タイ古式マッサージにおける男性セラピストのニーズ

タイマッサージで男性セラピストのニーズは?

おは!です。前回の訪タイでANAプラチナステータスを達成してウキウキしてるタイウニです。近いうちに、達成までの記録をブログに残す予定です。

さて本日は、「タイ古式マッサージにおける男性セラピストのニーズ」について。

初めてタイ古式マッサージを受けたのは20年以上前のこと。おばちゃんセラピストにしっかりと施術をしてもらい、タイ古式って素晴らしいと思ったのを覚えてます。

それ以来、タイ古式マッサージにハマり、自らワットポー校へ通い学びほどまでに。一応、資格と言えるかは別として修了証を持ってます。

12

私もタイ古式セラピストを名乗っても良いんです(多分w)。でもね、少し考えてセラピストで食べていくことは諦めました。

いくつか理由はありますが、その中の一つに「私が男性である」ことがありました。タイ古式を仕事にするのには、男性というのは高いハードルがあるなと。

本日は、その高いハードルについて詳しく書こうと思います。これから、タイ古式マッサージセラピストを目指す男性を、応援したいという意味を込めて。

最後に、男性セラピストが成功する為には何をすべきか?を私なりに考えてみました。

タイ古式マッサージの男性セラピスト比率

本場タイで、タイ古式マッサージの男性セラピストを受けたことがある方は、そう多くなないんじゃないでしょうか。

有馬温泉がある日本人御用達のスリウォンマッサージ街には、ほぼ女性セラピストしか在籍してませんし、また、タイ人や中国人にも人気のヘルスランドでも、ほぼ女性セラピストしかいません。

私も、タイでのタイ古式は、90%が女性セラピストでした。男性セラピストが多いのはフットマッサージで、50%位ですかね。

タイでは、このような比率の方が多いんじゃないかと思います。

その中で、タイ古式の男性セラピストに出会いたいなら、少し料金を抑えた街中のお店へ行くと良いかも。高級店にもいると思いますが、私は会ったことがありません。

料金を抑えたお店は、男性か女性のセラピストを選べる場合もありますが、ほとんどは順番に回ってきます。

タイ・バンコクでは、外国人対象のお店は女性セラピスト在籍率が高くなります。日本に比べると、男性がマッサージ店で活躍できる場が少ないとも言えます。

男性セラピストの良い点、悪い点

私が男性セラピストを受けたのは20回程度。その経験を元に、男性セラピストの良い点悪い点をあげてみると。

良い点

・強いマッサージができる
・体が大きいのでストレッチが効く

筋肉がある男性の方が力強い印象があります。全体的に押圧も強く、ギューっと押してくるイメージ。

また、小柄な女性だと出来ないようなストレッチも、しっかり入ります。強いマッサージを求めてる方には良いと思います。

悪い点

・弱いマッサージが苦手
・密着で違和感を感じる

力強いが故に、柔らかいタッチができない印象があります。私が受けた中では、柔らかいタッチができるのは2名だけでした。確率として10%ですね。

また、タイ古式は密着する施術なので、男性の下腹部が背中に当たったりすることがありました。特に新人だとケアしないセラピストが多い。

ちなみに、女性の胸が背中に当たることもありましたが、これも嫌いです。

タイ人男性セラピストの評価

タイ人男性セラピストの良い点は、力強くしてもらえて、めっちゃストレッチが効くマッサージをしてくれるところ。

11

ただし、タイ古式マッサージは「世界一気持ち良いマッサージ」とも言われてるもの。力強いストレッチの効くのは「気持ち良い」とは、少し違うんじゃないかと感じてます。

このブログで何度か書いてますが、私はポイントを捉えた弱圧が好きです。

そのような意味で、タイ人男性セラピストで要望通りのマッサージをしてくれたのが20人中2人。

つまり、90%がハズレ。

ほとんどは、最初に「弱く」と伝えても、中盤から強くなってきて、再び「弱く」と伝えてもスグに強くなるというケースでした。

なぜ?そうなるのかが不思議で、男性セラピストに聞いてみたところ。

ある男性セラピストは、「コリは身体の不調だから出来るだけ取り除きたい」と。

つまり、このセラピストは施術中に「セラピストから治療家」に変わってました。目の前にあるコリをほぐしたくなったようです。

この男性セラピストが全てではないでしょうが、多くの方がこのような思考になりがちじゃないかと。まぁ、中には言われた事を忘れちゃうってのもありましたけどw

どちらにしても、こちらの要望が10%しか叶わずに90%がハズレとなると、そこにお金と時間をかけるのは止めたくなるもの。

そのような理由もあり、私がタイでマッサージを受ける時、しばらくは男性セラピストは断るつもりです。

でもね、日本人男性セラピストの場合は別だと考えてます。

「マッサージ好き」なら分かると思いますが、日本人の技術レベルは高い。世界レベルが力加減を5段階で圧を変えれるとしたら、日本人は10段階にできると思ってます。

あくまでも私の思いですが、タイ古式マッサージを、更に素晴らしものに変えることができるのは、日本人じゃないかと。

男性セラピストの可能性

タイ古式マッサージが「世界一気持ち良い」と言われてるのは、柔らかいリズムとマッサージ後の開放感だと思ってます。

そこを目指すマッサージができれば、男性でも十分にやっていけるんじゃないかと。

あくまでも、私が出会ってきた男性セラピストに限りますが、多くはセラピストから治療家になる方が多かった。

私の考えでは、タイ古式マッサージは治療家ではなくセラピストがやるもの

ですから、男性がタイ古式マッサージを仕事とするのであれば、治療家ではなくセラピストを目指してもらいたい、そう思ってます。

私が考える治療家とセラピストの違いはこちら
⇒「マッサージ師とセラピストの違いって何?

タイ古式マッサージでの開業は、男性セラピストだと厳しい現実があります。開業したとしても、タイ古式マッサージだけで長く続けるのは数少ないです。

タイ古式マッサージで始めたけど、いつの間にか治療院のようなお店に変化し、いつの間にかタイ古式マッサージがおまけのような扱いになってたり。

もう一度書きますが、タイ古式マッサージで男性セラピストが成功するには、「治療家ではなくセラピストになる」。そこに活路があると思います。

男性セラピストだから出来るタイ古式マッサージがあります。厳しい事を書きましたが、私は男性セラピストは応援してます。

もし、いろいろお悩みの方がいらっしゃったら、お声かけ下さい。一緒にタイ古式マッサージを広げて行きましょう!

~thaiuniおっさんのつぶやき~
タイでタイ古式マッサージのハズレは多かったけど、フットマッサージは少なかった。プーケットでは4回受けて全て合格点。しばらくは、タイで受けるのはフットマッサージかアロマオイルのみになりそう。

タイ好きなら、この本は持ってて損はなし。タイの魅力がいっぱい詰まってます。

タイ&マッサージの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページ&twitterにて告知します。
「いいね!」&「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
Facebook
https://www.facebook.com/thaiuni7/
twitter
https://twitter.com/uniuni7


参加中☆ポチっとお願いします。