今年もタイマッサージ店の売上アップをお手伝いしたい。

昨年は多くの店舗の栄枯盛衰を見てきました。年初に掲げた目標を見事にクリアした店舗から、何とか前年売上をキープした店舗、そして、それらの店舗とは違い、売上を上げるにの苦しみ縮小を迫られた店舗もありました。そんな中、私がお手伝いした(本格的にコンサルに入った)タイ古式マッサージ店は、12月に単店舗で月商400万円を越えて、年初に目標とした数字をクリアすることができました。昨年末はタイ古式店舗のオーナーと美味しいお酒を飲むことができました。
そこで本日は、昨年までの店舗コンサルの実績を元に、私からみたタイ古式マッサージ店やタイ料理店など、タイの魅力を感じれる「売上があがるだろう店舗」について書こうと思います。今年も一人でも多くの人に「タイに興味をもってもらいたい」という思いから、売上に困ったいるタイ関連の店舗をお手伝いしたいと考えています。

ブログ用文字

多店舗展開できるお店とは

少し自慢に思う方もいると思いますが、あえて書かせてもらうと、私は売上があがるお店が何となく分かります。もちろん、100%とは言えませんが70%はあてることができると思う。これは、サラリーマン時代とベンチャーでの経営者経験から、地域性、立地条件、サービス内容、スタッフ、決済者等のいくつかの角度から分析してのことです。

その分析をする上で特に比重が大きいのは、「地域性」と「立地条件」と「サービス内容」です。つまり、売上の上がるお店は、オープンした時にほぼ決まると言って良いです。もちろん、それらの条件が悪くて大逆転する店舗もありますが、少し特殊な方法が多かったりします。

つまり、オープン後に売上が上がらない店舗は、「根本的に間違ったお店作りをしている」か「売上が上がるポテンシャルを持ちながらも上げる方法が間違っている」かのどちらかだと思います。

そして、私が得意としているのは「1から10」への膨らましですので、「売上が上がるポテンシャルを持ちながらも上げる方法が間違っている」店舗のお手伝いを得意としています。このような店舗は複数店舗展開が意外と簡単にできます。

逆に「根本的に間違ったお店作りをしている」店舗は、何とかやっていけるだけの売上は頑張りによってその他の条件でクリアできますが、根本を考え直さないと複数店舗展開は難しいです。

複数店舗展開するには売上が安定していることが必要であり、そのような店舗は借入などの条件も良くなります。そして、そのようなお店は良い回転が始まったら、何もせずに売上が伸び続けます。そんなお店をいくつか見てきました。

多店舗展開が可能なお店の3つの特徴

多店舗展開ができる店舗はいくつかの特徴があります。その中でも、私が直感的に感じる3つの特徴は以下です。

1.「驚きがある」

2.「冷静さがある」

3.「柔軟さがある」

「驚きがある」とは、お客に驚きと同時に良い印象を与えるということ。これは、リピーター作りにも役立つし、口コミによる拡散も期待できます。店舗設備、サービス内容、接客等で「驚き」を作れる店舗です。

「冷静さがある」とは、現状を冷静に判断できるということ。強豪店舗と比べてどうなのか?近隣店舗の動向と比べてどうなのか?主観を入れずに客観的に判断することができる店舗です。

「柔軟さがある」とは、現状問題に対して柔軟な対応ができるということ。どの店舗も思いがあって作られてます。ただ、思いだけに囚われては動きが鈍ります。柔軟な発想が必要で、それをスグに行動できる店舗です。

こんなお店をお手伝いしたい

私がお手伝いしたいのは、真剣に複数店舗を考えていることが前提。その上で、以下のような問題を抱えている店舗です。

・売上が伸び悩んでいる。

・スタッフが集まらない定着しない。

・広告費をかけているのに新規客が増えない。

・お客様がなかなか定着しない。

・近くに似たようなお店ができてお客様が減ってしまった。

・タイ人スタッフに悩んでいる。

そのような悩みをお持ちのオーナー様は、まずは無料メールコンサル(1往復)にてご相談ください。今年こそは、タイの魅力をもっと多くの人に伝えられるよう、多店舗展開をしませんか?

~thaiuniおっさんにつぶやき~
タイブームと言われながら、タイ関連の良い店舗少ないとも感じる。今年は、もっとタイの良いお店を増やすお手伝いをしていきたい!

これは凄い!機内で眠れると思う。

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページにて告知します。
「いいね!」お願いします。
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/thaiuni7/


参加中☆ポチっとお願いします。