スクート航空を利用してみた。バンコクドンムアン空港-成田空港

今回のタイ旅行での目的の一つである。格安航空会社はありなのか?なしなのか?を検証してみました。私はエアアジアなどの格安航空会社を利用してことがありません。ただし、格安ではありませんが、もしかしたら格安よりひどいとされる中国東方航空は利用してことあります。この航空会社は二度と利用したくないと思っており、無料でも利用したくないと思っています。「タイ激安旅行2 中国東方航空でタイへ
今回は同行者の都合もあり、格安で行くことになりスクートを利用したHISの旅行パックで訪タイしました。これからスクートを利用しようとする方の参考になればと思います。
スクート航空に関しての検証は、搭乗条件、座席周りの装備、機内サービスなどを中心に行いました。

DSCF4255

スクートの搭乗条件は厳しかった

格安航空会社のほとんどが同じなのかな?搭乗する時の条件がうるさかったです。スクート利用には荷物にも制限があるようで、私の場合は20キロまで預けることができるプランでした。ちなみに預けることができないプランもあるので、手ぶらで行く以外は厳しいかもしれません。

DSCF4229

そして、驚いたのが機内にて「持ち込みの飲食物を一切食してはダメ」ってこと。画像ではダメとありますが、持ち込みはOKだそうです。しかし持ち込んだ物は、水すら機内では飲んではダメだと。チェックインするときに確認しました。もし、何も購入しないと決めたら6時間30分は水すら飲めなくなるってこと??殺す気か!とさえ思いました。これだったら、水付きのチケットにしてくれれば良いのにと思ったりしました。まぁ、水すら要らないって人がいるってことですかね。

私はしっかりとルールを守りましたが、全員守るの?と疑問に思ってたところ、隣のタイ人かシンガポール人の座席には持ち込みの水とお菓子が堂々と挟まれてました。笑

DSCF4264

周りを見渡したら、何人かは持ち込みのお水とかお菓子を食べてましたね。もしかしたら、このような事を言われてしっかり守るのは日本人くらいかもしれません。一応、私は行きの飛行機では守りました。というかはじめてだったから守るしかありませんでした。

スクートの機内食の値段

やはり6時間半を飲まず食わずで行くのは辛かったりするので、何度か機内食の誘惑に負けそうになりました。いくらなのかな?とメニューをチェックしたところ。

DSCF4258

よくわからない単位の12シンガポールドル。その時のレートをチェックしたところ、1シンガポールドル=約79円だったので、普通の機内食が約948円、美味しそうなラザニアっぽいのが約1185円。うーん、高いのか安いのか微妙だけど、これにはドリンクがついてないので、ドリンクの値段をみてみると。

DSCF4260

ビールが8シンガポールドル(約632円)、ワインが9シンガポールドル(約711円)、ソフトドリンク5シンガポールドル(約395円)でした。機内食とビールを飲んだら約1550円ということに。
機内食のクオリティーを考えたら、私は食べないかなとの判断になりました。

ちなみに、何人かは機内食を頼んでおり、機内には食べ物の匂いが漂っていました。この匂いに負けそうになりましたが、これから食べるであろう美味しいタイ料理を想像して我慢しました。

スクートの座席周りは

今回利用した機体がボーイング787、座席は3-3-3でした。予測してた通り、機内でくつろげるような設備は一切なし。

DSCF4256

機内灯はありますが、肘掛の上にボタンがあります。ここにはCAを呼ぶボタンもあるので、間違って押してしまった人が何人かみました。私も機内灯を何回か押してしまいました。

DSCF4271

座席に広さは、普通の航空会社のスペースと変わらなかったですね。足を普通に伸ばすことができましたし、あまり窮屈さは感じませんでした。横幅も通常エコノミークラスとかわらないと思いました。

DSCF4257

テレビも音楽もありませんので、そのあたりが必要な方は準備をして搭乗した方が良いです。私はタブレットに映画を5本入れておきました。私のツレは携帯にいくつか小説を入れていました。このような時間つぶしがないと、ひたすら寝るしかないかもしれません。私の横の女性は、ずーっと寝ていました。

スクート航空のCA

女性の制服が体のラインが出るワンピースで、色は黒と黄色でした。少しセクシーっぽかったかな。私が搭乗した飛行機には、日本人が二人含まれており、そのほかはタイ人かシンガポール系の人に見えました。好みは人それぞれでしょうが、私には皆さん美しく見えました。ただし、全体的に背が低い感じがしました。CAさんって背がすらっと高いイメージがありましたが、スクートのCAさんは全体的に小柄な人が多かったような。制服との関係で低くみえたのかもしれません。

離陸・着陸時のチェックは厳しかったです。ベルト、シート、荷物を前の座席に入れるなど、何回もチェックしにきました。2度くらいチェックすれば良いのにって思うのですが、その倍の4回以上はチェックしに来ました。

スクート航空におすすめの方

今回のフライトは行きは2時間遅れ、帰りは1時間遅れのフライトでした。他の搭乗したブログなどをチェックしても、スクート航空はフライトが遅れることが多いようです。フライト時間がずれるのが気になる方は、やめた方が良いかもしれません。時間がずれると商談にも影響が出そうなビジネスマンには向いてないかもしれません。また、6時間は何もないので、その時間を有効に過ごせる方でないと手持ち無沙汰になると思います。基本、CAのサービスは全て有料になるので、その部分を含めて考えた方が良いかもしれません。

ただし、直行便でこの料金は魅力的です。上記のことが我慢できたら、おすすめしたい航空会社です。学生さんとか何度かタイにいきたいって人にはピッタリではないでしょうか。また、前日から入って時間に余裕のあるビジネスマンにも向いていると思います。搭乗中に企画書とかまとめることもできますから。

私は機会がありましたら、また利用してみたいと思います。ただし、ANA、JAL、TGも好きかな。マイルも貯めたいし、ビールも飲みたいし、最新の映画もみたい。
それを選ぶか、その分を我慢して二回行くか?悩むところですね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
私のようはおっさんは、できたらビジネス以上でフライトしたい。6時間ってかなり辛かったりするんですよね~。その分稼げってことになりますな。

タイに関する相談はお気軽に♪
タイ関連商品の調査・マーケティングも承ります。

今回のスクートでは上限20キロまで。
いろいろ買ってくる人は、これ持ってた方が良いかも。


参加中☆ポチっとお願いします。