行ってきました!渋谷のダメなマッサージ店。

この前の週末、お昼頃から渋谷にいました。というのは、セルリアンでジャズコンサートに行く予定があったので、少し早めに彼女と待ち合わせをしてマッサージに行こうとう話になりました。時々ですが、現状のマッサージ市場やレベルがどうなのか?を知るために行っています。これは、日本でもタイでも時間があれば行くようにしてるのですが、正直なところ、マッサージが好きってのが大きいです。
その際のお店選びは、その時の雰囲気で決ます。地域情報誌で探したり、歩いて探したり、評判の良いお店を教えてもらったり。そして今回は、まずはホットペッパーで掲載されてた店舗に電話をして予約してみました。ただし、近くに行ってキャンセル。キャンセル理由は後で書きますね。そして、次に近くにあった1度行ってみたかった大手マッサージ店へ飛び込みで入り、ここでマッサージを受けることになりました。ここがねぇ、、正直ダメでした。今日はダメな理由っぷりを並べてみたいと思います。そして、良いマッサージ店になるご提案もさせて頂きます。

88db790915bfd38f944cd41f76a81999_s

入る前にキャンセルした渋谷のマッサージ店

お昼を食べた後に軽くマッサージをしようってことで、近くに置いてあったホットペッパーで探してみました。その時はマークシティにいたので、道玄坂辺りのお店をときめて、雰囲気の良さそうな写真が掲載されているお店に電話。「スグにできますよ」と若干外国人なまりの声で回答、5分後に行くと伝えお店に向かいました。

しかーし、目的地近くに行っても看板が見当たらない。Googleマップで示しているビルをチェックしても看板がなく、エレベーター横のフロアガイドにも店名がない。少しうろうろしてみたら立て看板を発見したのですが、入口案内が表記されてなく何処か分からないという有り様。そして、消去法をして、ここかな?と目星をつけたビルはあったのですが、フロア案内には店舗がなくそのビルの入口が怪しく汚い。

「受付が中国人なまり」「入口が怪しく汚い」「ビルに看板がない」の3つが揃うと、かつてはハズレの経験しかありません。プロである彼女にも直感が来たようで、大変申し訳ないのですが、即座にお店に電話をしてキャンセルさせてもらいました。

広告サイドとお店サイドにお願い

広告を作る人は「利用者の目線」で作って欲しい。そして、お店に利益が出るような騙して人数をかき集めるような手法でなく、リピーターを作れるような誘導をしてあげて下さい。媒体の品位が落ちるだけです。

お店サイドには、最低限の設備はつけて下さい。明らかに、同国人同士で売買している居抜き物件ってのが分かるし、短期的に利益追求してるってのを感じる。日本人のマッサージ好きを舐めないように。

ダメな大手マッサージ店レポート

店舗対応は良かったよ

できればマッサージはハズしたくないということで、地域情報誌で探すのはやめて、近くにあった大手チェーン店「べ○○グ」さんへ飛び込みで入りました。こちらのチェーン店は、いくつかのブランドを展開しており、JRさんとの関係もあり駅構内とかにも店舗があったと思います。

その後の予定もあったので、私は全身整体60分、彼女はリフレ60分にして、それぞれ施術部屋に入りました。ちなみに、店内はさすが大手と思うような作りで、さほど豪華ではないけど落ち着きのある空間で、アメニティーも充実してました。

頑張っている女性セラピスト

私を担当してくれたのが女性のセラピスト。経験1年で以前は全く違う職だった女性。経験1年の割には、しっかり圧が伝わってきました。この子やるな!と思い、いろいろ聞いてみました。実は1度、指を壊してペットボトルも持てなかったとのこと、それでも悔しくて頑張ったそうです。

マッサージソムリエを自負する私としては、技術はまだまだかなと思います。ただ、彼女のようなセラピストが、指や手を壊さずに技術が伸びていって欲しいと願います。気持ちが伝わってくるマッサージで気持ちよかったかな。がんばれーっと思う。

大問題の男性セラピスト

さて、大問題だったのが彼女を担当した男性セラピスト。彼女が施術室から無言で出てきた時は全く分からなかったのですが、お店を出た後に不満が爆発!それを聞いた私も、女性セラピスト頑張れと思ってた「ベ○○グ」の印象が激落ち。

その理由は、

なんと!男性セラピストはマッサージの途中で寝た。
そして、強さなどの会話は1回だけ、その後は無言でリフレを続けてた。

彼女いわく、「べ○○グのレベルってこんなものだったのね」と。そして「2度とあの男性セラピストには身体を触らせたくない」だそうです。彼女は何百人とセラピストを指導してきた人ですから、性的な問題という以前にセラピストとして失格だと判断したようです。私が女性セラピストが頑張ってるよと言ってたので、お店で文句を言うのは控えようと思ったらしいです。

ちなみに彼女の怒り度は、「やんわりとお店にクレームを言う」(低)⇒「黙ってお店を出る」(中)⇒「はっきりとクレームを言う」(高)になり、(中)以上は2度とお店に行かなくなります。今回は(高)レベルになりますね。

大手チェーン店にお願い

大手チェーンになれば、このマッサージ業界について回ってくる「人材問題」が切実なのは分かります。セラピストのレベル差が出るのは仕方ないと思うのですが、常にレベルや接客をチェックする機能を取り入れなきゃダメじゃないかな。

最後のアンケートに文句を書くのは、次回も来たいと思う人だけですよ!

今回のように埋もれてしまってる「大問題」を吸い取る体制を作らないと、マッサージ業界全体のレベルがあがっていきません。ベ○○グさんのような大手が率先して導入してくれないと、顧客を不満にするセラピストが増えてしまいます。

今回の問題は男性セラピストではなく、男性セラピストを現場に出させているお店側だと認識して欲しい。「ここのセラピストみたいになりたい」と思うよな接客をすることによって、人材問題も解決できるんじゃないですかね~

とにかく、私と彼女は最低5年はべ○○グさんに行かないことを決め、誰にも勧めないこととなるでしょう。だって、マッサージってこんなもん?って失望させたくないですから。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
タイも日本も、大手になればなるほどハズレを引く可能性が高いという現状がある。とにかく、マッサージ中に寝るってのだけはやめて欲しいわ。金返せ!

講談社なのね。自らするマッサージはやりすぎに注意、気持ちよい手前で止めるのがコツだそうです。by教えるプロ彼女

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ


参加中☆ポチっとお願いします。