2017年10月のタイ旅行はご注意下さい。※追記あり

2016年10月プミポン国王が崩御なさってから1年が経とうとしてます。2017年10月26日(火曜)の火葬日にあたり、同日はタイ国民が敬愛する国王に最後のお別れをするための休日となり、前後25日~29日に火葬式が執り行われる予定です。
それに伴い、タイ国全土にて多くのタイ人が喪に服します。この時期にタイ訪問する際、注意すべき点がいくつかあります。タイにおいて歴史的に大きな意味を持つ時期であり、日本人が恥ずべき行動をしないよう注意点をまとめます。アホな日本人にならないようお願いします。

平日なのに、ものすごい長蛇の列

ワットプラケオへと続く列

タイで注意すべきこと

エメラルド寺院は閉鎖

火葬式が行われるワットプラケオ(バンコク王宮及びエメラルド寺院)は、2017年10月1日~29日まで閉鎖されます。この時期観光はできませんのでご注意下さい。また、火葬式25日~29日はワットプラケオ周辺は混雑が予想されます。十分にご注意下さい。

黒い服装を着用します

この時期、多くのタイ国民は喪に服するために黒い服を着用します。1年前に崩御なさった直後に、派手な服装をしてた観光客が白い目で見られたことがありました。外国人だからといって派手な服装でなく、節度ある服を着ることをおすすめします。

交通機関、銀行、病院、公共サービス

タイ全国の観光スポットはワットプラケオ以外は通常営業されます。ただ、アクティビティなどの選択には十分に注意が必要です。深く悲しみの気持ちの中、どのようなアクティビティが相応しいかを選択する必要があります。
【追記】
10月26日はタイ国内すべての銀行の全支店が休業になります。

広告自粛

・10月13日~24日は広告出稿は可能ですが、陽気、挑発的、性的、暴力的、下品な表現は避けて下さい。
・10月25日~27日は広告は自粛するよう奨励されてます。公共機関、会社、デパートなどのメッセージにも平時の40%暗めにするなどのガイドラインがあります。
・10月28日~29日は広告出稿は可能ですが、陽気、挑発的、性的、暴力的、下品な表現は避けて下さい。

言動に関して

厳かな雰囲気で火葬式は行われます。不適切または侮辱的な言動は控えて下さい。タイには不敬罪も存在ます。行動や言動に関しては十分に注意をして下さい。くれぶれもアホな行動はしないようにお願いします。
知っておきたい「タイと日本の法律の違い」代表的な三つ
世界各国渡航禁止だろ!タイで全裸事件起こした日本人。

最後に

この時期にタイへ行きたいと考えてましたが、10月の予定が埋まっててタイに行くことができません。少し遅くなりますが、11月には行こうと考えています。
もし、この時期にタイへ行けるようでしたら、ぜひ行くことをおすすめします。タイ国民の悲しみと哀悼の気持ちを共有することにより、タイのことを深く知れる機会だと思います。お時間のある方は、行かれてみてはいかがでしょうか。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
私の母が他界して半年、時が経つのは早いですね。大切な人を失う悲しみは心に大きな穴をあけます。それを長い時間かけて埋めて行くのが、生きていくってことなんでしょうね。

 

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ


参加中☆ポチっとお願いします。