Wedding page-My style weddin-
top>お役立ち用語集(新婚旅行)

お役立ち用語集

お土産

新婚旅行で一番気を遣うのはおみやげ選びです。
これは出発前におみやげリストを作っておきますが、あれこれ悩み始めるとキリがありません。
ガイドブックなどでその国の代表的な品物をチェックしておき、ある程度の品物は決めておくと、実際の購入もスムーズになります。
もしものために、ちょっとした小物など少し多めに買っておくと、帰国してからとても役に立ちます。
おみやげの渡し先は
●両親、親戚
●媒酌人夫妻、縁談の世話人
●披露宴の世話役の友人、知人
●高額な結婚祝いをいただいた方
●職場の上司、同僚
などです。

エコノミー症候群

『エコノミー症候群とは』

長時間下肢を動かさずに座っていると、太腿の奥にある静脈に血のかたまり(深部静脈血栓) ができることがまれにあります。
この血栓が怖いのは、歩いている間にその一部が血流に乗って肺にとび、肺の血管を閉塞してしまうことです(肺塞栓)。
深部静脈血栓が航空機内のエコノミークラスの旅客から報告されたため、エコノミークラス症候群の名前で知られるようになりました。

『エコノミー症候群にならないためには』

1.常に体を動かします。
2.水分補給をし、アルコールを控えます。 
3.ゆったりとした服装を心がけます。
4.飛行機に搭乗する前に軽めに飲食を摂ります。
トイレに行くのを我慢したり、水分を控えるのは危険です。
もし通路側に座ったならば、隣の人がトイレに立つときには快く協力してあげましょう。

パスポートの準備

海外へハネムーンに行く場合、必ず必要なものはパスポートです。
パスポートを新たに取得する人は、余裕を持って旅行の3ヶ月前には申請をします。
申請から取得するまで2週間ほどかかります。
パスポート申請には様々な書類が必要ですから、事前によく確認してもれなく揃えてから申請に行きましょう。
申請は最寄の都道府県庁の旅券取り扱い窓口で。
パスポート申請に必要な書類は【パスポート申請書類】を参考にして下さい。

必要書類 枚数 申請窓口
1.一般旅券発給申請書 1通 各都道府県の旅券課や旅行会社
2.戸籍謄本又は抄本 1通 各都道府県の市区町村役所
3.住民票写し
(本籍地入り)
1通 各都道府県の市区町村役所
発行日から6ヶ月以内のもの
4.写真(4.5cm×3.5cm) 1通 6ヶ月以内のもの
スピード写真不可
5.未使用の官製はがき 1通 住民票通りの住所、氏名、郵便番号を宛名として明記
6.身元確認の書類
(運転免許証等)
   
前回取得した旅券   有効期間内の旅券を切り換える場合は有効旅券を提出しないと申請できない。
過去に旅券を取得した場合は失効していてもその旅券を提出。

パック旅行

パックツアーの場合、説明会が行われることもありますが、これは出来るだけ参加をして、細かいことをチェックしておきます。
ハネムーンパックの場合は、企画自体を新婚カップル向けに立てているのであまり心配はありませんが、普通の海外旅行パックを利用する場合は、予約時にハネムーンと断っておくと、トラブルのときなど優遇してくれます。
滞在するホテルなどもしっかりと確認して、もし気に入らない場合は、変更が許される範囲で希望を伝えてみましょう。
ただし、内容によっては追加料金がかかる場合もあります。

リンク集

i travel Web ハネムーンの秘訣大公開
http://www.itravel.ne.jp/

地球の歩き方
http://www.arukikata.co.jp/index.html

メデタイ・コム 結婚式の王道/ハネムーン編
http://www.medetai.com/FIRST/LINK/061.html

人気旅行先・都市

『人気旅行先』

人気旅行先はハワイ、オーストラリア、ヨーロッパです。
平均日数は7日前後です。平均費用は二人分で48万前後です。
最近では、ハネムーンは普段感覚の海外旅行と変わらなくなりました。
「挙式日の翌日にハネムーンに出発する」従来の常識と異なり、「ツアー代金が下がる曜日に出発する」ケースも見られます。
また、最終宿泊のみ最上級にする「グレードアッププラン」を利用したり、優雅なレストランで食事をするなど、のハネムーンも増えています。

参考URL↓
http://www.jtb.co.jp/soumu/press/news/00/news31.html

『海外の人気都市』

(1)ホノルル
(2)ゴールドコースト
(3)シドニー
(4)ローマ
(5)グアム
(6)ケアンズ
(7)タヒチ
(8)フィレンツェ
(9)ベネツィア
(10) マウイ島
(11)パリ
(12)ミラノ
(13)ハワイ島
(14)ラスベガス
(15)ハミルトン島
(16)バリ島
(17)ニューカレドニア
(18)エアーズロック
(19)メルボルン
(20)クライストチャーチ
2002年 JTB調べ

参考URL↓
http://www.my-passport.net/honymoon.htm

海外旅行の持ち物

海外旅行の持ち物の準備の仕方は人それぞれ違いますが、やはり基本は「必要最低限」です。
一つあればいいものは、二人で調整して重複しないようにします。

『海外旅行の持ち物リスト』 

●最低限必要なもの

・パスポート
・航空券、ツアーなどの必要書類
・旅行損害保険証
・日本円
・現地の通貨

●必要に応じて

・クレジットカード
・トラベラーズチェック
・旅程表などのツアー書類
・国際免許証
・予防接種証明証
・ビザ持ち物は、旅行先の過ごし方によっても変わってきます。

高級レストランに行くなどの場合、きちんとした服装が必要になりますので、二人でよく相談しておきましょう。
持ち物リストについては【持ち物チェックリスト】を参考にして下さい。

●=必ず用意するもの □=必要に応じて用意するもの

それぞれが用意するもの どちらかが用意すればいいもの
『書類・お金』 ●カメラ
●パスポート ●ビデオカメラ・テープ
●航空券、ツアーの必要書類 ●目覚まし時計
●旅行損害保険証 ●電卓
●日本円 ●缶切り、フォーク、ナイフなど
●現地の通貨 □フィルムの感光防止袋
□クレジットカード □洗濯用品(洗剤、ロープなど)
□トラベラーズチェック □ドライヤー(海外仕様)
□旅程表などのツアー書類 □ミニアイロン(海外仕様)
□国際免許書 □裁縫道具
□予防接種証明書 □ビニール袋
□ビザ □ティーバックなどの飲み物
『日用品』
●日数分の着替えと下着
●洗面用具
●常備薬
●スリッパ
●雨具
●ウエットティッシュ
●生理用品
□タオル
□会話集・辞書
□日焼け止め
□ひげそり
□化粧品

注意点

旅行会社では数多くのハネムーンパックが企画されており、それぞれに特色を持たせています。
ハネムーンの目的が決まり、旅行先も決まったら、旅行の手配をしますが、パックにするか、フリーにするかよく検討しましょう。
海外ハネムーンの場合は、新婚カップルに好まれる国や地域のほとんどはパックプランで企画されているので、どのパックにするか選ぶのも大変です。

●個人旅行

旅行先の現地情報などをきちんと把握して、自分で全て手配すると、こだわりの旅行ができます。ただし、細心の注意を払わないと危険な目に遭うので、くれぐれも注意しましょう。

●企画手配旅行

希望のパック旅行が見つからない場合、旅行会社にお願いして、日程や、希望の場所、などを伝えてプランニングしてもらうことができます。チケットの手配などもやってもらえます。

●パック旅行

新婚のカップル向けに作られたプランもありますから、フリータイムを多めにして2人の時間がゆっくりとれるもの、ホテルや旅先で2人を祝福してくれる演出があるものなどさまざまです。

※パック旅行の注意点

航空会社の確認
出発時間の確認をして希望を伝える
最小催行人数の確認
出来るだけ自分たちの希望を伝える

予算や日程に余裕を持ってプランを立てましょう。
旅行雑誌やパンフレットなどでよく吟味してから決めましょう。

Copyright(C)ONE'S M All rights reserved.