バンコクの人気クラブでナンパする。おっさんには無理っ

タイ・バンコクでは、新たに妊婦を含む22人がジカ熱に感染したと報道があり、その報道に対してパニックにならないようにと保健省が呼びかけているそうです。ジカ熱に関しては、以前のブログ「タイでもジカ熱、毎年5名ほどは発症。」でも書きましたが、ここ数年タイで感染者が拡大しております。しかし、そのほとんどは軽い症状で済む病気なので、パニックに陥る必要はありませんが、ただ妊婦さんだけはご注意下さい。詳しくはブログをどうぞ。

 さて、ジカ熱のニュースとは別に気になったが、タイ軍による「バンコク市内のナイトクラブ摘発」。摘発されたのは、スクンビット通りにある「クライマックス」、「ダーワット・レストラン&ナイトクラブ」、そしてトンローにある「ビーム」。それぞれは法定営業時間外に営業をしており、軍が音楽を止めさせ照明をつけ、客、店員に身分証明の提示と麻薬使用検査の尿検査を実施したそうです。お店には40~200人の客がおり、外国人も含め行われたとのこと。やっぱり、パスポートは持ってた方が良さそうですね。
今回摘発されたクラブを調べてみたら、ゴーゴーあがりのお姉ちゃんがお客さんを連れていくようなクラブのようです。考えてみたら、ここ数年はバンコクのクラブに行ってなかったので、今日は最近のクラブ情報を調べてみようかと思います。

Route66 画像:facebookページより

Route66 画像:facebookページより

続きを読む

タイ激安旅行9 タイのクラブを探検してみました。

過去に何度かタイでクラブ?ディスコと言われるものに行った事がありました。最初の数度はタイポップアーティストのライブを見るため。普通にクラブに入れば、めっちゃ近くでライブを見ることができました。一番印象に残ったライブはKAT。可愛くてパワフルなライブでした。

それから久しく行かなかったのですが、昨年に現地で会社を運営している人と一緒にカオサンのクラブに行きました。名前はThe club。8.9割が白人で、めっちゃ盛り上がってたのを覚えてます。

今回、友人の目的の一つが「タイでクラブを楽しむ」だったので、場所案内を兼ねて2件ほど行って見ました。

カオサンにある「The club」

カオサンにある「The club」

まずは23:00頃にスクンビットソイ20にあるウィンザーホテル地下にある「scratch dog スクラッチドック」へ行って見ました。入り口で400バーツ払って2ドリンクチケットをもらい、入るときには腕にスタンプ。これは出入り自由だな と確認して、いざ中へ。。。がらーーん。客は一組だけ。めっちゃ広いフロアにはスタッフが10人以上。。。

事前情報で見逃してしまったのですが、ここが盛り上がるのは2時過ぎだとか。多くの飲み屋が2.3時頃に閉まるのだが、ここは朝までやっているので、お店上がりの人が多く来るなんてのを見逃してしまったものだから、スタンプもあるので後で来ようってことになって、一旦、出てから2時過ぎに来て見ようとことになり、前回行った事あるカオサンのThe clubに向かうことに。

スクンビットからカオサンへの移動。。。土地勘ある人なら分かると思いますが、また戻って来ること考えたら移動しません。今回は、彼へのサービスです・笑

カオサンは相変わらずの盛り上がりよう。白人ってガヤガヤ騒ぐ天才かと思います。若い頃は、この騒ぎが楽しかったのですが、もう歳かな・・・うるさくて。そんな騒がしいカオサン通りを2/3くらい歩いたらThe clubが見えてきました。

エントランスは100バーツでビール一本買うだけ。さすが白人の街、安い。

スクラッチドックとは違い、写真にもあるようにめっちゃ盛り上がってます。白人6割、黒人1割、タイ人2.8割、アジア人0.2割って比率ですかね。完全アウェイですわ。

友人はやっと盛り上がったらしく、フロアをウロウロ回って様子を伺っていましたが、しばらくして戻ってきて一言「白人ばかりで適いません」。まぁ、分かりきった答えですが、ここのクラブは白人目当てに来るタイ人がほとんど。アジア人である自分達はタイ語がペラペラでないと白人には対抗できない訳です。ちなみに、クラブ自体は良かったと友人が言ってました。(友人は毎週のように六本木に出没してる)

楽しかったけど、敗北感を味わいながら1時過ぎにTheclubを出て、再度スクラッチドックへ向かうことに。夜だから交渉タクシーばかり・・・ちょっと歩いてから拾いました。

スクラッチドックに着くと、出た時とは雰囲気が一遍。入り口付近には待ち合わせらしき綺麗な女性が数人待っており、日本人らしき若者が入るのに苦労してたり、人がいる雰囲気。

スタンプを見せて入ってみると、溢れんばかりの人。めっちゃ盛り上がってました。

入り口付近に陣取ってみたのですが、次々と人も入ってきて、中にはめっちゃ綺麗は雰囲気の女性も。これは!!と気分も盛り上がってきた友人は、再度フロア探検。。。20分ほどして戻って来た彼が一言「4000バーツって言われちゃいました」

プロやん!

自分は歳なものでゆったりとフロアの雰囲気を眺めるだけで十分でしたが、暗闇なので判断がつきにくいのもありますが、多くのオカマさんを発見しました。それはそれはすらっと背が高くて綺麗な髪をしてました。

4000バーツと言われた彼がやっと諦めたようなので、近くのバービアで反省会。そこで、バービアのおねーちゃんが、スクラッチドックはオカマがたくさんいるから気をつけて。とな。

友人はプロのオカマに声をかけたのだと思われます。ちゃんちゃん。

次の日は日本人好みのお店へ彼を案内しました。
かなり喜んもらえたので良かった。
遊び場は人それぞれですが、それぞれの国による好みってあるんですよね~バンコクにはそれがほとんど揃っているのがすごいところ。

私にとっては短いタイ滞在でしたが、案内すると更に短く感じられる。「あれもこれも・・・」とまだまだ案内しきれないことが沢山。今回の旅行の一部だけ紹介しました。社会人が行く激安旅行(最低限の安全確保)でも十分楽しめました。タイはそれだけ多くの魅力を持った国なんですよね。

二人共、帰りはぐったりしてましたが、またタイに来よう!と思うんですよね。

<<タイ激安旅行8 ワットアルン

海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓


 


タイ旅行 ブログランキングへ

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ