もち米とマンゴーが美味しいのであーる。

 カオニャオ・マムアン (ข้าวเหนียวมะม่วง) をご存知だろうか?タイへ何度か行った人なら知っていると思いますが、タイを代表するデザートの一つになります。タイ語でカオニャオはもち米、マムアンがマンゴーになるので、つまりは「もち米マンゴー」になります。
 普通の日本人なら、もち米とマンゴー?と思う方が多いと思うのですが、私も最初は「二つは合わないでしょ・・」と思ってましたが、タイ在住の知り合いに勧められて食べた時の感動は忘れません。マンゴーのこってりとした甘味と少し塩加減が効いたもち米の相性が抜群!一度食べてからは、売ってるお店を見かけたら買ってしまうほど好きになりました。そして、タイでマンゴーが一番美味しい季節が近づいてきてます。これからタイに行く方は、ぜひ食べて欲しいのですが、タイに行けない方でも日本で幾らで食べれるか?調べてみました。

アソークにあるターミナル21のフードコートでも食べれます。画像:http://allied-thai.co.jp/

アソークにあるターミナル21のフードコートでも食べれます。画像:http://allied-thai.co.jp/

ざーっと食べログで東京にあるタイ料理店で カオニャオ・マムアンの価格がでてるのをチェックしてみたところ。

サイアムヘリテイジ東京(東京駅) 950円
タイレストラン 沌 コレド日本橋店(日本橋駅) 700円
タイガーデン 渋谷店(渋谷駅) 850円
クルア・ナムプリック(自由が丘駅) 650円
バンコクキッチン 有楽町店(銀座駅) 650円
等々。

お店によってはマンゴーの仕入れ状況で、メニューにない場合もあるようです。

 ざっと調べて、この値段で食べれるなら、日本で一度食べて欲しいかも。そして、タイに行ったら味を比較してみて欲しい。というのも、タイでは50~60バーツ(150~180円)位で食べれます。おしゃれなレストランでも100バーツ(300円)前後で食べれたりするので、本場の味と比べてみるのも楽しいと思います。日本のタイ料理店が、フルーツ天国タイの味にどれだけ近づけているかを。

 ただ、日本でもう少し安く食べたい方には、カオニャオ・マムアンレシピなどもありましたので、作り方を簡単に紹介しておきます。

材料(二人分)
・もち米(タイのが良いです) 1カップ(175g)
・マンゴー 2個(1人1個の贅沢バージョン)
・ココナッツミルク 80ml
・砂糖 大さじ4
・塩 小さじ1/2
ソース用
・ココナッツミルク 100ml
・米粉 大さじ1(コーンスターチでもOK)
・砂糖 大さじ1
・塩 少々

①もち米を洗って水に2時間浸けた後、水気を切ってから蒸し器で30分蒸す。
②鍋にココナッツミルクに砂糖、塩を入れて火をかけ、砂糖が溶けて透明かかってきたら火を消してボウルに移しておく。
③ボウルに蒸しあがったもち米を入れて混ぜ合わせ、蓋をしてもち米がココナッツミルクを吸収するまで置いておく。

~ココナッツソースを作る~
①鍋にココナッツミルク、米粉、砂糖、塩を入れて火にかける。
②混ぜ合わせ、全体にとろみがついてきたら火からおろし粗熱を取っておく

④マンゴーを食べやすいサイズにカットする。
⑤お皿にマンゴーともち米を盛り付け、ココナッツソースをかけたら完成。

美味しいですよ~

 そして、もうお分かりだと思いますが、もち米、ココナッツミルク、砂糖、マンゴーとカロリーは半端ないです。けど、それ以上に美味しさの方が勝つんじゃないかな。まぁ、デザート食べるのにカロリー気にしてたら、本当に美味しいもの食べれませんもんね。
 カオニャオ・マムアンを食べたことない方は、一度お試しあれ!きっとリピーターになりますよ。

 

 

 


ポチっとクリックお願いします。