先月発売グリコのアイスがタイでバカ売れの件

 先月(2016年1月27日)より、江崎グリコ株式会社が現地の委託工場で製造したアイスクリームをタイにて販売を開始しました。そして、アイスクリームがバカ売れをしている記事がありました。今回の発売商品は、「パリッテ」、「ジャイアントコーン」、「セブンティーンアイス」、「パナップ」の4ブランドで、それぞれ2種類の味になります。ファミリーマート、マックスバリュー、セブンイレブン、TOPS、フジスーパー、などでも販売する予定になっており、そのバカ売れ記事では、マックスバリューのグリコ用アイスボックスが一日で、ほぼ品切れ状態になってました。こんな記事を見てしまうと、普段はアイスクリームを食べる機会が少ない私ですが、売れてるって言うと食べたくなりますので調べてみました。

画像:江崎グリコ株式会社プレスリリースより

画像:江崎グリコ株式会社プレスリリースより

タイのグリコアイスクリーム

「パリッテ」
・バニラ&ショコラ(91グラム) 35バーツ
・バニラ&ホワイトショコラ(91グラム) 35バーツ
※35バーツは約115円(2016/2/07レート)

画像:江崎グリコ株式会社プレスリリースより

画像:江崎グリコ株式会社プレスリリースより

「ジャイアントコーン」
・チョコナッツ(85グラム) 25バーツ
・クッキーチョコ(88グラム) 25バーツ
※25バーツは約82円(2016/2/07レート)

「セブンティーンアイス」
・チョコミント(70グラム) 20バーツ
・チョコクッキー(62グラム) 20バーツ
※20バーツは約65.6円(2016/2/07レート)

「パナップ」
・グレープ(89グラム) 25バーツ
・ストロベリー(88グラム) 25バーツ
※25バーツは約82円(2016/2/07レート)

タイと日本のグリコアイスの価格比較

それぞれ日本で発売されている価格(想定価格も含みます)を比較してみたところ。

「パリッテ」
日本での販売価格 160円(税抜)~
タイでの販売価格 115円
「ジャイアントコーン」
日本での販売価格 130円(税抜)~
タイでの販売価格 82円
「セブンティーンアイス」
日本での販売価格 120円(税込)~
タイでの販売価格 65.6円
「パナップ」
日本での販売価格 130円(税込)~
タイでの販売価格 82円

タイでの価格設定は、たいだい30~35%引きの価格設定になってます。
グラム数を比較してみようと思いましたが、日本のグリコホームページには内容量しか出てなくて、比較できませんでした。ただ、タイ購入者のレポートをみてみると、タイの方が小さいようです。それを加味すると、2割安くらいなのかな?
バンコクの屋台で食べれるクイッティオがお店にもよりますが、だいたい40バーツ(約132円)。高いのか安いのかのご判断はお任せします。

グリコさんは1970年タイに現地法人「タイグリコ」を立ち上げて、ポッキーやプリッツを現地生産して、今ではお菓子のトップメーカーになっています。私もお土産として、ポッキーのチョコバナナ味やプリッツのトムヤムクン味を買いますしね。そして、今回はアイスクリームに特化した別会社「グリコフローズン(タイランド)株式会社」を立ち上げたことが凄い。

グリコさんはアイスクリームだけでも60年の歴史があり、アイスクリームだけでも26ブランドをもっています。ますます、日本のお菓子メーカーがタイで躍進する、そんな予感がします。

 

個人的にはパピコが好きだったりする。

 


ポチっとクリックお願いします。