カオラックでタイビーチリゾートしたい。

 タイのビーチリゾート地と言えば、プーケットやサムイ島、クラビなどがあげられます。私が一番最初にタイに来た時に行ったのがサムイ島。そして、以前はプーケットにもよく行きましたが、サーフィンをやめてからは近場のパタヤが多くなりました。南国の日差しが強すぎたので、ビーチリゾートを楽しむのが減りました。クラビはいったことなかったので、一度は行きたいなと思ってたところ、トリップアドバイザーにて面白い情報を入手。

「人気上昇中の観光地アジア」byトリップアドバイザー
1位.ニューデリー(インド)
2位.バンガロール(インド)
3位.カオラック(タイ)
4位.コロンボ(スリランカ)
5位.カロン(タイ)

3位と5位にタイが入っている!!それも行ったことない場所。
これは、近々行かなくてはと思うので、まずはカオラックを少し調べてみることに。

まずは場所はバンコクからだとプーケットの手前。

バンコクからだと行き方は2パターン。

バンコクからだと行き方は2パターン。

タイの南部地方のパンガー県、プーケット島の約100キロ北になります。2004年のスマトラ沖地震ではプーケットの被害が大きく報告されてましたが、タイ国内で最大の被害があったのはこのカオラックだったそうです。
観光はビーチと綺麗な海へのダイビング、そしてラムルー国立公園でのエレファントトレッキングツアーやジャングルリゾート、タイ最大規模であるカオソック国立公園では映画アバターの世界を彷彿させるような神々しいチャオラン湖があるそうです。
プーケットに長期滞在の方は、一泊か二泊をここで過ごしても良いかも。100キロだったら近いしね。
街の雑踏を忘れて、のんびりビーチや自然を楽しむ人にピッタリってことです。このトリップアドバイザーではヨーロッパ人に人気が出てきたと書いてありました。ビーチリゾートなどは、まずはドイツ人が好きになり、次に欧米人、そしてアジア人という流れがあるようです。アジア人に人気でる前に行っておいた方が良さそう。中国人団体さんがいたら、静かなビーチリゾートどころではありませんから。

ダイビングではジンベイサメとかに出会えるらしい。

ダイビングではジンベイサメとかに出会えるらしい。

そして、カオラックへの行き方は、車(レンタカーを含む)除いては、飛行機でプーケットまで行ってからタクシーか、バンコクからプーケット島への長距離バスを乗って途中で下ろしてもらうかの方法になりそうです。
プーケット空港までの行き方は、いろいろありますので割愛させて頂きます。プーケット空港からカオラックまでのタクシー代金は1600B位(すこし古い情報なので、今はあがってるかも)。二人だったら一人800B位になるのかな。プーケットタウンからは1800バーツなので、プラス200バーツ位が相場って書いてありました。
バスで行く場合は、バンコクの南バスターミナルからプーケット行きが出ているので、そちらでチェックするか、カオサンとかの旅行代理店で長距離バスを手配できるので、そちらでお願いしても良いかも。私もサムイ島まで深夜長距離バスを予約した際は、カオサンの旅行代理店でお願いしました。きっと、カオラック行きで予約できるんじゃないかと思います。飛行機と比べて、断然バスの方が安いですが、疲労度はかなりのものがあります。私のような疲れやすいおっさんはバス選択はせずに、間違いなく飛行機を選択します。

そんでホテルは?とアゴダで調べてみたところ。161件がヒットしました。高級ホテルも多くあり、カップルでビーチリゾートを楽しむにはいろいろな選択肢がありそうです。
アゴダの二つ星ホテルで一泊700~800バーツ、三ツ星で1000~1200バーツと行ったところでした。もし、カップルで行くならこんなホテルが良いなと思ったホテル「ザブリザ ビーチ リゾート (The Briza Beach Resort)」は2015年12月11日現在で一泊約2400バーツ(約8500円)でした。良いかも。

そのままプールで泳げるってのが良さそう「ザ ブリザ ビーチ リゾート (The Briza Beach Resort)」

そのままプールで泳げるってのが良さそう「ザ ブリザ ビーチ リゾート (The Briza Beach Resort)」

プーケットの騒がしさから解放され、何もないビーチリゾートを楽しむには、かなり良さそうです。でも、ここはカップルで行くべきだな。間違いなく、おっさん一人旅には修行になりそうです。

明日は5位のカロンを調べてみます。

街や公園でも日焼けはしますので、ご注意を。


ポチっとクリックお願いします。