoso-walk.net/word-report/

続きを読む

チェンマイ2位、京都6位、世界都市ランキング2016

今日は選挙ですね。私は期日前投票をしましたので、今日は20時までゆっくり過ごす事ができます。今回は興味のある候補者もいるので、夜の開票が楽しみ。18、19歳の投票率も気になるところ。高田馬場の喫茶店では、若い子達が普通に話をして盛り上がっているが、選挙に行ったのだろうか・・

さて、今日は米旅行雑誌「トラベル+レジャー」の読者投票による2016年の観光都市ランキングに注目したいと思います。
なんと!最新ランキングでタイの都市チェンマイが2位に輝きました。そして残念なことに、昨年まで2年連続で1位だった京都が6位に落ちてしまいました。最新のトップ10はこちらになります。

チェンマイのロイクラトンは幻想的ですね 画像:www.global-produce.jp

チェンマイのロイクラトンは幻想的ですね 画像:www.global-produce.jp

続きを読む

タイ・パタヤに氷や雪を楽しめる施設が誕生したのだが、、

タイでは雪が降りません。ですので、タイ人は雪が珍しく好きであると思います。アンケートなどを実施した訳ではないので、はっきりとは言えません。しかし、スワンナプーム-札幌間の直行便が就航したことは事実なので、多くのタイ人が札幌に遊びに行っております。そして、雪を楽しんでいます。 そんなこともあって、今年になってバンコクにスキー練習場がオープン「タイに屋内スキー練習場。北海道にタイ人スキーヤーが増えるかも」しました。
そして、4月1日にはビーチリゾートでもあるパタヤに、アイススケート場「ザ・リンク」と雪遊び体験「スノー・ランド」などが入る予定のショッピングモール「ハーバーパタヤ」がオープンしたそうです。その詳細は以下になります。

WEBページhttp://www.harbor.co.th/index.php より

WEBページhttp://www.harbor.co.th/index.php より

続きを読む

バンコクから日帰りビーチリゾートを楽しみたい方へ

バンコク旅行でビーチを楽しむ

タイ・バンコクのパッケージ旅行のほとんどは3日~5日間のものが多く、フライトスケジュールにもよりますが、バンコクで過ごせる時間は2日~4日間のプランになります。正直、バンコクだけを観て回るにも短いですし、もしオプションでアユタヤなどを選択したら、余裕なく予定でぎっちり埋まってしまいます。
ただ、せっかく南国タイに来たのだから「ビーチも楽しみたい」そんな方も多いはず。プーケットやサムイ島は厳しいですが、バンコクから陸路弾丸スケジュールでそれなりに楽しめそうなツアーがありましたので、ご紹介したいと思います。

日差しを避けるため、海から二列目に陣取りました。

ラン島もビーチによって雰囲気が全く違う。できたら中国人は避けたいと思ってしまう私。

続きを読む