ここ10年の最低賃金、タイと日本の推移を比較

タイのニュースをチェックしてたら「全国一律の最低賃金引き上げに民間部門が難色」とありました。昨年末、タイでは2018年から1日当たりの法定最低賃金を最大で5%引き上げることが賃金三者委員会(労働者、雇用者、政府の代表)で意見が一致しました。しかし、今年に入り調整をする段階で中小企業や農業関連ビジネスではスグに対応が厳しいと難色を示したそうです。
本日は、ニュースにもあったタイの最低賃金についてまとめてみようかと。同時に、日本の最低賃金の推移と比較してみようと思います。タイの政情によって、めっちゃ上がっている年とかあるんですよね。

8f0132558c7a57122dec6519c2ce078d_s

続きを読む

今年はバンコクのロイクラトン観てきます。

明日10月25日から29日の5日間、バンコクで故プミポン前国王陛下の火葬式が行われます。保険省からは、前国王のために徳を積むために飲酒を控えるよう呼びかけたそうです。日本人として、節度ある行動を取りたいものです。
さて、本日は11月初旬に行われる「ロイクラトン祭り」について書こうと思います。タイでは「ソンクラン」と並ぶ祭りとして、最も美しい祭りの1つとしてタイ全土で開催されます。私は訪問タイ50回以上ですが、未だロイクラトン祭りには行ったことありませんでした。今年初めて参加できそうなので、今からワクワクしています。また、チェンマイで有名な「イーペン祭り」でのコムローイ(ランタン)とロイクラトン(灯篭流し)の違いなども紹介しようと思います。タイ好きなら一度は行きたい祭りですからね!写真はチェンマイのコムローイ祭りです。

36f089d001b5b32ec1da306347759cc0_s

続きを読む

タイの6ある山岳民族を調べてみた。

数年前、高田馬場にあるタイ語学校へ通っている時に、モン族のタイ人先生に習ったことがありました。その時は、少数民族などには興味もなく、山より海が好きだったので山岳民族にも全く興味がありませんでした。それでも、タイの歴史に深い校長先生はモン族について目を輝かせて話していたのを覚えています。
日本にも琉球民族やアイヌ民族などがありますが、それ以上にタイには様々な民族が存在します。今日は、タイに多く存在する民族の中で6つある「山岳民族」について知れべてみました。首長族はこの6つに含まれないなど、私にはいろいろ知っておいて損は無い情報になりました。

画像:wikiより 作者 Jialiang Gao: www.peace-on-earth.org

中国のハニ族(タイではアカ族) 画像:wikiより 作者 Jialiang Gao: www.peace-on-earth.org

続きを読む

ジャパンゴルフフェアに参加したタイの4コース。

基本、私はタイへ1人で行くことが多いので、ゴルフをする機会は数回しかありませんでした。フリー1人でコースに行くという人も多いと聞きますが、そこまでしてプレイたいとは思わなかったし、バンコクで初めて回った時が猛暑で辛かった覚えがあったので、無理して行かなくても良いかと思ってました。しかし、一昨年にパタヤで2つのコースでプレイした時は、気候もコースも良く、一緒に回った友人にも喜んでもらいました。もちろん、私も充実したラウンドができ、「タイでゴルフって楽しい!」と思いました。
実際、タイには200以上のゴルフコースがあり、世界で活躍するプレーヤーも沢山います「タイ人ゴルファー「アリヤ・ジュタヌガーン」が凄い。藍ちゃんと比較してみた。」。ある意味、東南アジアのゴルフ天国とも言えるかも。
そんな折、横浜で「ジャパンゴルフフェア」が開催され、そこでタイの4つのゴルフ場の担当者が来日をし、日本の旅行代理店にセミナーを開いたそうです。本日は、日本に来日してアピールしてくれたタイのゴルフ場を応援したく、その4つのコースを紹介したいと思います。料金なども調べてみました。

緑が綺麗なサイアムカントリークラブ

私がプレーしたサイアムカントリークラブ

続きを読む

タイ国内移動、タイ国際航空とエアアジアを料金比較してみた

私がコンサルしている横浜のタイ古式専門店で、タイ人セラピストとの会話。
私「来月はソンクラン、タイに帰るの?」
タイ人「今年は無理ですね、チケットも高いし」
私「いつも帰るときのチケットはTGで取るの?」
タイ人「TGは高いからエアアジア、私はチェンライへ帰るから1000バーツ位違う」
バンコク中心の私としては、ここ数年のタイ国内移動といえば、パタヤへのバス移動のみでした。だいぶ前にチェンマイ、プーケット、サムイへ飛行機で移動したことがありますが、その時はエアアジアが就航する前の時。今、どのくらいで行けるのかをタイ国際航空(TG)とエアアジアで比較してみました。地域によってはかなり違ってたので驚きでした。

DSCF4577
続きを読む

チェンマイ2位、京都6位、世界都市ランキング2016

今日は選挙ですね。私は期日前投票をしましたので、今日は20時までゆっくり過ごす事ができます。今回は興味のある候補者もいるので、夜の開票が楽しみ。18、19歳の投票率も気になるところ。高田馬場の喫茶店では、若い子達が普通に話をして盛り上がっているが、選挙に行ったのだろうか・・

さて、今日は米旅行雑誌「トラベル+レジャー」の読者投票による2016年の観光都市ランキングに注目したいと思います。
なんと!最新ランキングでタイの都市チェンマイが2位に輝きました。そして残念なことに、昨年まで2年連続で1位だった京都が6位に落ちてしまいました。最新のトップ10はこちらになります。

チェンマイのロイクラトンは幻想的ですね 画像:www.global-produce.jp

チェンマイのロイクラトンは幻想的ですね 画像:www.global-produce.jp

続きを読む

駐在員生活費ランキングでアジアで東京は1番。さて、バンコクは・・

イギリスの調査会社ECAインターナショナルが世界の駐在員生活費ランキンを発表しました。そのアジア太平洋地域において、1位東京、2位香港、3位上海で、タイでは39位バンコク、48位チェンマイでした。
駐在員をしたことがない私としては、この駐在員生活費ランキングってのがピンと来ないのですが、要はランキングが高いほど生活費が高いということになるそうです。つまり、このランキングだとアジア太平洋地域では東京が一番お金のかかる街ってことになります。私としては生活費が安い方が良いと思うので、ランキングの低い国から高い国へ行く駐在員にとっては厳しい生活が待っているってことになると思ったりします。その分、多くの手当がもらえると良いのですが、企業はそんなに優しくはないでしょうからね。やはり高い国から低い国に行く方が生活は楽になるかと思います。今日はもう少し詳しく2016年の世界ランキングとアジア地区ランキングを見てみようと思います。

sign 続きを読む

タイはホテルが安くて良いから行くべきという理由

最近、外国観光客の増加により、東京、大阪、札幌などでホテルが取りずらいと聞きます。若い頃はホテルがなかったらサウナに泊まってとかできましたが、さすがに歳も歳なので、次の日に備えてベットでしっかり眠りたいと思うようになりました。タイに行くようになり、ホテルの重要さを更に感じるようになり、安宿よりはクーラーもお湯もでるホテルが良く、欲を言えば星4つ以上に泊まってホテルライフを充実させたいと思うようになりました。
最近のホテル事情をチェックしたところ、「やっぱりタイのホテルでしょ!」というデータがありました。アメリカじゃなく、日本でもなく、タイに行ったほうが良くなりますよ。かなりお得だと思うので比較検討してみてはどうでしょう?まずは、ホテル料金の推移から。

中山美穂主演のサヨナライツカの舞台だったらマンダリンホテル 画像:http://chiroru111.blog25.fc2.com/

中山美穂主演のサヨナライツカの舞台だったマンダリンホテル 画像:http://chiroru111.blog25.fc2.com/

続きを読む

最近、笑ってない方へ。タイのプロモーション動画を観ては?

私が初めてタイに行ったのが約19年前。当時はサラリーマンをやっており、日々のプレッシャーやら、プライベートの事情やらがあり、笑えない日々が続いておりました。そんな時に、ふとタイへ行こう!と思い一人旅で訪れたのがきっかけで、今ではタイに夢中になっています。その時、何故?タイに夢中になったかというと、いろいろなしがらみから開放され「心から笑えた」から。でも、訪タイが50回にもなると、最初の頃の印象が薄れはじめてました。
そんな私に、最初の頃を思い出させてくれるプロモーションが6月1日よりスタートしました。タイ国際航空(TG)とタイ国政府観光庁のプロモーション「スマイルタイランド」。これ観てタイへ行って、思いっきり笑って欲しい!そう思います。ただし、あまりにも綺麗に作りすぎているところもあるので、その辺を踏まえたタイでの注意点も含め紹介したいと思います。

チェンマイで楽しめる象トレッキング 画像:タイ国政府観光庁

チェンマイで楽しめる象トレッキング 画像:タイ国政府観光庁

続きを読む

ロングステイに最適!?チェンマイ北部に日本人が作った露天風呂。

 タイネタを探していると、ふと目に止まったのが「チェンマイ近郊にある日本人経営の露天風呂」。チェンマイから北へ約70キロにあるチェンダオに1店舗だけある日本食レストラン「竹」日本人店主さんが作った風呂、名は「ほたるのゆ」。元々、現地にはタイ人が経営していたドラム缶の露天風呂があったそうですが、それだけでは風情がないと思い日本風の露天風呂を作ったとのこと。現在は、タイ人村長が「ほたるのゆ」の管理をしているそうです。日本の風呂文化がタイでも味わえるって嬉しいことですね。詳細は以下に。

画像:http://gaku404.exblog.jp/16956958

画像:http://gaku404.exblog.jp/16956958

続きを読む