タイ激安旅行9 タイのクラブを探検してみました。

過去に何度かタイでクラブ?ディスコと言われるものに行った事がありました。最初の数度はタイポップアーティストのライブを見るため。普通にクラブに入れば、めっちゃ近くでライブを見ることができました。一番印象に残ったライブはKAT。可愛くてパワフルなライブでした。

それから久しく行かなかったのですが、昨年に現地で会社を運営している人と一緒にカオサンのクラブに行きました。名前はThe club。8.9割が白人で、めっちゃ盛り上がってたのを覚えてます。

今回、友人の目的の一つが「タイでクラブを楽しむ」だったので、場所案内を兼ねて2件ほど行って見ました。

カオサンにある「The club」

カオサンにある「The club」

まずは23:00頃にスクンビットソイ20にあるウィンザーホテル地下にある「scratch dog スクラッチドック」へ行って見ました。入り口で400バーツ払って2ドリンクチケットをもらい、入るときには腕にスタンプ。これは出入り自由だな と確認して、いざ中へ。。。がらーーん。客は一組だけ。めっちゃ広いフロアにはスタッフが10人以上。。。

事前情報で見逃してしまったのですが、ここが盛り上がるのは2時過ぎだとか。多くの飲み屋が2.3時頃に閉まるのだが、ここは朝までやっているので、お店上がりの人が多く来るなんてのを見逃してしまったものだから、スタンプもあるので後で来ようってことになって、一旦、出てから2時過ぎに来て見ようとことになり、前回行った事あるカオサンのThe clubに向かうことに。

スクンビットからカオサンへの移動。。。土地勘ある人なら分かると思いますが、また戻って来ること考えたら移動しません。今回は、彼へのサービスです・笑

カオサンは相変わらずの盛り上がりよう。白人ってガヤガヤ騒ぐ天才かと思います。若い頃は、この騒ぎが楽しかったのですが、もう歳かな・・・うるさくて。そんな騒がしいカオサン通りを2/3くらい歩いたらThe clubが見えてきました。

エントランスは100バーツでビール一本買うだけ。さすが白人の街、安い。

スクラッチドックとは違い、写真にもあるようにめっちゃ盛り上がってます。白人6割、黒人1割、タイ人2.8割、アジア人0.2割って比率ですかね。完全アウェイですわ。

友人はやっと盛り上がったらしく、フロアをウロウロ回って様子を伺っていましたが、しばらくして戻ってきて一言「白人ばかりで適いません」。まぁ、分かりきった答えですが、ここのクラブは白人目当てに来るタイ人がほとんど。アジア人である自分達はタイ語がペラペラでないと白人には対抗できない訳です。ちなみに、クラブ自体は良かったと友人が言ってました。(友人は毎週のように六本木に出没してる)

楽しかったけど、敗北感を味わいながら1時過ぎにTheclubを出て、再度スクラッチドックへ向かうことに。夜だから交渉タクシーばかり・・・ちょっと歩いてから拾いました。

スクラッチドックに着くと、出た時とは雰囲気が一遍。入り口付近には待ち合わせらしき綺麗な女性が数人待っており、日本人らしき若者が入るのに苦労してたり、人がいる雰囲気。

スタンプを見せて入ってみると、溢れんばかりの人。めっちゃ盛り上がってました。

入り口付近に陣取ってみたのですが、次々と人も入ってきて、中にはめっちゃ綺麗は雰囲気の女性も。これは!!と気分も盛り上がってきた友人は、再度フロア探検。。。20分ほどして戻って来た彼が一言「4000バーツって言われちゃいました」

プロやん!

自分は歳なものでゆったりとフロアの雰囲気を眺めるだけで十分でしたが、暗闇なので判断がつきにくいのもありますが、多くのオカマさんを発見しました。それはそれはすらっと背が高くて綺麗な髪をしてました。

4000バーツと言われた彼がやっと諦めたようなので、近くのバービアで反省会。そこで、バービアのおねーちゃんが、スクラッチドックはオカマがたくさんいるから気をつけて。とな。

友人はプロのオカマに声をかけたのだと思われます。ちゃんちゃん。

次の日は日本人好みのお店へ彼を案内しました。
かなり喜んもらえたので良かった。
遊び場は人それぞれですが、それぞれの国による好みってあるんですよね~バンコクにはそれがほとんど揃っているのがすごいところ。

私にとっては短いタイ滞在でしたが、案内すると更に短く感じられる。「あれもこれも・・・」とまだまだ案内しきれないことが沢山。今回の旅行の一部だけ紹介しました。社会人が行く激安旅行(最低限の安全確保)でも十分楽しめました。タイはそれだけ多くの魅力を持った国なんですよね。

二人共、帰りはぐったりしてましたが、またタイに来よう!と思うんですよね。

<<タイ激安旅行8 ワットアルン

海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓


 


タイ旅行 ブログランキングへ

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

タイ激安旅行8 ワットアルン

バンコク三大寺院(自分が勝手にいってます)の最後にワットアルン。

タイで自分が一番好きなお寺です。

DSCF1824

 

対岸からワットアルンを見るのが良いとか聞きますが、自分は寺院内に入って、ゆっくり散策するのが好きです。とても落ち着くんだよな。

ワットプラケオ・ワットポー・ワットアルンはいつもセットで回るので、こちらも4回目。

なので、いつもと同じかな?と思っていたら、今回、初めて塔の上まで登れました。何故か?過去3回は時間帯が悪かったのか、チェーンがかかっていて上には登れませんでした(入場料を払うところも閉まってました)。

ちなみに、お支払いしたのは50バーツ。何となく払わなくてもよさそうでしたが、外国人である自分はケチっては駄目だと思い気持ちよくお支払いをしました。

そして、なんとも急な階段を登ってみることに。

DSCF1826

 

上からの写真では伝わらないかもしれませんが、高いところが好きな自分でも、かなり怖かったです。正直、降りる時は足が竦みました。それと、普段とは違う筋肉も使うようで、その日の夕方は筋肉痛になってました。十分に注意して下さい。

ただし、登ったら景色は最高。

DSCF1827

 

ワットアルン側からチャオプラヤー川を望む景色が好きなんです。

ワットアルンの正式名はワット・アルンチャワラーラーム。ワットアルンの名前の遍歴はワット・マコーク→ワット・マコークノーク→ワット・マコークナイ→ワット・ジェーン・・・ きっと試験にはでません。笑

三つの寺院では一番古いもの。

ワットアルンではゆっくり時間を使うことをお勧めします。ワットプラケオ側とはこんなに温度差があるのか?と思えるくらい、チャオプラヤー川からの涼風があると気持ちよく過ごせます(無いと地獄かも)

それと、寺院内には観光客が何か困った時に頼りになるツーリストポリスもあります。

DSCF1822

 

こちらに頼らないのが良いんですけどね。

ここで寺院めぐりを最後にするのが好きなコース。何となくですが、静かに終われるので。

 

>>>タイ激安旅行9 タイのクラブを探索してみました。
<<<タイ激安旅行7 ワットポー

海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓


シリーズ三冊持ってます。
街中での買い物、食事に威力発揮する一冊。


タイ旅行 ブログランキングへ

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

タイ激安旅行7 ワットポー

「ワットプラケオ」「ワットポー」「ワットアルン」のセットは、旅行会社がバンコク寺院めぐりで観光ツアーとして取り入れているのが多く、回りやすいし見ごたえがあります。

その中でもワットポーはタイ旅行でとてもインパクトがある仏像があります。全長46メートル、高さ15メートルの涅槃仏(ねはんぶつ)。

DSCF1818

 

wikipediaによると、涅槃仏(ねはんぶつ)とは「釈迦が入滅(煩悩の炎が吹き消えた状態)する様子を仏像としてあらわしたもの」とあります。表情などは穏やかで、寝ている様子は心が落ち着くものがあります。

ワットポーのメインはこれ。

寺院は二つの構造に分かれているようで、一つは本道や図書室などを中心とする北側部分と庫裏のある南部分。一般公開されているのが北側の部分のみ。北側部分をゆっくり散策すると中国とタイ文化の融合が見ることができます。

DSCF1819

 

「WELCOME TO WAT PO」って。。。タイ語併記すれば良いのに。

DSCF1821

 

キンキラ金の仏像がたくさん並んでいますが、あまり価値がないそうです(ガイドさん曰く)

ちなみに、ワットポーの「ポー」は菩提(悟りの果としての智慧)の意味。最初の頃は父だと思ってました。。。(苦笑)

入場料は100バーツ。こちらも数年前よりあがっているかな。でもワットプラケオの500バーツより優しい。そして今回、初めて見たのがこの靴袋。

DSCF1816

 

このケースの中に入ってる。

DSCF1817

 

以前はワットポーで靴無くなるって投稿がいくつかありましたからね。靴を盗む人もいるでしょうが、間違える人も多くいるのかと。

これで、安心ですね(笑)

>>タイ激安旅行8 ワットアルン
<<タイ激安旅行6 ワットプラケオ

 
海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓



 
シリーズ三冊持ってます。
初めてのタイ旅行ではこころ強い味方!

ランキング参加中☆
↓↓ポチっとお願いします。

タイ旅行 ブログランキングへ

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

タイ激安旅行6 ワットプラケオ

チャオプラヤーエクスプレスボートでtha changまで行って、そこから徒歩で3.4分程度でワットプラケオに着きます。行く途中の屋台はタイらしさがあって、とても好きな雰囲気。

白い壁に囲われたワットプラケオの入り口は多くの人が出入りしています。まぁ ここでいろいろスリとかがカモを探しているんだろうと思います。

門を潜ると左手に見えてくるのがワットプラケオ。

IMG_0028

 

カメラポイントでしっかり撮影してきました。見えている壁の向こうに入ります。

が、その前に入場券を購入しないと駄目。

なんと!!外国人は500バーツ!(2013/5/29現在) 高いぃぃぃ・・・

IMG_0029

 

事前情報で値上がったのは知ってました。でも、500看板があまりにも露骨に付け加えられている。。。自分は中に入りませんでした。だって、3回も入っているのでイイかなと思って。友人は初タイだったのでチケット買って入っていきましたけど。

友人を待つのに時間があるので、入り口付近で様子を伺ってみました。と言うのも、ガイドブックや来る途中の現地案内スタッフが必ず伝えてくれる服装チェックがどんなものか見たくて、30分程度ですが入り口チェックしてみました。

IMG_0033

 

見てて、最初に服装チェックで入れなかったのが欧米人(国は分からなかった)。キャミソールっぽい上着にスカーフを巻いてましたが、アウトでした。続いて、短パンで入ろうとした中国人。それゃ駄目だろう・・・ちゃんと事前調査しろ!と。続いて日本人・・・膝くらいのスカートでアウト。30分で4人ほど服装チェックで戻されてました。

服装に関しては、ワットプラケオ入り口付近でアウトになりそうな人に服を貸す人が声かけているのですが、それもスルーして入ってくるって。。。聞いたところ20バーツで借りれるみたい(上下のどちらか一つ)

タイ観光では必ずチェックしたほうが良いワットプラケオ。最大の注意点としては、やはり服装。そして暑さ対策。バンコク市内だとクーラーの効いた建物に逃げ込めますが、この付近に来ると逃げ場所がありません。

30分後の待ち合わせ場所を入り口付近にしたら、ちょっと面白い光景が。

DSCF1815

 

ワットプラケオの各入口には兵士が立っているのですが、メイン入り口は詰め所になっているのかな?多くの兵士が待機しています。兵士なのでまっすぐ立っているのですが、彼とのツーショットを取る観光客が多くいました。中には真横に立とうとする人も。その人は偉そうな人におろされてました。

兵士とツーショットも良い思いでになるかも。

記事戻り⇒タイ激安旅行5 チャオプラヤーエクスプレスボート
記事進み⇒タイ激安旅行7 ワットポー

 

海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓



シリーズ三冊持ってます。
このあたりの観光地では英語が通じます。

ランキング参加中☆
↓↓ポチっとお願いします。

タイ旅行 ブログランキングへ

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

タイ激安旅行5 チャオプラヤー・エクスプレス・ボート

今回は激安旅行としてバンコクへ行きましたが、最低限の安全は確保した上での激安です。 学生の頃にバックパッカーをしていたので、安いホテルや食事、安い移動手段を利用してましたが、安いには安いなりの理由がありますから危険を伴うこともありました。今回は案内をしなければならないので、最低限の安全確保をしております。なので、激安じゃない とかの突っ込みは他でお願いします。
さて、今日はできるだけ安く効率的にバンコクの観光地も回ることも旅行を楽しむ一つ。バンコクらしい景色を楽しめるコースとしてチャオプラヤー・エクスプレス・ボートを利用してみました。このコースは「ワットプラケオ」「ワットポー」「ワットアルン」を見る時に良いと思います。 まずはBTSでサパーン・タークシン駅まで行きます。サイアムスクエアから来たのなら進行方向出口を出て左側に降りて川方面へまっすぐ歩くと「サートーン船着場」に着きます。
DSCF1802   続きを読む

タイ激安旅行4 やっぱり凄いスワンナプーム空港

タイの入り口であるスワンナプーム空港。

自分がタイに行き始めはドンムアン空港でした。ちょっと田舎くさい、というか古いイメージがある空港でした。当時は、その雰囲気がタイに来た!!と思えて、大好きな空港でした。ただ、タイは東南アジアへの乗り継ぎ中継としてはとても便利であり、各航空会社の利用も増え手狭になりスワンナプーム空港が2006年9月28日に開港しました。

今回スワンナプームに着いたのが1:55。中国東方航空を利用するまでは、一番遅い到着が0:00頃であったユナイテッドでした。さすがにこの時間だと旅行会社での待ちの人はほぼいません。

いつもならココに旅行会社の看板持った人がたくさんいるのに。

いつもならココに旅行会社の看板持った人がたくさんいるのに。

ちなみに、出口付近にい白いシャツを着た人が、自分達の出迎えの旅行代理店の人。

何組かをピックアップしてバンコク市内までミニバンで送ってくれるのだが、他の組がなかなか来なかったので、ぶらっと回ってみた。

DSCF1793

 

普通に行けるのはB1から4Fまで。ただ、この時間帯は3Fから2Fにはエレベーターでしか降りれなくて、1Fから2Fに上がるエスカレーターではチェックが必ず入ります。自分もぶらぶら1Fまで行ったら、エスカレーターで2Fに戻る時に航空券チェックをされました。

ちなみにスワンナプーム空港は7Fまでいけるよう。(まだ行ったことありません)

7F 展望ロビー
6F レストラン
5F オフィス
4F チェックインカウンター(出発ロビー)
3F 航空会社ロビー
2F 入国審査(到着ロビー)
1F バス・タクシー乗り場
BF エアポート・レール・リンク鉄道駅

深夜ということもあり発着が少ない時間とは言え、続々と到着便があります。

DSCF1787

 

1時間に2~3便が到着しています。

少し前にスワンナプームがパンク寸前とありました。現在の滑走路は2本で、一時に最大76便の飛行機が離陸できるようですが、早急に4本に増設する必要があるようです。ただ、イミグレーションも早くできるようにしてもらいたい。

ちなみに、迎えに来たタイ人は疲れきってました(そりゃそうだわな)。24時間眠らない空港スワンナプーム。

>>タイ激安旅行5 チャオプラヤーエクスプレスボート
<<タイ激安旅行3 せっかくだから上海上陸

シリーズ三冊持ってますが、
タイ旅行では、これ一冊でかなり楽になりますよ~

ランキング参加中☆
↓↓ポチっとお願いします。

タイ旅行 ブログランキングへ

タイ激安旅行3 せっかくだから上海上陸

前回のブログで行きのトランジットが5時間あったので上海に立ち寄ったことを軽く書きました。よーく考えると、二度と上海に行くことがないかもしれないので、上海レポートも書いておきます。

上海上陸した人は分かると思いますが、上海空港に降りてから短期滞在専用のところに向かわないといけません。もちろん、トランジットのところにいってからだと駄目だし、通常の入国審査のところでもありません。入国審査のところにいくと、強面の人が案内してくれます。どうしても中国語はきつく感じてしまう。。

短期出国手続きが終わったら、迷わずリニア方面へ歩いて行きましょう。第一ターミナルから5分程度。リニアで往復80元のチケットを購入します。ここではカードも使えます。ただ、この後の地下鉄では販売窓口がスグに見つからなかったので現金払いでした(きっとあるのだろうけど)ので、あらかじめ元の用意はしておいた方が良いと思います。自分は日本で5000円ほど両替して行きました。

そしてリニアに乗車。

DSCF1760

 

300キロ出ているとも思えないほどの快適空間。

10分ほどで到着して地下鉄へ。ここは日本人でよかったと思う。読めないものも多いが、漢字で把握できる部分がかなりありますから。でも購入の仕方が分からなかったので、近くの掃除のおばちゃんに聞いてみたら、親切に教えてくれました。やさしいじゃん!中国人。

DSCF1762

 

地下鉄は17時過ぎってもあるのか混雑してました。帰宅ラッシュですかね。

いくつかの国で電車を乗りましたが、日本人のように人が出るために一旦降車したり、降車する人が終わってから乗車したりなんてマナーは中国にもありませんでした。日本人って偉いな。

そして15分ほど乗ったでしょうか、Lujiazui Sという駅で降りました。ガイドなども全くなかったので、何となく人の流れについていったら目的地近くに出ました。

DSCF1765

 

Oriental Pearl Towerが大きく立ってました。まずは近づこうと歩いていくと、人が多く入っていく百貨店ぽい建物も。

DSCF1767

 

ここまできたら川を見たいと思い、黄浦江を目指して歩くことに。タワーに上るのはあきらめました。初めての土地だし、上ったよ良いが降りれなかったら大変ですから。途中で公園発見。これは川まで通じているようだったので、突っ切ることに。

DSCF1772

 

2.3分歩いたら黄浦江に着きました。恋人達も多くいましたが、それよりも家族連れが多いイメージ。さすが、中国。

DSCF1773

 

ここに来るまでに、スターバックスがあったり、お洒落なレストランがあったり、超小型マックがあったり、すごく発展している上海を実感できました。

できたら近くで食事をしたかったのですが、タイムリミット3時間ってのがありましたので、ここで空港方面に向かうことにしました。リニアの乗り継ぎ駅について時間に余裕があったので、中華料理のファーストフードらしきお店で食事を取ることに。

DSCF1780

 

ご飯、おかず一品、飲み物、茶碗蒸しらしき物の一人前300円位。安い。

でも、味は普通。いや不味いかも。ちょっと急いで食べて空港に戻りました。

最後に空港で大間違い。上海空港には第一ターミナルと第二ターミナルがあり、出てきたのは第一だったのに第二に行ってしまいイミグレで教えてもらい、急遽第一に戻ることに。時間に余裕を持ってよかったです。

次回があったら、いろいろ楽しめるだろうけど。。。このエアは二度と選択しないので、上海レポートの続きはないと思います。かなりロスが多かったので、しっかり計画すればもっと楽しめると思います。トランジットも有意義に使えるな。

>>タイ激安旅行4 やっぱり凄いスワンナプーム国際空港
<<タイ激安旅行2 中国東方航空でタイへ

海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓



シリーズ三冊持ってます。
バンコクで、かなり使える一冊になりますよ~

ランキング参加中☆
↓↓ポチっとお願いします。

タイ旅行 ブログランキングへ

タイ激安旅行2 中国東方航空でタイへ

今までタイへ40回以上行っていますが、飛行機以外はありません。

鉄道で入るっても一度はしてみたいのですが、なかなか時間をとることができないのと、その時間があるなら、一分でもタイにいたほうが良いと思ってしまう。こんなタイ好きは多いと思います。

さて、昨日の続きで激安タイ旅行のレポートして中国東方航空について。

今回のスケジュールは

15:30成田ー16:15上海
24:40上海ー0:55バンコク
1:20バンコクー6:30上海
9:10上海ー12:50成田

上海トランジットが行きが5時間、帰りが3時間!

行きだとアメリカに軽く行けちゃう時間です。一番安いツアーだから仕方ないんですけどね(苦笑)。 実際に飛行機に乗り込んでみると。

DSCF1755  

狭い。。。3列×3列の席だが、通路もめっちゃ狭っ。

DSCF1754  

もちろん、中国ばかり。
成田までスカイライナーで行ったギャップがあるから仕方ないかもしれないが、とても圧迫感を感じた席でした。

DSCF1756  

機内食は出ました。。。が、不味い。

美味しい、不味いは個人の味覚によって違いますが、少なくとも自分には不味かった。はじめて半分以上残しました。今まで機内食はユナイテッドが最下位でしたが、中国東方航空が最下位に躍り出た感じです。ただ、ビールが飲めたのが嬉しかった。青島ビールが飲めました。

あと、これが上海まで。この後のバンコクまでの食事は・・・変なお菓子のセットみたいなもの。漬物とお菓子とパンが夜食のように出されたが、これも全て食べれない。 だって、菓子パンと漬物って合うと思います!? あと、、、中国人がうるさい!!!なんで団体で行動して、団体だけのことしか考えないのだろうか?10人前後のグループが各所にいるのだが、大声で話し合ったり、席を入れ替えたり、食べ物を渡したり。今回、実感したのですが台湾人と中国人は全く違う。エアチャイナチャイナエアラインはこんなことなかったですもん。

ここまでだと、全てが悪いことになってしまうので、良い点を書くと。
行きのトランジット5時間で上海にミニ旅行ができること。 リニアが上海空港から街中まで走っていて、時速300キロオーバーで飛ばすのであっという間に市内近くまでいけます。

DSCF1761  

ただ、上海街中に入ったのが帰宅ラッシュ時間帯だったようで、地下鉄はめっちゃ混みました。そして臭い。

さすがに市内でゆっくり食事は厳しかったけど、タワーと川をゆっくり見ることができました。これが、成田だと厳しいもんね。あんなに東京から離れていたら、ちょい観光もできませんから。 帰りのトランジットは苦痛でした。

申し訳ないですが、このスケジュール選択は今回で最後になると思います。ただ、いろんな国を回りたい人には良いと思います。こんな激安料金で上海まで見れちゃうんですから。タイ好きには必要ないですけどね・苦笑  

<<タイ激安旅行1
>>タイ激安旅行3  

海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓

シリーズ三冊持ってますが、 タイ旅行では、これ一冊でかなり楽になりますよ~

ランキング参加中☆ ↓↓ポチっとお願いします。
タイ旅行 ブログランキングへ