タイ南部で養殖場からワニが脱走。何匹逃げたか分からないそうな

タイにニュースをチェックしてたら、ワニ関連のニュースが2つ。1つは「タイ南部ソンクラー県の大規模ワニ養殖場から体調2~3メートルのワニが数十匹逃げ出した。20匹は射殺したが全部で何匹脱走したか分からない」。そしてもう1つは「プーケットのバンタオビーチでワニの目撃情報、ドローンでビーチ沖を泳ぐワニを撮影したが、未だに捕獲できず」。ソンクラーとプーケットは近いですが、今回の関連性は無いと思います。
タイで注意すべき爬虫類として、蛇についてブログで書きましたが「タイ人男性、蛇にトイレで性器噛まれ失神。タイのヘビ事情。」、どうやらワニについても知っておいた方が良さそうなので、調べてみることにしました。万が一、出くわしてしまった時の対処法も書いておきます。

MIYADSC_3872_TP_V

ワニの生息地

タイをはじめ東南アジア各国が、ワニの生息地になります。私が持っていたワニのイメージはクロコダイルダンディーのオーストラリア、そしてアマゾン川流域でした。もちろん、アフリカのイメージも強かったですが、どちらかというと東南アジアはワニというより蛇のイメージが強かったですね。これは、私が観た映画の影響かも。

ワニ生息地 wikiより

ワニ生息地 wikiより

ワニの種類はアリゲーター科、クロコダイル科、ガビアル科の3科に多くは分けれます。タイに生息している主な種類は、クロコダイル科のイリエワニ、シャムワニ、モレレットワニ。

また、タイには今回逃げ出したソンクラー県のような大規模なワニ養殖場がいくつかあり、世界有数のワニ養殖国でもあります。これらの養殖場は、カンボジアから稚ワニを輸入し、3年間養殖をしてから、革や肉、血液や脂などを海外に輸出。中には、そのままワニ革や肉を製品化するところもあります。ちなみに、日本にもワニ養殖場はあり、最初にできたのは静岡県湖西市にある「小池ワニ総本舗」になります。

そして、タイでワニを観るスポットといえば、バンコクから車で1時間ほどにところにある「クロコダイルファーム」。毎日、クロコダイルショーやエレファントショーなどが開催されており、ワニに餌をあげることもできます。数年前に、タイ人女性がワニ飼育池に飛び込み自殺したところでもあります。想像しただけで恐ろしくなる。。

私は、タイで野生のワニを観るというのは、あまり聞いたことありませんのでした。ですので、今回のプーケットでのワニ目撃情報は、少し怖いと感じました。だって、波打ち際で遊んでたら、海からワニが現れたなんて想像しただけで鳥肌が立ちます。

ワニの対処法

そうあるとは思いませんが、万が一、ワニに出くわしてしまった時の対処法を調べてみました。

陸上でワニに出くわした場合の対処法

ワニの陸上での最高速度は時速18kmと言われており、一般の人だと時速20kmと言われてるので、思いっきり走れば逃げ切れます。そして、ワニは長距離は苦手なので、ある程度走る続けれれば簡単に振り切れそうです。慌てて転ばないように、落ち着いて走って逃げるです。

水中でワニに出くわした場合の対処法

ワニの水中での最高速度は時速32kmと言われています。どうやら、泳いで逃げることは不可能。そして、ワニが噛み付いたら体を回転させて獲物の肉を引きちぎります。つまり、ワニに噛まれたら一巻の終わり。少し無理がありますが、できたら口を開けさせないようにする。ワニは口を閉める力は強いが、開ける力はさほどでも無いそうです。また、水を跳ね返したり等でワニをびっくりさせる行動をしたりして、できるだけ早くにワニの目を潰すこと。ワニにパニックを起こさせる方法以外に助かる方法はなさそう。

ちなみに、小さいワニは柔らかい餌を好み、自分より小さいものを餌とするので、人間を襲うことはないようです。しかし、体調が2メートル以上になるものは、人を餌の対象として捉えます。そんなワニがいそうなところでは、泳がない、水辺で遊ばない、を守るべきですね。

ワニ肉が食べれるとこ

最後に、私も一度だけ食べたことがある、東京でワニ肉が食べれるお店を紹介します。日本にはいくつかありますが、都内であれば高田馬場にある「米とサーカス」さん。こちらは、ワニに限らず、鹿、熊、うさぎ、ダチョウ、らくだ、カンガルーなどの肉料理が食べれます。

また、私は苦手なので食べたことありませんが、ウーパールーパーの姿揚げ、オオグソクムシの丸揚げ、タガメアイスラ・フランスの香りを添えて等の変わり種メニューもあります。興味あるかたは行ってみて下さい。私が行った時は、スタッフが明るくて、気持ちよい対応してくれました。ワニ肉は淡白で食べやすかった覚えがあります。普通に美味しかったですね。

まぁ、ワニに襲われるなんてことは、ほぼほぼ無いでしょうが、対処法だけ知っておくのは良いかと。とにかく、陸では落ち着いて走って逃げる。覚えておきましょう。そして、水中では出くわさない。これに限ります。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
当時、映画アリゲーターは衝撃的だった。動物パニック映画系ではよくできていると思う。アナコンダも好きだったな。

ワニステーキとワインって合いそうだな。

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ


参加中☆ポチっとお願いします。

タイ南部で養殖場からワニが脱走。何匹逃げたか分からないそうな” への1件のコメント

  1. ピンバック: 救急車に道を譲らなかったら。タイと日本の場合。 | タイフリークブログ by thai-uni

コメントは受け付けていません。