タイの日本人学校は日本の私立より高い

大阪高槻市の中学生男女が行方不明になった事件は、残念なことに二人とも遺体で発見されるという最悪の結末になりました。逮捕された容疑者の男性には、過去にも同じような犯罪歴があったと報道されており、治安の悪化を懸念する声が大きくなると予想されます。昔はこんな事件なかったのに・・・と、私を含め多くの人が思ったのではないでしょうか。

このような事件が発生すると、最近の日本って本当に安全なの?と思ってしまいます。ただ、このような事件が起きても日本は安全と海外の人からは思われるようです。夜に子供が出歩いているのは不思議だと、タイ人から何度か聞いたことがあります。逆に、タイ語学校のタイ人先生からは、タイでは小さい子供は学校まで送り迎えをするのが当たり前で、夜中に遊ばせることはさせない。やはり、子供は自分で守れないから親が守るのが当然と話していました。
その先生は裕福な家庭というのもありますが、どのような人間がいるか分からないところに、子供を危険にさらすのは親がしてはならないことなんでしょうね。そんなお子さんをお持ちの方がタイへ赴任する時に知っておきたい日本人学校について調べてみました。

幼稚園だと良いけど小学生だと乗らないかもな。

送迎バス、幼稚園だと良いけど小学生だと乗らないかもな。

ちなみに日本において小中学校は義務教育になるので、日本国憲法第26条第2項「義務教育は、これを無償とする」という規定で、授業料は徴収されないとあります。給食費やPTA費などは別になるので徴収対象になるそうです。さて、同じような小中学生をタイで学校に通わせる日本人学校を調べてみると、泰日協会学校というのが出てきます。
この泰日協会学校は第二次世界大戦前に創立された歴史の古い学校の一つで、世界にある日本人学校の中で二番目に生徒在籍者数が多い学校になります。

1.上海日本人学校(2367名)
2.泰日協会学校(2288名)
3.シンガポール日本人学校(1658名)
4.香港日本人学校(1548名)
5.ジャカルタ日本人学校(862名)
※2008年4月15日現在
ここ数年の政治不安で人数減っているかもしれませんね。

この泰日協会学校は二つあります。
一つ目が、バンコク日本人学校で、そして二つ目がシラチャ日本人学校。
バンコク日本人学校は保護者の勤務地がバンコク都内の場合で、シラチャ日本人学校は保護者がチョンブリ県またはラヨーン県内の場合であり、両方に当てはまらない保護者の場合は、どちらでも良いそうです。

そして、学費は両校と同じ金額で、

小学部(児童1人あたり)
・入学金 150000バーツ
・授業料 45600バーツ(1学期分)、45600バーツ(2学期分)、22800バーツ(3学期分)
・PTA会費 300バーツ(1学期分)、240バーツ(2学期分)、180バーツ(3学期分)

中学部(児童1人あたり)
・入学金 150000バーツ
・授業料 50400バーツ(1学期分)、50400バーツ(2学期分)、25200バーツ(3学期分)
・PTA会費 300バーツ(1学期分)、240バーツ(2学期分)、180バーツ(3学期分)

本日(2015年8月23日)の換算レートが1バーツ3.4157円ですので、日本円にすると入学金が51万2000円、中学生の年間学費が43万円。高っ!!私の鎌倉にある母校が入学金20万円と施設費21万円で授業料が月46000円位だから、そこらへんの私立の学校より高い。
単身赴任が多いのは、これが理由なものあるんじゃないですかね。でも、私が親だったら無理してでもバンコクで通わせたいな。若い時からグローバルな視点で物事をみるって大切だと思うんですよね。

バンコク日本人学校Webページ⇒http://www.tjas.ac.th/bkk/
シラチャ日本人学校Webページ⇒http://www.tjas.ac.th/sriracha/index.php

ただ、二年間位の勤務だったら、日本で学ばせるってのも考えたくなりますね。。。でも、最近の事件がね。。





参加中☆ポチっとお願いします

 

タイ古式を学ぶならワットポー(卒業編)

ふと思ってワットポー校に通うことになった私。今までマッサージ店のコンサルティングはやったことありましたが、施術は全く行ったことがありませんでした。そんな理由もあり、携わる業界のことは一通り体験をしたく勉強を始めたのですが、普段行っているマッサージ師さんの凄さを実感しました。学校での授業は一日約6時間。交代交代に相手を揉みますので、実質は3時間未満。それだけなのに、前回書いた膝痛が起こったり、二日目後半からは腰痛が起こったりと、体力のなさを痛感させられました。私がコンサルしているお店の方は、一日に420分以上揉みますからね。私の身体が二つあっても足りないってことです。
私が日本でマッサージを受けるときに施術者に「この仕事大変じゃないですか?」とよく聞きます。ほとんどの施術者の返答は「慣れですよ」と。その返答だけ考えると、俺もできるんじゃないかな と考えてましたが、今回の通学でみなさんの並ならぬ努力があったのだと思い知らされました。長時間揉んでいる施術者はすごいです!

左から先生、マギー、マギーのパートナー、私のパートナー

左から先生、マギー、マギーのパートナー、私のパートナー

そんなこんなで通学して三日間が終わりました。膝と腰は悲鳴をあげてます。初日と二日は学校が終わった後に友人と飲みに行きましたが、さすがに三日目はホテルで休養しました。と言うのも、五日目に行われる試験に向けての勉強もしなければだったので。四日目は今までの流れを一通り行って覚える日になってます。五日間の流れはざっとこんな感じです。
初日~三日目・・・仰向け、横向き、うつぶせ、座位での施術を一つ一つ学んでいく。
四日目・・・今まで学んだのを通して行う
五日目・・・試験(何も見ずに全ての流れを行う)
ホテルに戻ってイメージトレーニングをしながら身体を休めてました。どうせならタイ古式も受けようと思い、近場のカオサンで受けてみました。復讐になるかなぁと思ったのですが、タイ古式ってお店によって流れが全く違うので、受けてみたけど復讐には全くなりませんでした。それどころか、連日のマッサージ三昧でふくらはぎを少しでも押されただけで激痛が走るようになってたので、痛みをこらえるのがやっと。なので、いろんなお店でタイ古式を受けることによって、新しい手技を取り入れたいと思うなら、卒業した後をおすすめします。
四日目は男性タイ人と組んで、一通りの流れを交互に。意外と覚えてないものです。。。技の移行時に止まってしまう。流れ良いのがタイ古式では気持ち良いのに。ちなみに、マギーも隣で必死になってやってました。彼女も毎日のようにホテルに戻っては勉強をしているとのこと。でも、たった三日間で完璧に覚えるのは大変。試験はできなかったら落とすとか脅されるので、こっちとしては必死になりました。もちろん、四日目の夜は飲みになど行かずにホテルで必死に勉強してました。
五日目試験。朝から一人ずつ先生に施術を行います。先生の補助を含め三人同時に行います。運良く私は後半組みだったので、最初の試験を見れたので復習をもう一度できました。マギーは一回目組み。何箇所か間違えながら一生懸命施術をしてました。がんばれーー!と思いながら見守るだけ。そして私の順番、流れは全て頭に叩き込んだはずなのですが、横向き施術で一瞬止まってしまい焦って、次が出てこない。。。どうしようと悩んでいて、記憶をたどりながら一か八か次の手技をやってみると、ラッキーにも正解。そのままの流れで施術は終了しました。
全員の施術が終わって、先生から合否の発表。実技試験は一人不合格、その他全員合格になりました!不合格者はタイ人女性。かなりミスってましたからね。。ちなみに、マギーと私も二、三回ミスをしましたが、その程度なら合格をもらえるようです。外国人は実技試験のみで、タイ人には実技試験と学科試験があるそうです。三日目の午後とかはタイ人とは別々になった時間がありました。その時は上で学科の勉強をしていたからだと後で教えてくれました。タイ人いわく学科が大変だと。。。わかるような気がします。タイ古式初級取得にかかる日数は私とマギーのような外国人は五日間、タイ人は十日間と違います。そして授業料はタイ人の方が安い。タイで学ばせてもらっているので当たり前と言えば当たり前。

合格証書、タイ語版と英語版の二種類をもらいました。こちらは英語バージョン。

合格証書、タイ語版と英語版の二種類をもらいました。こちらは英語バージョン。

試験は午前中で終わり、卒業証書の作成時間で少し待っている間は先生の施術を受けることができ、時間があれば午後は先生の施術を受けることができます。早く帰りたい方は帰って良いとも言われます。マギーと私は早く帰ることにしました。と言うのも、マギーはその足でプーケットに行くとのこと。合格する気満々だったのが笑えます(不合格だと次の日試験になります)。内心は先生の施術を受けてみたい気持ちもありましたが、せっかく一緒に通ったので、見送ろうかと思って。マギーは夜行バスでプーケットに向かうので、行くまで2時間程度時間があるとのことで、近くのレストレンで何か飲もうってこと。お店に入ってみると、マギーが昨晩知り合ったドイツ人と合流し三人で飲むことに。つたない英語でなんとか会話をしながら、楽しく飲んでました。マギーはプーケットでバカンスを楽しんだ後にもう一度ワットポー校でフットを学ぶと。偉いなぁ・・・マギー。あっという間に時間は過ぎ、二人でマギーを見送って、その後は私も合格の嬉しさのあまりホテルのプールで泳いできました。もちろん、夜は飲みに出かけました・笑

プールサイドでのんびりするのも良いものです。

プールサイドでのんびりすうのも良いものです。

タイ古式マッサージを学ぼうほ思う方には様々な理由があると思います。日本でもマッサージ師として仕事して更なる技術UPを求めてくる方、タイ古式マッサージを学んで日本で開業を考えている方、私のように基本だけは覚えておこうと思う方、マギーのように長期旅行を有意義に過ごそうと思う方、理由は様々です。私としては学びやすい環境も重要ですが、タイ古式はタイの懐に入って学ぶことも必要かと思います。ワットポー校はおすすめです。

 

<<タイ古式学ぶならワットポー校(通学編2)


ポチっとクリックお願いします。

タイ古式を学ぶならワットポー校(通学編2)

タイのバンコクでタイ古式を学ぶにはいくつか方法がありますが、私が選んだのは観光で馴染みあるワットポー本校。何を学びたいか?にもよると思いますが、タイ古式にはいろいろなやり方があるので、ワットポーを学んで他も学べば良いと思います。技術の習得は数日ではできませんからね。私の授業も五日間だけでした。当然、これでスグに誰かを揉めるとも思いませんでしたし、これを商売にするには上級クラスを学び、更に臨床経験を数年しないとダメだなぁと感じました。
さて、本題の初級クラスの内容ですが、前回の通学編で軽く触れましたが、先生の実施⇒生徒同士の実施⇒先生のチェック、この繰り返しです。言葉が通じないところは身振り手振りで確認をしていきます。初日はフランス人マギーと組みましたが、やはり女性と男性の組み合わせよりも、男性と男性の組み合わせの方が良いらしく、次の日からはタイ人男性と組んで練習をしました。男性タイ人の圧はマギーとは全く違いかなり強い。揉まれ続けると体中が痛くなってきました(先生ではないのでツボが外れることが多くて)。でも、授業は続く。。。このあたりの覚悟は必要かもしれません。揉み慣れているならまだしも、一日に数時間を揉まれることは多くないと思います。最初からパートナーに弱くやってと言うのも良いかもしれません。
それと、マッサージをする側としては膝のケアをすることをおすすめします。タイ古式マッサージを受けた方ならわかると思いますが、マット上での施術になるので膝をつきながらの施術がほとんど。普段生活で膝付き作業で慣れている方なら大丈夫だと思いますが、普通はあまりいないと思います。常に膝着け施術なので、膝が擦れて二日目午後には痛くなってました。このあたりのケアもしておいた方がよいと思います。
授業は午前と午後に分かれます。午前が終わったら一時間ほどのランチ休憩があります。タイでお弁当などを持ってくる人はほとんどいません。学校の屋上に学食?のようなところがあり食べれます。よくフードコートにもありますが、おかずが数種類あって選ぶスタイル。40バーツ前後だったと思います。初日はそこでたべました。二日目からは、クラスのタイ人が「上はあまり美味しくないから、一緒に食べに行く?」と誘ってくれたのでマギーと一緒にランチをとることになりました。学校に行く時に目印にしていたCOCONUTというお店。白と黒を貴重としたおしゃれ感のあるお店で、料理も美味しかったです。屋上ランチに飽きたら、こちらをおすすめします。学校から歩いてスグですしね。

曲がり角にあるcoconut palm

曲がり角にあるcoconut palm

オーダーしたカオマンガイ

オーダーしたカオマンガイ

英語とタイ語が少々の会話の楽しいランチ

英語とタイ語が少々の会話の楽しいランチ

以前にタイ古式を学ぶならワットポー(準備編)で書きましたが、カオサンからだと船が良い。実は二日目に分かった事実として、マギーもカオサン泊でした。どうやって来てるの?と聞くとトゥクトゥクで200B払ってきてると。。それ高いよ!と伝え、船だと安から一緒に帰ろうと誘いました。マギーは人懐っこい正確なのか、ありがとう!と言って一緒に船に乗ることに。8Bで帰れることに感動してました。タクシーなら50Bくらいで来れる距離でもあるけど、船の方がタイに来てるって感じで良いですからね。

いつも明るいマギー

いつも明るいマギー

次の日からはマギーと一緒に学校に通うことになりました。フランス人と通う、これゃ面白い!こんな時に、ちゃんと語学を学んでおきゃよかったと思うんですよね。。。毎回。そして、タイ語学校を真面目に通うことを決意します。

>>タイ古式学ぶならワットポー校(卒業編)
<<タイ古式学ぶならワットポー校(通学編)


ポチっとクリックお願いします。

タイ古式を学ぶならワットポー校(通学編)

さて、初日に準備を全て終わらせて勉強が始まります。ワットポー校へ通う為の準備編にて通学方法などはご参考にして下さい。初日の遅刻は厳禁と思い、ホテルを早めにでました。平日ってのもあり船もスグにきて、前日に覚えていた道順でスムースに学校に到着。受付にて初日にもらった引換証みたいのを渡し、ロビーで待つように指示をされました。待っていると、次々に生徒らしき人達がやって上の階へ上がっていきます。どうやら教室は上の階だなぁと思っていると、白衣を来た先生が近づいて声をかけてくれ二階に案内されました。階段を上がったらドアがあり、ここで待っているように指示して消えていきました。
DSCF2412
 中に入ってみると、ベッドがズラーり並んでました(20台以上はあったと思います)。そして、右手奥に白人女性が座ってテレビを鑑賞中。一応、ハローと挨拶。英語が得意でなく話せない自分は、それ以上の会話を望んでもなく(と言うか話したとしても会話が続かないのは予測できたので)、渡された教科書に目をやって逃げていると、彼女の方から英語で「中国人ですか?」と話かけられました。日本人であると伝えて、流れで、どちららからと聞き返してみると、フランスからだと。簡単に自己紹介をし合いました。彼女の名前は「マギー」で南フランスから来たことだけわかりました。
フランス人。。。大学時代に第二外国語でフランス語を学んだが、全く身になってなく一言のフランス語も出ずにいると、ビデオを見た?と彼女から。どうやら、彼女が見ていたのは学校案内のビデオらしく、日本語もあるんじゃない?とチャンネルを回してくれたら中国語。まぁ欧米人にとったら中国語も日本語も同じに見えるかと。「この子良い子だな」と思って、がんばって話してみようかなと思っていたら。先生が入ってきて英語で説明をはじめました。先生の切目は、さほど難しい内容ではないのと、渡された教科書に載っている内容を説明しているので、英語ができなくても大丈夫レベルで理解できたことに安堵しました。20分ほどの説明が終わり先生がLet’s go言い、授業の為にフロア移動。今度は一つ上の階の三階に移動しました。
三階は二階とは違い、床にマットが敷いてある広い空間。
DSCF2405

入ってみると、いくつかのグループに分かれ授業らしい揉みを行ってました。そのグループには白人が数人入っていたり、日本人らしき人も何人かいました。私とマギーは先生の後をおって一番奥のスペースへ。写真は一番奥からとったもので写真の右奥が入口になります。そこには7.8人のタイ人が座って待機しており、どうやら、このグループが同級生ってことになるんだな と考えてると。それぞれの自己紹介もなく、私たちが集まったと同時に授業が開始されました。
授業の内容は教科書に則り、まずは先生が生徒一人に実施をします。押し方の注意などを身振り手振りで行いながら、一項目が終わるまで行います。一項目が終わったら、生徒同士がペアを組み、先生が行ったものを実施します。その押し方や姿勢などを先生がチェックをして指示してくれる授業。初日、私はマギーと組んで行いました。まぁ、お互い素人。押すポイントも違えば強さも弱い。特にマギーはタイ二回目だったので、タイ古式をそれほど受けたこともなかったのでしょう、摩るような押しが多くてくすぐったかったのを覚えてます。
そして、私としては少し辛い5日間の授業が開始されました。

>>タイ古式学ぶならワットポー校(通学編2)
>>タイ古式学ぶならワットポー校(準備編2)


ポチっとクリックお願いします。

タイ古式マッサージを学ぶならワットポー校(準備編2)

バンコクのワットポーでタイ古式マッサージ学校に通いたい方の事前情報として、いくつか参考になればと思い、あくまでも私視点で良かったことを書いています。今日は準備編2ということで、どこに宿(ホテル)をとったら良いか?を。
スクンビット校なら、BTSの駅から近いので選択肢はいくつでもあると思います。近くのプロンポン駅やトンロー駅辺りには、多くの日本人が利用して良いとクチコミされているホテルがたくさんありますし、BTS沿いであれば渋滞を気にせずに通学ができます。
ただ、ワットポー本校は場所はちゃんと選ばないと渋滞やら何やらで不便なことが多いと思います。最初、私も学校の近く?バスで通える範囲?と悩みながら宿を探してました。バンコクはホテル天国だというのに、このワットポー周辺にホテルがあまりないのが現実。いつくか候補があるものの、料金が高かったり、設備が悪そうだったり、また、一度外出したあとに戻ってくるのも面倒な場所だったり。そしてワットポー周辺の昼間は朝夕は渋滞する可能性が大。バスとかで通うものなら時間は読めない。いろいろ考えた末、渋滞しらずの水上バスを利用することにしました。そして、タイに来たら食事と飲みは外せないので、宿からあまり遠出をしなくても良いところ、、カオサンとの結論に達しました。

朝のカオサン通り

朝のカオサン通り

夜のカオサン通り

夜のカオサン通り

ガイドブックにカオサンの説明はたくさんありますので省かせて頂くとして、訪タイ20回以上あった私ですが、カオサンに宿をとったのは始めてでした。今まではプラトゥーナム、スクンビット、トンロー辺りにほとんど宿泊してました。理由としては、以前に中国の安宿でドロボーにあって以来、少し高くても安心を買えるところを重視していたからです。バンコクの中でカオサンは「安宿、バックパッカー、白人がうるさい」のイメージが強かったので、遊びに行くことはありましたが、宿をとったことは一度もありませんでした。私にとって酔っぱらいの白人ほど近づきたくない人種はいませんから。。。そんな理由もあり、私がとった宿はカオサンでは高いと思われる宿(Buddy lodgeバディロッジ)、一泊1500Bを予約しました。ホテルは清潔で良かったのですが、真下に人気のライブハウスがあるので、深夜までうるさかったかな。雑音とか気になる方は無理だと思います。まぁ カオサンに宿泊した時点で雑音覚悟はすべきなんですけどね。(川沿いには静かなホテルもたくさんあります)それ以外は、清掃もしっかりやってくれるし、屋上にはプールもあるし、入口のセキュリティーはしっかりしてるし、安心して泊まることができました。あっ 日本語話せるスタッフはいませんでした(英語はOK)。気に入りましたので1泊増やして合計6泊過ごしました。

男一人にはもったいない部屋ww (Buddy Lodge)

男一人にはもったいない部屋ww (Buddy Lodge)

ホテルから学校までの時間は、ホテルから船着場までは歩いて7.8分。カオサンの船着場からワットポーの船着場まで10~15分程度、ワットポー船着場から学校までは歩いて3.4分。船に乗ったらワットプラケオの次で降りると覚えておけば大丈夫。それとガイドブックをチェックすればわかると思いますが、船には旗の色で止まる船着場が違うので注意してください。オレンジ旗だと各駅に止まるはずです。ただし、土日は運行本数や止まる船着場も変わるので、時間に余裕をもって出てください。平日にオレンジ以外でもワットポーに止まる船もありますが、土日は運行スケジュールが変わるみたいで止まらないこともあるので注意してください。そんな時に、簡単なタイ語で聞くのも良いかも「パイ ワットポー マイ?(ワットポーにいく?)」※マイは声調あげてください。
朝の通勤時間には通学する学生やら社会人やらと一緒に船に乗ると、また違った体験ができます。ちなみにトゥクトゥクで交渉してワットポーまでは100~200B(交渉次第でしょうが)取られます。船は7Bでした。
ワットポー本校へ歩ける範囲で宿を取る方もいますが、私はカオサンをおすすめしたいな。

・船を使えば渋滞による心配がない
・学校が終わった後でも楽しめる
・タイの雑多な雰囲気を味あわえる
・買い物、食事が安い
etc.こんな理由で。

訪問タイが、はじめて~数回の方でも、10回以上来られている方でも、一度はカオサンに宿泊したら良いかも。夜がうるさい、酔っぱらいが多いことだけは頭にいれておいて、海外であり日本ではないという事だけ忘れなければ楽しめると思います。そして、学校初日がはじまるのでした。

>>タイ古式学ぶならワットポー校(通学編)
<<タイ古式学ぶならワットポー校(準備編)


ポチっとクリックお願いします。