バンコク・サボイでシーフード♪

サボイ(savoey seafood)でシーフードとデザートを楽しむ♪

バンコクにある広告代理店の方との打合せで、代理店のタイ人の方が「最近、サヴォイって日本人に人気ですよね?」と。「サヴォイ?サボイ?」と聞き返した私は、その人気店を知りませんでした。代理店の方いわく、お客の60%が日本人らしくプーパッポンカリーが美味しいとのこと。そして、そのプーパッポンカリーはソンブーンのとは違い油まみれではないと(歳のせいもあるかもしれないが、ソンブーンの油が少し厳しいなと思っていた)。
「日本人に人気」で「プーパッポンカリーが美味しい」と聞けば、スグにチェックしなきゃってことでお店に向かうことに。代理店の方との午前中の打ち合わせが終わって、一番近くにあったスクンビットソイ26にあるお店に向かいました。いや~美味しかったぁ。

1

サボイ(Savoey)とは

まず、サボイ(Savoey)について調べてみました。創業は1972年。現在8店舗を展開中。タイ料理で45年以上っていうことは老舗といっても良いのかな。ちなみにタイ語は「เสวย」で、(王が)召し上がる、食物と辞書にありました。

そして、Facebookページをチェックしたら「本場プーケットから上陸!」と。本家はプーケット?なんだと思いながら、でも、WEBページにはバンコク近隣の店舗だけでした。。うーん。まぁ、どっちでも良いか。

店舗の中で一番目立ってたのが、スクンビットソイ26にあるサボイシーフード(savoey seafood)。打ち合わせ場所からも近かったので、そちらの店舗に行くことにしました。

サボイシーフード(savoey seafood)の場所

BTSプロンポン駅から徒歩20分、バイタクで2.3分のA-Squire内。行きは歩いて行って、帰りはバイタクを使いました。正直、プロンポン駅から歩くのは少し遠いので、タクシーかソイAriに入ったところからバイタク利用がおすすめですね。

2

ちなみに、近くにはビッグCエクストラや日本街モール「バンコク玄風館で美味しいレバ刺し頂きました。あくまでも自己責任でね」、湯の森もあります。

サボイシーフードの店内

お店に着いたのが13時30分頃でお客はほとんどいなく、奥の方では既にディナーの準備に取り掛かっていました。区切りスペースとか沢山あるので、宴会などが入るんでしょうね。

私が案内されたのは、入ってスグ右手前の席。店内を全体的に見渡せる良い席でした。

3

天井が高くて気持ち良い空間。白が貴重の海のリゾートレストランって感じ。壁には絵が。

4

この魚を持っているおにーさんは微妙かな、でも良い味を出している。

奥や右手には、いくつか個室がありそうでした。また、左手からはカラオケらしきタイ人の歌声が聞こえてきました。きっと、カラオケ付きの個室もあるのかなと思いつつ、メニューをチェック。

サボイシーフードのメニュー

フードとドリンクのメニュー。ここで一抹の不安が。。

5

ここって一人で来る店?

多くのシーフード料理店が複数人で取り分けるように1皿の量が多い。もしかしたら、1品でお腹いっぱいになっちゃうのでは?

とは思いつつ、1人で来ちゃったものは仕方ないので、まずはビールってことでシンハー生をオーダー。もちろんサイズは大きい方!

6

あれ?いつものシンハーと色が違うぞ。

基本、細かいことを気にしない私は、まずは飲んでみようってことで一口。

う・ま・し!!!

7

なんだ!この美味いビールはってことでメニューを詳しくみたところ、シンハーのクラフトビールと書いてある。これ、日本で飲みたいなと思いながらも喉が渇いてたのでグビグビっと。

後で調べてみたところ、シンハービール直営の地ビールレストラン「EST.33」ってのがあって、そちらで飲めるビールの一つがこのCPPER(コッパー)らしい。ちなみに、このCOPPERって「銅」って意味ですな。

ビールで喉が潤ったところで、メニューを見て2品だけオーダーしました。食べきれない可能性があったのでね。

サボイシーフードのプーパッポンカリーを実食

あっという間にビールを半分ほど飲んだところで、1品目が来ました。

8

センミーパットガチェークン(เส้นหมี่ผัดกระเฉดกุ่ง)
海老とガチェーの細麺炒め。日本の海老焼きビーフンって感じですかね。

ビールのつまみにはピッタリでした。これでビールお代わりってしたかったけど、まだお昼ってことで我慢。

続いて、2品目。

9

ヌアプーパッポンカリー(เน์อปูผัดผงกะหรี่)
蟹の身のカレー炒め。蟹の身を取るのが面倒だったので、身だけのプーパッポンカリにしました。マイルドなカニカレー炒めって感じでした。

プーパッポンカリを例えるなら、ソンブーンは男性向け、サボイは女性向けですかね。ソンブーンの方はご飯をガツガツ食べたいで、サボイはこれだけで楽しむ感じですかね。あくまでも、私個人の感想。

10

これに小ライスを追加して、お腹がいっぱいになったところに魔の誘惑。

「デザートはいかがですか?」

と笑顔で店員が近づいてきた。ここは、食べるっきゃないでしょ!ってことで、頼んだのがこれ。

11

バターケーキマンゴー(มะม่วงกะทิบัตเตอร์เด้ก)
ココナッツアイスクリームに角切りマンゴーと角切りバターケーキ、そこに生クリームが添えてあります。

これ、久しぶりにヒット!できるだけ甘いものを控えていた私ですが、お代わりしたいくらいめっちゃ好きな味でした。

もう動けないってくらいお腹いっぱいになり、お会計をしました。

12

生ビール(大) 220バーツ
エビの細麺炒め(小) 135バーツ
プーパッポンカリー(小) 320バーツ
ごはん(小) 25バーツ
バターケーキマンゴー 80バーツ

サービス料・税込の合計947バーツ(約3300円)

まあまあのお値段。でも大満足のランチでした。

おすすめのターゲット

女子が入っているグループのディナーにおすすめ。ガツンではなく全体的にソフトな感じかな。5.6品は楽しみたいなら最低でも3.4名で行った方が良いでしょうね。デザートも美味しかったので、食べ比べしてみるのも楽しいかも。

サボイシーフード(savoey seafood)の詳細

店名:เสวย Savoey Seafood restaurant
住所:120 Sukhumvit 26 Alley、Klongtan;、Bangkok
電話:020207462
WEB:https://www.savoey.co.th/
Facebook:https://www.facebook.com/savoey.JP
地図

~thaiuniおっさんのつぶやき~
次は複数人で食べに行きたい。シーフードレストランだけどガイトートが食べてみたい。マナーオとマヨネーズのソースって興味ある~

初めてのタイ旅行で役に立つ一冊。

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページにて告知します。
「いいね!」お願いします。
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/thaiuni7/


参加中☆ポチっとお願いします。

 

バンコク・サボイでシーフード♪” への1件のコメント

  1. ピンバック: 5/14-16バンコク行ってきました♪最新タイ情報 | タイフリークブログ by thai-uni

コメントは受け付けていません。