タイのコンビニ弁当とリオビール

タイの深夜ご飯はタイのコンビニ弁当とリオビール♪

私が勝手に定期シリーズにしている「コンビニ弁当レポート」。タイへ行く度にコンビニに入り、何かしらのお弁当の食レポをするものですが、今回で4回目になります。
タイコンビニのカイチアオ弁当を食べてみた。
タイのコンビニで買ったガパオガイ弁当。意外と美味しかった件
タイと日本のセブンイレブンのカオパット(炒飯)を食べ比べてみた。

今回バンコクに入ったのが夜11時過ぎでした。ゴーゴーバーとが好きだった頃は、この時間から飲みに行ってましたが、最近はホテルでゆっくりしたい派に変わりました。この時間だと繁華街近くじゃないと屋台は空いてないことが多いので、タイでも便利なのがコンビニ。という訳で、初日の夜はコンビニ弁当とリオビールを買って、ホテルでゆっくり過ごしました。

1

続きを読む

スクンビット23で日本っぽく過ごす♪

バンコクのジンギスカン屋とスナックで愉しむ

バンコクへ定期的に行くと、「今日は日本っぽく過ごしたい」という気持ちになる時があります。つまり、タイっぽいのから離れたいという気持ちですね。今年は毎月のようにタイへ行っているので、時々思うことがありました。きっと、現地在住の日本人の方も同じような思いになるんだろうな。

この前のバンコク滞在にて、「今日は日本で過ごそう」という気分になり、向かったのはスクンビットソイ23の「しろくま屋」と「輪」。美味しい料理でお腹を満たし、気さくなママと会話を楽しむ、とても落ち着く気分になれた良い夜でした。同じような気分なる方におすすめしたいので紹介します。

11

続きを読む

タイと日本のリラクゼーション業界の違い

タイと日本のリラクゼーションには大きな違いがある

本日2018年5月29日、タイは仏誕節(ヴィサーカブーチャー)にて禁酒日(酒類販売禁止日)です。夜の繁華街も閉まってるところが多いので、毎日のように飲み続けている方は休肝日にしてみてはいかがでしょうか。ちなみに、次の禁酒日は7月27日の三宝節(アサラハブーチャー)です。

さて、本日は私が感じる「日本とタイのリラクゼーション業界の違い」について書こうかと思います。私が日本でマッサージ店業界と深く関係を持つようになったのが約10年前、そして直接マッサージ店経営に携わったのが6年前のこと。また、個人として、ほぐしやマッサージを受けるの好きで、合計500回以上を受けてきて感じたことになります。

日本とタイのリラクゼーション業界には、それぞれ良い点がありますが、逆にそれは悪い点でもあるとも感じてます。まだまだ未発達である日本のリラクゼーション業界を、良くするヒントになるんじゃないかと思ってます(勝手にね)。いくつかある中で、ここが重要ってのを3つほどピックアップしてみると。

oasis10

続きを読む

上野でタイ料理ランチ in マンゴツリーカフェ上野

上野駅にあるマンゴツーリカフェで2種類のガパオを楽しむ♪

神奈川で生まれ育った私、東京・山手線エリアで良く行くエリアと行かないエリアに分かれます。よく行くエリアは山手線の下半分(品川~池袋)で、あまり行かないエリアは上半分(巣鴨~東京)。このような神奈川県民って多いんじゃないかと、私は勝手に思っているのだけど違うかな?

どちらにしろ、今まで私のブログで紹介するタイ料理店は下半分が多くなってました。でもタイ好きとしては、いろいろ網羅しなきゃっと義務感にも似た思いがあり、今後はできる限り上半分エリアにも足を運ぶようにしようかと。

本日紹介するのは、上野駅直結と好立地にある「マンゴツリーカフェ上野」でのタイ料理ランチ。マンゴツリーカフェは池袋のお店が良かったので「池袋でタイ料理ランチ in マンゴツリーカフェ」、上野の店舗にも行ってみることにしました。2種類のガパオランチが美味しかったランチレポートをどうぞ。

2

続きを読む

タイのスタバ限定商品が凄かった件

スタバのマンゴースティッキーライスクリームを飲んでみた

バンコクにて打合せのアポ前に少し時間があったので、久しぶりにスタバに入って時間を潰すことに。タイにおいてスタバのドリンクは、めっちゃ高いとブログでも紹介しました「タイのスタバは高いのか?ついでにビックマックも比較してみた」。それでも、日本のスタバと同じような雰囲気で過ごせるので安心できるところ。
いつも私がスタバで頼むはカフェラテでしたが、内心では「女子が飲むフラペチーノ(生クリームが乗っている)みたいのが飲んでみたい」と常々思っていました。今回、いつものようにカフェラテを頼もうとしたところ、タイ人店員から新商品を案内されました。それが、常々思い描いてた女子系飲み物(勝手に名付けました)の生クリームが乗っているやつ。これは飲むしかないでしょって初めて飲んでみたら、なんとも衝撃的な物でした。

3

続きを読む