バンコク行ったら一度は行くべきソンブーン(สมบูรณ์)の店舗。行き方。

今月20日からインスタントラーメンで有名な日清食品から「カップヌードルプーパッポンカレー ビック」が発売されるそうな。内容は、かに風味かまぼこやレッドベル、かきたまなどを甘辛のカレースープ食べるものらしい。あのプーパッポンカリーの味がでるかどうかは疑問であるが、発売されたら食べてみようと思う。
そのプーパッポンカリーで有名なのが、バンコクで観光した際におすすめレストランとして人気の「ソンブーン」。私も多くの友人を連れて行ったことがあり、いろんなガイドブックでも紹介されています。このお店は、初めてプーパッポンカリーを作ったお店とし、日本人のファンも多いお店になります。今日は、これからバンコクに行こうと思っている方にソンブーン店舗の行き方をまとめます。※2016年6月現在情報になります。

画像:http://oj-travel.com/

画像:http://oj-travel.com/

プーパッポンカリーのソンブーンとは

まず最初に、ソンブーンについて簡単に紹介します。
「プーパッポンカリ(蟹の卵カレー炒め)」発祥のお店。1969年創業、今年で47年目47周年になります。タイシーフード料理が美味しく食べれるお店として人気があり、2016年6月現在ではバンコク市内に5店舗。こちらには数多くの著名人も訪れており、2003年には小泉元首相もソンブーン本店を訪れています。

人気メニューである「プーパッポンカリー」誕生は、創業者がもともと蟹をカレー味で炒めた料理があったところに、そこに卵を入れたら美味しいのでは?と思いつき入れてみたのがきっかけ。最初は家族に食べさせてみようと思った料理が、今ではソンブーンに来た客のほとんどがオーダーする看板メニューとなりました。

多くのガイドブックにも紹介されている、バンコクに行ったら一度は行った方が良いお店になります。ソンブーンはシーフード以外でも美味しい料理が沢山あり、地元の人にも根強い人気があります。
WEBページ:http://www.somboonseafood.com/

バンコクのソンブーンの行き方

ソンブーンのホームページにありましたが、最近ではタクシー運転手がソンブーンに案内すると見せかけて、別のお店に連れて行き多額の請求されたという被害があったそうなので、タイ初心者のためにタクシーを使わないで行けるところ(少し無理すれば行けるところ)を紹介します。

まずは、電車のみで行ける2店舗。

ソンブーン サムヤーン支店
住所:315 Chamchuri Square Building, Room 101-102-103 Ground fl., Phya Thai Rd.,Patumwan, Bangkok
電話:0-2160-5100
営業時間:16:00~21:30
行き方:MRTサムヤーン駅直結。チャムチュリスクエアの1階にあります。
※ソンブーンでは新しいお店になるので、あまり知られてないお店になります。
【地図】
サムヤーンマップ

ソンブーン ラチャダー支店
住所:167/9-12 Huay-Kwang Intersection, Ratchadapisek Road, DinDeang , Bangkok
電話:026926850
営業時間:16:00~23:00
行き方:フワイクワーン駅3番出口を出てスグ右手に蟹の看板が見えます。
【地図】
ラチャダ支店

続いて、ちょっと頑張って歩けば行ける2店舗。

ソンブーン バンタットーン本店
住所:895/6-12 Chula Soi8, Bangthadthong Road, Pathumwan, Bangkok
電話: 022164203-4 ,022144927
営業時間:16:00~23:00
行き方:ナショナルスタジアム駅を進行方向前1番出口を出て、ラマ1世通りからチュラソイ5を左、チュラソイ(CHULA)8を右に行った左側。
※「ソンブーンディー」というお店もありますが、ソンブーンとは関係ないのでご注意下さい。こちらが本店になります。
【地図】
本店マップ

ソンブーン スリウォン支店
住所:169,169/7-12 Surawong Rd., Bangrak , Bangkok
電話:0-2233-3104,0-2234-4499
営業時間:16:00~23:00
行き方:BTSサラデーン駅、MRTシーロム駅からスリウォン通りまで向かい、出たら左方向へ。まっすぐ歩くと左側にあります。
※サラーンとシーロム駅はシーロム通りにありますので、そこからタニヤやパッポンを抜けたところがスリウォン通りになります。
【地図】
スリウォンマップ

タクシー利用が必要だと思われる1店舗。

ソンブーン バンヤー支店
住所:32/25 Soi Udomsuk 60, Sukhumvit 103 Rd., Pravet, Bangkok
電話:02-746-6850〜3
営業時間:16:00~21:30
行き方:オンヌット駅からタクシー、スクンビット通りからソイ103で左折、ソイ60付近にあります。
※タクシーで15分位かかるようです。地図は省略します。

いつも私が行くのがスリウォン店。理由は食べた後にパッポンやタニヤで飲むから。他にいったことあるのがラチャダ店です。前回のタイ旅行でもスリウォン店に行きましたが、フロアが拡張されていて、更に集客力が増してました。もちろん、お客も沢山いました。タイの中華系料理になるので、中国人や日本人っぽいお客の比率が圧倒的に多かったと思います。

予算は食べる量によりますが、飲んで食べて一人1000~2000バーツ(3250~6500円)ってところですかね。前回は三人で、プーパッポンカリー(蟹のカレー卵炒め)、パックブーンファイデーン(空芯菜炒め)、クンオップウンセン(エビと春雨の蒸し物)、魚焼き料理(名前覚えてません)、タイ米、ビール(大瓶)4本で一人1200バーツ(3900円)位でした。

中華系なので、複数人で行って料理をシェアするのをおすすめします。一人で行くと、1.2品でお腹いっぱいになっちゃいます。
もし、ソンブーンに初めて行ったら、プーパッポンカリーは食べてもらいたいかな。少し食べづらいのですが、卵を白米と一緒に食べると止まりません。日本人には癖になる味ですね。ご飯が進みます。タイへ行かれる方は、ぜひ!

~thaiuniおっさんのつぶやき~
最初にソンブーンのプーパッポンカリーを食べた時の感動は凄かった。だけど、同じ料理をプーケットでも食べようとオーダーした時はかなり不味かった。ソンブーンのレシピって意外と凄いんだと思いましたね。ただ、ここのところ和食が好きな私にとってはソンブーンの脂はちょっと厳しい。まさにおっさん化進行中です。

タイに関する相談はお気軽に♪

 


参加中☆ポチっとお願いします

 

バンコク行ったら一度は行くべきソンブーン(สมบูรณ์)の店舗。行き方。” への2件のコメント

  1. ピンバック: GWに初めてバンコクに行く方へ、昼の1日フリープランを考えてみた。 | タイフリークブログ by thai-uni

  2. ピンバック: 初めてのタイ・バンコク旅行でおすすめタイ料理店5つ | タイフリークブログ by thai-uni

コメントは受け付けていません。