続・タイで日本の携帯を使う方法

 今は卒業旅行シーズンになるのかな。この2月、3月は初めてタイに行く方も多くいると思います。私も初めてのタイは19年前の2月でした。それはそれは刺激を受けて、タイの魅力にハマってしまいました。近日中にタイに旅立つ人も多いと思いますので、今日は「日本のスマホをタイで使う」の続編を書きたいと思います。準備期間も必要ですが、今日の出発でも使える方法を書きたいと思います。

E7RY09 Apple Silver iPhone 6 Plus showing the home screen with iOS 8.

iphone制限がなくなることを願います。

まずは、基本中の基本。

日本の携帯をシムフリー化する

前回のブログ「日本のスマホをタイで使う」で詳しく書きました。タイにいる時の使用頻度にもよりますが、空港でおすすめ一週間位のパッケージを申し込めば、十分に携帯ライフを過ごすことができます。タイのどこでも電話できますし、どこでもネットで調べ物やゲームができます。友達とはぐれても、日本のように携帯で場所を確認しながら落ち合うことも可能です。

このシムフリー化には、日本のキャリア・ドコモ、au、softbankにて自分の携帯をシムフリーにしてもらう必要があります。確か3000円位でできるはず。ただし、iphoneに関しては2015年9月以降販売(シムフリー対象機種)でないとできません。
 私は2015年9月(対象になる直前に購入)のiphone6でしたのでダメ。ただ、諦めの悪い私は、今日再度ソフトバンクに電話して確認してみました。。やっぱりだめ。正直、納得いかないんだよな。だって「シムフリーをロックしたなら、外すことも可能だろう」と思いません??絶対にできるはず!私のような人が声を上げて法改正を願えば、変わるかもしれません。が、何となく政治と企業が絡んでいるんだなぁとも感じる。だって、これって段階的にシムフリー化をやるってことですもんね。

私は携帯シムフリー化が一番おすすめです。機種を増やす必要もないし、空港について出たらスグにタイの携帯会社があって、その場で設定してくれるから、とても便利。

日本の携帯で無料通話を利用する

 あくまでもネット環境がある場所限定になりますが、スカイプやLINEラインの無料通話を使って話す。この場合、相互がネット環境が使える状況でなければなりませんので、ホテルやカフェなどのwifi環境が必要になります。タイでもwifiフリーの場所が増えていますので、これでも十分に使えると思います。
 または、イモトのwifiって手もあります。これならいつでもwifiが繋がっているので無料通話利用が可能になりますが、無料じゃない。通話料って考えるとどうなのかな。
 この方法を選択する場合、日本でモバイル通信データのみ利用してる方は日本でwifi環境を試しておいた方が良いです。設定でちょちょいとできますので。

私も、この方法を3年前に使った事がありますが、当時はネット環境もさほど良くなかったので、会話が途切れてしまったりと、思ったより使えませんでした。今は、その時期よりもネット環境は良くなっているので、前よりは良いかもしれません。ただ、電話を使うケースって、友達とはぐれたりした時かな、とも思うので、通話利用中心だったら厳しいと思います。イモトのwifiだったらありなのかも。

そのまま日本の携帯を使う

お金など気にしなければ、そのまま携帯を使うことができます。私は利用したことないのですが、前回のパタヤ旅行にて同伴者がソフトバンクの携帯をそのまま使って、1日2980円だったそうです。電話してラインしてネットで調べ物してました。

 お金に余裕のある方は、こちらでも良いかと思います。空港で面倒なシム入れ替えもありませんし、ネット環境に縛られることもありません。
イモトのwifiだと契約やら返却やらと煩わしさが付いてきます。そのような面倒が嫌な人はそのまま使うに限ります。私の友人はそうしてました・笑

私の場合、数千円がもったいないと思うのでシムフリー携帯を使うことが多いのですが、一週間で1000円位です。そして、今まで1000円分を使い切ったことがありません。私のような一人旅には、携帯なくても十分に過ごせたりします。まして、2人旅でも3泊やら4泊だったら使う機会は少ないんじゃないかな。まぁ、何をするかの目的にもよりますが。

日本で携帯が無いと生きていけない って人は、最初のシムフリー化をおすすめします。契約時期、期間などはキャリアによって違うので、各携帯会社に確認してみて下さい。

でも、3,4日間携帯無い生活ってものよいもんですよ。

 

旅行用バッテリーに♪

 

 


ポチっとクリックお願いします。