バンコクでフットマッサージ in キングスボディ

前回の弾丸バンコク3泊5日旅行で、タイ古式マッサージとタイ式フットマッサージを3回受けて来ました。本来の予定では滞在全日で受ける予定でしたが、フライト遅れのスクートによって到着日に時間がなく受けれなかったので、残りの3日を違うお店でマッサージを受けました。
今回も同行したツレは新宿の有名店で働く人気施術者なので、彼の意見も参考としてお伝えしたいと思います。ちなみに、私と彼の評価はほぼ同じでした。
まず本日は、多くの人が行ったことあるスリウォンのマッサージ街にある「キングスボディハウス」でフットマッサージとネイルケアの体験をお伝えします。

DSCF4473
続きを読む

実体験:売り上げ落ちたマッサージ店のその後、そして対策

 以前のブログ「マッサージ店の売上が落ちる理由は共通している」にて、実体験に基づいた売上が落ちる理由をいくつかあげましたが、今日はその後、三ヶ月でどうなったか書きたいと思います。

結論から申しますと、全体売上は昨年度5%UP、設備固定費は30%UP、人件費DOWN、ベット単価売上-20%DOWNになってます。
Fotolia_8781421_Subscription_XXL_resized
残念ながら、私の予想が的中してしまいました。
大きな変化としては、皆から信用されていたベテランマッサージ師と心のオアシスであった幹部スタッフが退職をしました。また、昨年の夏に多く入れた新しいマッサージ師は全て退職をし、マッサージ師の人数は一年前と変わらず、ベット数だけ増えた結果となりました。
逆に良い点としては、今までは影に隠れていて動かなかったスタッフが、少しだけですがお店の運営を考えるようになったことでした。

そして、お店の顧客動向がどうなったかと言うと、既存客新規客共にリピート率の低下になりました。

この店舗は、これから売上が落ちる1.2.3月と乗り越える為に必死にならないといけません。今のままなら縮小営業を余儀なくされます。
それを避ける為には、現状分析をして対策を練らないといけません。理由を考えての対策こそが、売上ダウンを止めることができ、売上を上げることつながります。

私なりに、こちらの店舗の売上が落ちた理由とその対策を考えてみました。

1.細かな接客ができていない
今まで普通にやっていたことができなくなっています。例えば、受付周りの掃除や片付けなど。新規のお客様はお店に入った一歩目のイメージがとても大切になります。ファーストインプレッションで決まってしまうと言っても過言ではありません。
私がお手伝いしてた店舗の内装は、7.8年経ちますので少し古くはなっていますが雰囲気的には良いと思います。しかし、ここ数ヶ月に関しては、受付周りの匂いや戸棚の開け閉め、靴の置き方などの細かい配慮がかけています。また、スタッフによってお客様への声かけもまばらになっています。個々の能力に頼りすぎてしまい、お客様のかゆいところに届かなくなっています。
対策としては、お客様としての視点を忘れずに、複数人でチェックし合うことすべきだと思います。

2.スタッフ中心の考えになっている
マッサージ師が入りたい部屋やマッサージ師がやりやすいお客さんを優先的に考えて、お客様本位で考えられていない。マッサージ師さんを大切に思うことは大切なことですが、何よりも一番に考えなくてはならないのはお客様の満足度です。そこに自分のことを優先に考えるマッサージ師はアマチュアだと思います。
ただ、そのようなマッサージ師が多いのも事実です。そこにはお店としてどこを目指すかを明確にしなければならないかと思います。そして、これからプロとして育てる環境を作っていくことも必要です。
対策としては、意識の低いマッサージ師には個別面談をしてじっくり話す必要があります。それでもわかってもらえない時は、辞めてもらうことも考える必要があります。

3.感謝の心がなくなっている
衣食住と違い、マッサージは最優先にお金を使うものではありません。そこに、他店ではなく当店を選び、お金と時間を割いて来て頂いたお客様には最大の感謝をすべきです。その仕事をもらえたからこそ、マッサージ師さんは衣食住ができるのですから。
マッサージ師さんの中には「先生」と呼ばれてしまい、初心を忘れてしまっている方がいます。仕事をもらえることに感謝をし、真摯に取り組む姿勢が必要です。
対策としては、お店の意思を伝える時間をつくる必要があります。朝礼でも夕礼でも月会でも構いませんが、定期的に伝える場をつくるべきです。

売上の良い店舗から学ぶことは多いですが、それ以上に売り上げが落ちた店舗の方が多くを学べると思います。
これらを導入するかしないかはトップの考え方次第になります。ただし、この業界はトップが忙しくて(マッサージ師を兼任したり)受け入れ態勢になれないことが多いと、全体像が見れなくなってしまい、全てが後手後手になっている店舗が多いです。トップは全体像を見れる余裕を持つ必要があります。
この提案をトップにしました。あとはトップがどのように判断するか?三ヶ月後に結果がでます。

前回も書きましたが、マッサージ業界は接客業です。もう一度、立ち位置をフラットにしてお客様に向き合うことが重要になります。答えはお客様にありますから。

資格を取ろう!
↓  ↓  ↓


サービス業の基本を学べます


ポチっとクリックお願いします。

コリとる298を受けてみた。

毎日パソコンに向かっていると、首や肩のコリがひどくなります。姿勢も悪いので、長時間の同じ体制は血流を悪くするのでしょう。自分でも固まっているのがわかります。そんな時は、コンサルで入っているマッサージ屋さんのベテラン施術者さんに5から10分程度やってもらって楽にしてもらいます。ほんと、上手なマッサージって長時間とか関係なく一瞬で軽くしてくれます。ただ、その持続力は短時間なら短時間で終わるケースが多いですが。

C002948718_262-349
一昨日もパソコン作業を長く続けていて、午後の3時頃に首が限界に。そこに、ふとホットペッパーから「まもなくポイントがなくなります」なんてメールが届きました。そうしたらポイントを使ってマッサージしようと思い、探し当てたのがコリとる298という激安マッサージ店。17時まで激安の上の激安だったので、ネット予約をスグにしました。
なんと!90分4400円(税込)と激安価格!!
そこにポイント-1000円を使ったので、90分3400円と4000円以下で予約が取れました。なので、久しぶりに激安マッサージを体験することに。

17時少し前にお店に到着。入ったら奥からスタッフらしき人が出てきて、ホットペッパーで予約した旨を伝えました。簡単なカウンセリングシートと会員証に名前を記入するよう説明を受けました。どうやら、単なる会員登録用らしくカウンセリング部分は少なく、来店きっかけや住所などの記入欄が目立ってました。それと、会員証には直筆で名前を書くシステム。私がコンサルしているお店は、お客様には記入させないので何となく新鮮でした。

そして、施術スタート。今回担当してくれたのは男性施術者さん。首と肩をお願いしますと伝え、うつ伏せでスタート。私、実はうつ伏せ施術が苦手。ただ、最初だから流れのままに受けることにしてみると、辛いと伝えた背中・肩あたりからはじめてくれました。強さ確認もしっかりしてくれて、まあまあツボに入っているので及第点の背中、首施術。希望を言えば、違う首ツボも攻めてほしかったくらいかな。それぞれお店のスタイルがあるので仕方ないですけどね。うつ伏せ状態が60分近く終わったところで仰向けに。私には60分がギリギリ耐えれるリミットなので、丁度良かったです。

仰向けになって脚へマッサージ。太ももは思ったより痛かった。あまり力をいれてないと思うのですが、どうやら詰まってたようで、押したあとは気持ちよさが足全体に。そして、頭へ。
私の好きな施術は仰向けの首ですが、、、無かったのが残念。これもお店のスタイルですから仕方ありません。頭も思ったより痛かったので、凝っていたんだと自覚できました。脚同様にマッサージの後はスッキリしました。そのまま肩に行くのかな?と思ったら時間終了。

うーん。ここで終わるの?と受けている私としては中途半端に終わった感じ。最後に一番辛かったら首へいってほしかったのに。ピピとタイマーがなったと同時に終わってしまいました。残念。
それと、あえて今後のお店のために伝えさせてもらうと、今回の施術者は爪がのびてました。あたらないように指圧の時は指の腹を極力使ってましたが、時々爪が当たっているのが分かりました。これって施術者としてありえないことなので、スタッフ同士でチェックしたほうが良いと思います。

私が受けてる時に飛び込みできたお客様を断ったりしてましたので、お店にお客様は来ているようですね。一昨日の夕方も施術者は三人だったようで、三人目以降は断ってました。ツボの捉えは良かったのに、細かい部分が残念でした。施術内容自体は嫌いでないので、今回受けた方以外でもう一度受けてみたいですね。激安マッサージの生き残りはこれから始まるはずです。がんばってほしいと思います。

これ置いてあると治してくれそうに思えます。

リピート率の高いマッサージとは

最近、お気に入りのドラマがホテルコンシェルジュ。主人公天野塔子役の西村まりやさんがはまり役だと思いつつ、同じコンシェルジュ役三浦翔平さんの立ち回りが、ホテルサービスだなぁと関心してます。ロケ地として使われているホテル日航東京には泊まったことがあり、素晴らしいサービスで大満足でした。10年前から、ホテルへリピートさせるシステムをしっかりしていましたが、私としては残念なことに10月1日よりヒルトンお台場東京として再スタートするそうですね。ちなみに、ドラマの中で西村まりやさんと三浦翔平さんがスッキリ背が高いと思ったので身長を調べてみたところ。西村さんが170センチ、三浦さんが181センチでした。なんとも羨ましい美男美女です・笑 
0019-890x445
 さて話は本題に戻し、マッサージ店のコンサルをしていると必ず課題となるがリピート率。お店のサービス内容や価格によってリピート率は変わってくるが、最近は個人までリピート率データをだすお店が多くなってきてます。私がコンサルするお店のほとんどには個人までリピート率を出すようお願いしていますが、そのデータの見方を間違っている経営者も多くいて困ることが多々あります。そして、一番やっかいなのはそのデータの使い方を知らない経営者。そんな経営者の下で働くマッサージ師の多くは、やる気を失ったり、新人であれば育ちもしない。回ってきたお客様を揉み、リピート率が悪いことには目をつぶる。ただ、報酬のみで働くマシーンのようになっているケースが多い。そのようなお店が成長するわけでもなく、店舗展開をするのにも苦労する。経営側も施術側も何となく打算で仕事をするようになっているお店が多くあります。
 でも、お店だけが悪いと私は考えません。マッサージ師の何人にか一人は、自ら数字の目標を立てながら真剣にお客様と向き合う人もいますが、ほとんどの施術者は何らかの理由をつけては、お客様と真剣に向き合ってない事が多いです。私が店舗管理をしている時に受けたクレームで、施術中に寝ていたのでは?とか、お願いしたところを揉んでくれない。とかは、プロとしてお金をもらう以前に学校に通い直してもらいたいレベルで論外です。この真剣に向き合うとは、問診ができて要望に合わせた施術ができるレベルで、更に真剣に向き合うことです。
 多くの施術者は「問診ができて要望に合わせて施術する」ここで終わっています。そして、施術者から「今回は良い反応だった」「今回は反応が悪かった」など聞く事が多いのですが、なぜ?このような反応だったのかを追求することが少ないような気がします。そして表面だけで結論つけているケースが多いのではないでしょうか?

反応が良かったのはどうしてなのか?
次回も同じようなことを望まれてるのか?
反応が悪かったのはどうしてなのか?
次回はどのような施術が希望なのか?
何をしたら喜ばれるのだろうか?
苦手な部分はどこだろうか?
更にリラックスする為には何をしたら良いだろうか?
どのタイミングで寝たいだろうか?
どのタイミングで話したいだろうか?

マッサージ、整体、ほぐし、カイロは全てサービス業です。
お客様が「また、このお店に来たい」と思うように、どのようなサービスができるだろうか?これを常に考えないと顧客満足度は上がりません。今一度、お客様の本心を探る努力をすべきと思います。
お客様の要望を叶えることによって料金をもらう。お客様は人つまり生き物なので、要望が変わることは当たり前。その要望を叶えるためにヒアリングをし、分析をし、サービスを学ぶ。
「当たり前のことを当たり前にする」業界に浸透していったら、良いお店が増えると思うんだけどな。

サービスの真髄を学べます

バンコクでおすすめタイ古式「Health Land ヘルスランド」

タイ古式マッサージ通だと自負している自分。訪タイ30回以上で7割以上の日数はタイ古式を受けてきました。お気に入りのお店を見つけては毎日通い、あれやこれやと分析をするのが好きで、お店ごとに違う手技を楽しんでいます。タイ訪問20回目位までは、ほぼ毎日タイ古式を受けるのでリーズナブルなお店が中心。2時間199B~350Bが中心でした(10年前)。最近は少し趣向を変えて高級店というのを織り交ぜながら、日々タイ古式を受けています。2015年だと2時間500B前後が相場かなと感じてます(外国人)。スリウォンの有馬温泉は500Bでした、同じくキングスは480Bだったかな。少しずつ上がっています。
そんな中で、設備などでひとつ頭出ているのが「Health Land ヘルスランド」かと。ここ数回は必ず受けにいってます。
SE-Jtg4_xGpf-E0a4xKByWR8LqDVAsg1uERPia02YKM

タイ古式好きなら知っている方も多いと思うます。。。タイ古式好きを自負していながら、こちらに通うようになったのは、つい最近。。

今までは「リーズナブルに上手なタイ古式を受ける」の考えでしたが、どうせなら気持ちよく受けたい。こちらに方向転換したのがここ数年。マッサージ内容はもちろんですが、受ける空間や設備、全体の雰囲気などをトータルして良いお店を探しては受けてます。ここを知るきっかけは、タイ語学校の先生に教えてもらいました。歯科医師である先生も時々受けにくるところみたいで、複数店舗をしているから安心して受けれて、先生は彼氏とも時々一緒にいくらしい。くらいの情報でした。

実際に行ってみると。。。素晴らしい設備!アソークの駅から歩いて行ける範囲ですが、まるでゴルフ場のロビーを思わせるような入口(車で来店するイメージだと思う)。当然、私は歩いて行ったのですが、泊まっている車はベンツ、BMWなど。。入っていいのか?と思うような門構えで少し圧倒されましたが、ここは迷わず中へ。ホテルのようなフロントがあり、近くに案内係りおり予約確認をされました。予約してない旨を伝えるとコース確認をされたので、おすすめな何か?を聞きたところ、1900~3900Bののセットコースを勧められ、何を受けようか全く考えてなかった自分は悩んで末に2500Bのアロマ&ハーバルボールを選択。少し勇気が要りましたね。だって、いつもはタイ古式500Bなのに5倍のコースは。。後で分かったのですが、こちらのタイ古式は2時間500Bで受けれるとのことでした。ちなみに前回はタイ古式をうけましたけど・笑

でも、2500Bだけのことはありました。案内されたのは完全個室のシャワー付き。細かい小物も揃っており、間接照明でアロマの香り漂う落ち着いた空間。贅沢できると思わせてくれました。アロマは何回か受けたことありましたが、ハーバルボールは初体験でした。温かい圧が背中や足に伝わり、身体が温められ血行が良くなっているのがわかる施術でした。帰りには使用済みのハーブボールも持って帰れるみたいでしたが、私は荷物になるだろうと思い遠慮しておきました。トータルとしてはかなり満足できました。

タイ古式やアロマハーブボールを受けたい方はおすすめです!タイを好きになてもらえると思います。特に女性には!

 


ポチっとクリックお願いします。

頭専門?表参道人気店「悟空の気持ち」行ってきました。

ここ二年、本格的に店舗運営を勉強したくて新宿にある人気店で代表なるものをやってました。お店の運営全般を任されて、面接から採用、人事考課、昇給や評価基準、備品管理や雑務。もちろん専門である集客やリピーター作りまで。おかげさまで関わった二年間は右肩上がりで売上を伸ばすことができ、一マッサージ店では聞いたこともないような売上を達成することができました。これはやり方によっては儲かる!実証できました。これは、多くの施術者さんへのサポートになると思いますので、少しずつですがブログで紹介していきたいと思います。
そのお手伝いをしてるお店の人気施術者さんに「最近、気になっているお店あります?」と質問して出てきたお店が「悟空の気持ち」でした。その方の情報ですと、予約がなかなか取れない とのこと。また、必ず落ちる(寝てしまう)らしいとも。こんな情報を聞いたら行くしかないですよね。ということで、平日の12時で電話してみました。
とても感じのよい女性が電話に出て、何時ころご希望ですか?と聞かれたので「15時にお願いします」と、少し待ってOKがでました。意外とすんなり。ラッキー♪ちなみに、ホットペッパーのプランとか無いかと確認したところ、現在はキャンペーンを行ってないとの回答。順調なお店の証ですね。

少し早めに表参道に着きました。Googleマップを頼りに探してみると、表参道交差点スグのビル。
20150514_144632

 

20分ほど周りをブラブラ。改めて思うのが、表参道って歩きやすい!人混みというのがないんですよね。歩いている人たちも大人と言うか、表参道の良さを再認識。

さて、時間になりましたのでエレベーターに乗ってお店へ。エレベーターが開いたらすぐに受付カウンターのようなものが、ただ、人がいない。。。職業柄、大声を出すことをためらっていると(このようなケースは施術者全員が施術に入っているケースが多々)、違った方向のドアが開いて、感じのよい方が笑顔で迎えてくれました。このファーストインプレッションって大切ですよね。そのままソファーに案内され、システムを紹介してもらいました。ここでもひと工夫されているのが人気店。お店のコンセプトや料金プラン、商品案内などのブックが揃っている。「次に来たらこれにしよう」と次回へ繋げる一アイテムなんですよね。意外とこれがないところが多い。20150514_145842

さほど時間がかからず、施術スペースへ案内される。洞窟のような廊下。なんかワクワクしてきます。床に置かれているライトは・・・どこかで見たことありますが、製作者が一生懸命探してきた気持ちが素晴らしい!フルオーダーしなくても良い雰囲気は作れるんですよね。安い予算で良いものをつくる、お店作りの基本です。
案内されたのが、左手奥のスペース。スペースにはリクライニングチェアーがどかんと。そこに腰掛けて、まずは足湯(オプション)を受ける。程よい暖かさのお湯で足を洗ってもらうのって気持ちよく心が落ち着くんですよね。それからチェアーに深く腰掛けて、60分施術スタート。こちらの施術は基本は頭、首、肩、デコルテのみ。面接も行っている私としては、技術チェックをしてしまいます。頭から首への圧が絶妙で気持ち良い、肩へ移行するタイミングもよく、デコルテは腕先まで響いて気持ち良い。そして頭に戻る。。。ここで???
さっきと同じ内容。。これは時間によってリピートする施術なんだ。少し期待をしていたので、残念半分、納得半分。というのも、仰向け首肩のみで60をどのように配分するか?とても興味がありましたもので(面接者目線)。でも、二週目の施術でも気持ちよさは変わらず、これは内容が充実している証拠かと。そして三週目。実はここで落ちました(寝ました)、わたし。
噂とおりに落ちてしまった自分、面接官不合格です・苦笑。ちなみに、90分仰向けで飽きさせない施術をやってくれる方を知っています。ただ、その方はストイックすぎるので、学ぶのは大変かと。

施術が終わり、ティータイム。別のお部屋に案内される。

20150514_162154

全面ガラス張り!表参道が一望できて、お化粧直しもできる!
この一連の流れ、恐れいりました。女性ならではの視点かと思いました。ここまで考える男は少ないかと。

私が受けた施術者さんは京都(本店)にもいたことがあるらしく、お店によって内装は違うと言ってました。表参道店も最初は苦戦したようですが、今では予約を撮るのが難しいくらいに。
お店にはそれぞれ岐路があります。そこを上手くクリアすると繁盛店への道が開ける。悟空の気持ちさんも、これからますます繁盛店として業界を盛り上げていって欲しい。そう心から思いました。良いお店をありがとうございます。

地域ごとに攻め方は違いますね。私は姫路生活1年で多くを学ばせてもらいました。