タイでタクシー被害に合わない為の対策

空港でタクシートラブルを避ける方法

 タイのニュースでタクシー関連の事件はよく出てきます。過去ブログ「タイでのタクシートラブル」でもいくつかバンコクのタクシーについて書いてきましたが、悪質な運転手が後を立ちません。最近のニュースでも「スワンナプーム空港からバンコク都内のホテルまで利用したスイス人が、到着後に6000バーツを支払わせられた」がありました。バンコクのホテルにもよりますが、通常なら200~300バーツで行ける距離です。そこを20倍近い料金を請求するとは・・

20081004172915

 結局、この運転手は被害者の滞在先ホテル側のスタッフから交渉され5400バーツ返した上に、罰金3000バーツとタクシー運転免許取り消しの処分になったそうです。罰がゆるいような気がするけど。
 今回のスイス人ははじめてバンコクに来たそうです。このようにタイに慣れてない人が狙われるケースも多々あると思ったので、そんなトラブルに巻き込まないようにする方法と、万が一巻き込まれた時の対処法をまとめたいと思います。

事前に料金を把握しておくこと

今回のスワンナプーム空港からバンコク都内へのタクシー移動なら300~400バーツもあれば着くはずです。ある程度、タクシー料金を調べておくことをおすすめします。
バンコクでは初乗りが35バーツからスタートします(2016年3月)。スワンナプーム空港のタクシー乗り場から利用する場合は、タクシー料金とは別途空港使用料50バーツが必要になりますし、高速道路を利用する場合は高速料金も別途になります。
中には、前の客のメーターをリセットしないでそのままで乗車させることもありますので、スタートメーターは確認して下さい。

私は韓国旅行の時に、郊外の焼肉屋からホテルに戻る時にメーターリセットされないまま料金を請求されたことがありました。その時は両親もいたので、トラブルを避けて請求通りの料金を支払いました。だいたいのタクシー相場を知ることは大切です。

タクシー乗り場以外からは利用しない

空港使用料50バーツは事前にタクシーが払います。それを乗車後に請求せれます。これは、タクシーが空港から利用する客を拾う入場料みたいなもので、それすら払いたくないタクシー運転手が多くいます。そのようなタクシーは空港から少しはなれたところにいたり、出発ロビーからそのままお客を乗せることがあります。トラブルに巻き込まれたくなかったら、そのようなタクシーの利用は避けてください。

私も以前のドンムアン空港で出発ロビーからタクシーを拾ってバンコク都内に行ったことがあります。空港使用料50バーツはかかりませんでしたが、私もタクシーも空港利用の違反をしているわけですから、気分が良いものではありませんでした。少しの安全を50バーツ(約150円)で買えるのなら安いもんじゃないかなと。

到着後に高額請求をされたら

到着後に高額請求する場合は、メーターを動かしてない時がほとんどだと思います。タクシー乗車をしたらメーターを動かしたかを必ずチェックするようにして下さい。メーターを動かせというと、運転手から交渉してくることが多いです。その場合は断固として拒否することをおすすめします。万が一、高速道路の途中である場合は他の方法で対処しましょう。また、ターボメーター(不正メーター)のケースもあります。料金の上がり方をチェックしておくこともおすすめします。

上記のことを怠って目的地に到着して高額の請求をされたら、そのまま違う場所に連れて行かれないように車のドアを開けてから交渉しましょう。良いホテルの場合ですと、ボーイがいますので、声をかけて助けてもらうようにしてください。このような場合は、警察よりもホテルの方が動いてくれるケースが多いと思います。
ただし、安宿などは対応してくれないことが多いと思います。タイになれるまでは、安全を買う意味でも良いホテルに宿泊することをおすすめします。

私は、この方法で中国旅行の時に不正タクシーを撃退しましたし、今回のスイス人もホテルの人が交渉をして5400バーツ返却させたそうです。ちなみに、スイス人はツーリストポリスにも相談したそうですが、最寄りの警察に被害届けを出せと言っただけだそうです。。残念。警察に行っても被害届だけ書かされてなんにもしてくれませんからね。

出来ることはしておきましょう

私は空港から何十回とタクシーを利用してますが、空港からのタクシーでトラブルに巻き込まれたことはありません。ただ、いつ巻き込まれるかわかりませんので、助手席前にあるタクシーの番号や運転手の名前があるプレートをチェックするようにしてます。何かが起こる前にできることはしておきたいですから。

今回のツーリストポリスの対応は残念でしたが、このように対応するということは類似の事件が多いのだと思います。タイを楽しんでもらうためにも、私も含め十分に注意したいと思います。
ここに書いたのは、あくまでも私の経験に基づくものになります。タクシートラブルに巻き込まれない一番の方法は、タクシーを使わないこと。それじゃ、不便ですし何もできなくなっちゃいます。日本ではないタイにいるってことを忘れずに行動することが重要ですね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
韓国のメーターそのまま事件は、思い出したら今でもムカつきます。そんなことがあると、韓国に対するイメージも悪くなるんですよね。だから、今では興味の無い国No.1になってます。

タイに関する相談はお気軽に♪

 

 


ポチっとクリックお願いします。